(霜月弐日) 赤ゴジラ  スポーツ

やっぱり、クリスマスという世間の流れにはついて行けないので??、従来のフォームに差し戻しです。

松井秀喜の移籍先がエンゼルスに決まった。年俸はヤンキース時代の約半分でなおかつ一年契約と、今年ワールドシリーズのMVPとなった選手の割には待遇が低いのじゃないか、というのがほとんどの人の見方ではないか。

やはり現在のMLBは投手優先のチーム作りが主体であり、膝に爆弾を抱える松井は厳しい選択を余儀なくされた。ヤンキースも松井の外堀を埋めるような補強を進めていたので、やっぱりという気もしないわけではない。

まあ、ロスという暖かい地だけに松井にはラッキーだし、それを見越してカリフォルニアでミニキャップをしていたのだろう。しかし、イチローもそうだけど来春まで時間があるのに、もう体作りをしている。やっぱり長期ロードもあるMLBで一年間出場となると体のケアが一番と言うことか。そして暇な時間にCM取りをして女に気をつければOKということかな。

でも読売、NYと見慣れた松井のユニフォームが赤になるとはね。思わずカープか?などという妄想を抱いてしまった、ははは。え?カープにもゴジラがいたなあ。おい、嶋君、来年は大丈夫?

あ、東京ヤクルトの五十嵐もメッツに決まりそうだ。彼は結構いいリリーフ投手で成功するのではないか、岡島のように。怪我を克服してMLBに挑戦するその姿勢がいいよなあ。そういえば、読売の高橋はMLB挑戦とか言ってたけど、どうなった?噂では最後の清原派で追い出されたとも聞く。さわやかイメージの原にあの清原は合わないしね。
0

(霜月壱日 朔) 親子上場禁止  金融

民主党が企業の「親子上場禁止」を制度化する方向で具体的に動き出したようだ。民主党「公開会社法検討チーム」事務局長の大久保勉参議院議員が、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで明らかにし、年内に法務省、金融庁に対して検討を要請するという。実現すれば、親会社は上場子会社の株式をすべて買い取るか保有比率を3分の1以下に引き下げる必要があり、親会社の資金負担や市場にとっての売り圧力になる可能性がある。

モルガンスタンレー出身の大久保議員は、「子会社から材料などを安く納入させて親会社が得をする利益相反を起こす可能がある」等と指摘し、法制化によって個人投資家や外国人投資家など少数株主の利益を守り、上場会社とし公正な立場を確保する狙いだとしている(外国人投資家も少数株主かな?)。法制化を目指して政策集に盛り込んだのは「公開会社法(仮称)」である。子会社の関係を維持したい親会社はTOB資金などが必要になり、手放す場合は市場の売り圧力となる。

最近は日立のように多くの上場子会社をTOBする企業も出てきたが、子会社や孫会社を上場しているのは東証だけでも約400社あり、実に全銘柄の13.5%を占めている。大久保議員が指摘するまでもなく、親子上場には弊害が多いし、海外ではその弊害から認められないところが多いとして改善を求められてきた。

しかも株主をこけにするような子会社の上場廃止も目立つ。例えば先日一種のMBOで非上場を目指した吉本興業は犯罪にも似た過去を持っている。子会社のファンダンゴを2006年に4900円で上場させたにもかかわらず、1年7ヵ月後に3095円で上場廃止させている。このような例は枚挙に遑がない。

少数持分投資家が親会社の横暴を訴訟で訴える手もあるにはあるが、日本の裁判では懲罰的罰金制度が無いため、訴訟費用を考えれば泣き寝入りするしかないという法の不備も問題なのだ。したがって、ようやくまともな法整備が始まったというところだろう。

しかし、リターンを生まないTOB費用を負担する親会社はきつい。ともすれば市場放出を強行することも考えられるので、市場にとっては痛し痒しとなるケースもあるだろう。政治が政策を弄んで市場が混乱することだけはやめてほしいが、今の民主党は何をするかわからないので不安だなあ。
0

