(霜月四日) 離党  政治

自民党の田村耕太郎参院議員が離党した。政権交代後、自民党の国会議員が離党するのは初めてだろう。参議院というのが微妙だなあ。なにせ仮に民主党に入れば、プラスマイナスで2差縮まってしまう。今は統一会派で120議席なので121になれば過半数である。(民主党自体は議長を除いて114人である)

だが田村議員本人のブログを見れば、自民党に愛想が尽きて離党するようで、即民主という選択はないように見える。彼は鳥取県で圧倒的な力を持つ日本海新聞のオーナー一族である。まあ、金持ちのぼんぼんであることは鳩山首相ではないが、妙に自分の頭で考えるという意味では同じか。党や派閥のカネでなく、自分で選挙区を維持できるのであれば何も泥船に乗船している必要もないということか。

一見派手なスーツでちょっときざったらしいが、ぼんぼん独自の経験がこのグローバル時代には必要と言うことか。日本人議員が縁遠い中東やロシアにパイプを持っているというのは貴重な存在だろう。Twitterでフォローしておくかな。
0




AutoPage最新お知らせ