(神無月廿九日) 個人対象の会社説明会  経済

アナリスト協会の個人対象の会社説明会が、大阪で昨日から中之島の会場で行われている、一日三社の説明会でこれまで知られているところでは、サンリオ、あとは世間的にはあまり知られていないか、ははは。でも平日の13:30から16:40までという時間だけに出席者は年金生活というか、金を持った初老の男女がほとんどである。なにせスーツ姿などどこにもいないのだ。退職者軍団とミセス・ワタナベ株式版といったところだ。しかし、大阪のおばちゃんというのは人の話が始まっても、おしゃべりをやめない人種ですわ、困ったもんだ、はぁ。

今回は個人対象の説明会とあって、個人株主作りの一環ということで参加している企業が多かったようだが、創業以来長年苦労してやってきたオーナー会社と、最近のIT紛い?の会社と二極分化していたところがおもしろかったなあ。でも説明の社長などひやひやものでしょうなあ。個人ですから容赦ない質問ががんがん、でも総会で慣れているせいか、立て板に水といった感じでした。役者が違うと行ったところか。

この会場までの道のりで北新地を南北に横切るのだが、なにか遠い世界のような気がした。いつここで再デビュー出来るのだろうか。
0

(神無月廿八日) ルイス退団  スポーツ

カープも来年は野村監督で気分一新してシーズンを迎えると思っていたが、最後の最後でルイスに逃げられるとは・・・

これでまたまたBクラス決定だろう、あ〜あ。とため息しか出ない。そりゃそうだろう。二年連続の2桁勝利でこれもまた二年連続のセリーグ奪三振王である。このままカープにいれば、カープ史上最高の助っ人の地位が約束されていたのではないか。いなくなる者をどうこう言って仕方がないが、一年目のオールスターで選手間の投票で一位選出というのが、プロの選手の共通の見方であろう。あれだけ安定した投手はセリーグにはいない。とにかく終盤まで試合を作ってくれる投手だし、投手リレーが唯一読めたのだ。シュルツも残ったし、これで永川が何とかなればと思っていたのになあ、とほほ。マエケンおまえ絶対15勝てよ!大竹はあてにならんのじゃ。
0

(神無月廿七日) 日曜の夜  プライベート

土日と用事を済ませ、何とか夜は週に一度のテレビ三昧である。八時からの「坂の上の雲」が普通の大河ドラマの倍あるから、いかんぜよ!僕はあまり録画で見るというのがだめな人間で(まあ、機械操作が面倒というか何というか)残念ながら、九時からは「Jin―仁」である。TBSは報道はひどいが、ドラマはこの日曜劇場など秀作も多い。今回もいいキャストで、主演の大沢や内野、そして綾瀬はるかもいい演技をしている。

本来ならば、秋山兄弟や子規を最後まで見る気を変えてしまうのだから、自分のなかではいいドラマであると思う。原作が漫画とは始まるまで全く知らず、今のアニメもなかなかのものです。最終回を来週にして次第に核心に迫ろうとしているが、年末にこの坂本龍馬像をやられたら、NHKとしては来年が怖いのでは、福山の坂本龍馬って、ちょっとイメージがねえ。皆さんはどうですか。

そうそう、坂の上の雲はその後BS2で見るんですわ。11時半まで、ははは。
0

(神無月廿六日) 皇室の政治利用  政治

14日に来日する中国の習近平国家副主席が天皇陛下と会見することが昨日明らかにされた。外国要人の天皇との会見は通常、1カ月前に調整する必要があるが、中国側から日程が伝えられたのは11月下旬で、政府関係者によると会見は見送られる方向だったとされ、異例の変更となったという。おいおい、先日私がこのブログで習近平の来日を控えてその夫人が学習院で歌を歌い、皇太子がその場に出席されたことの危険性を紹介したことを覚えておられますか。

中国は着々と日本の皇室を利用した政治工作を行っていたというわけだ。羽毛田信悟宮内庁長官は身を挺してそれを防ごうとしたが、官邸からの強い要請を飲まざるを得なかったとしている。政府の方針に対して宮内庁長官が会見を開いて異議を呈するというのは異例中の異例である。しかし、宮内庁の本来あるべき姿が出たと言ってもいい。

長官は会見の中で<このルールの肝心だと思っているところは、国の大小だとか、この国が大事でこの国は大事ではないという政治的重要性で取り扱いに差をつけることなくやってきた点です。米国は大事だから米国の賓客には1カ月以内でも会うとか、某国はそれほど大事じゃないから厳格にルールを守りましょうとか、そういうことをしない形でやってきた。>と述べている。この「原理原則を守る」ということこそ、天皇制の根本であり、皇室という武力も何も持っていない存在が2000年の長きにわたって存続してきた理由ではないのか。

もっと言うならば、日本国憲法の象徴天皇としての意味をまさに問われているのだ。護憲を看板としている社民党の福島瑞穂大臣、何をしているのですか。今こそ「天皇の政治利用に、心から抗議します」とか言って連立離脱すべきでしょう。
1

(神無月廿五日) 東金女児殺害事件  社会

昨年12月、千葉県東金市の成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(5歳)を殺害したとして勝木諒容疑者(21歳)が逮捕された。だが、勝木容疑者が知的障害者であったため、全国の特別支援学校などから「いわれなき偏見を生んでいる」と訴えが続くなど、やり切れない状況になっていたのをご存じだろうか。

この事件の物的証拠は被害者の靴が入っていたレジ袋に付いていた指紋1個が被疑者と一致していたことのみで後は自供である。そしてこの間、弁護士サイドの鑑定により氏の指紋が不一致との見解が出た。鑑定したのは元栃木県警で鑑識を30年間やっていた人の研究所である。警察の言い分は「被疑者は被害者を自宅の浴槽に服のまま沈め殺害」というものであるが、驚くべきことに被害者の遺体からは水を飲んだ形跡が発見されず、被害者の毛髪や指紋などの物証さえも犯行現場とされる場所からは見つかっていない。

東金女児殺害事件は警察の捜査が初動から狂い現場が混乱。聞込みで浮上した近所に住む軽度の知的障害者を逮捕。マスコミによる県警のリーク情報垂れ流しのお陰で彼が犯人というイメージが完成したが、犯行が行われたとされる彼の部屋から被害者がいた痕跡は全くなく髪の毛一本も見つかっていない という事実をどれだけの人が知っているだろうか。

当時私は東京で単身赴任生活をしていたが、この事件の報道の異様さには驚くばかりだった。この事件で障害者の保護者である愚妻は怒り心頭だった。(当然私も同様である。)知的障害者に対してのTBSの女性記者の取材は常識を疑うだけでなく、障害者に対する偏見そのものであると私は思っている。足利事件ではないが冤罪の疑いが極めて濃いこの事案は、裁判員制度の対象外の事件であり、制度が始まる直前に送検しているのである。この決定が幸か不幸かは判断できないが、検察および警察側が何かを隠したい意向はあるように見えた。

では、問題のTBS記者の行動とは何だったのか。事件発生から数日後、現場近くの聞き込みで「裸の女の子を肩に担いだ男が歩いていた」「女の子を追いかけ回す男がいる」という不審者情報をつかみ、挙動不審に見えた勝木容疑者にアタックを始める。それはとても取材とはいえない手法だった。まずカラオケ店に勝木容疑者と同行、彼がアニメソングなどを歌うシーンを撮影。屋外でインタビューするときもカメラを堂々と回し、事件のことを知っているかと繰り返し聞くと、にやついた勝木容疑者が「いやぁ、知らないです」と答える。勝木容疑者の、こうした尋常とは思われにくい表情ばかりを放映すれば、知的障害者への偏見が助長されたのも当然だろう。

問題はこればかりではない。逮捕目前の12月6日午前1時前、「重要参考人が浮上」と大手通信社が特ダネ記事を配信。同社では、参考人が自分のことであると気がつくと、逃亡や自殺することも考えられるので、勝木容疑者に取材はかけていなかった。だが、TBS記者は、この記事配信から約1時間後、つまり5時間後に任意同行されることになる勝木容疑者に直接電話をかけるという禁じ手を犯していた。取材という名のカラオケデートからすでに2カ月。TBS記者が「その後、あの事件もどうなったかなと思って」と切り出すと、「まだわからないみたいだね」と答える勝木容疑者。TBS記者は、配信記事の中にある匿名の「重要参考人」が勝木容疑者本人を指すのかどうか確かめようと、焦って「警察の人に話聞かれた?」と被疑者になっていることを感づかせる質問もしている。TBSは何も抗弁しないだろうが、こんな取材が許されるのか。

0




AutoPage最新お知らせ