(如月壱拾六日) 期末決算日  金融

今日は平成21年度の決算日で、いろいろ雑務でご多忙の方も多かったのではないか。当然今日の今日までばたばたしている処はほとんどなかろうが、やはり区切りは区切りである。今日も高校無償化法案とか成立しており、いつの間にかという政治の動きである。

ところで今週のエコノミストでは、国際通貨基金が予測した主要各国の債務問題を掲載している。基準を2007年にして2014年にどうなっているかという数値である。まず、何と言っても世界一の借金国我が日本は2007年度に比べて2014年には、債務がなんと58%も増加し、GDPに占める割合が246%にまで急上昇するという恐ろしい予想である。債務の増加幅、GDPに占める割合、共に世界で断トツになる予定である。日本のGDPは約500兆円であるから、換算すると1,230兆円に達するのだ。あれ?日本の金融資産は1500兆円程度だから、いよいよ国内だけでは済まない話になりそうだ。

第2位はイギリスで、2007年対比2014年は55%増加し、GDPに占める割合が98%に達する見込みである。続いてアメリカだが、同じく2007年対比で2014年には46%増加し、GDPに占める割合が108%となっている。本当にギリシャどころではないですな、ソブリンリスクは!

そうそう疑惑のEUですが、フランスが2007年対比2014年には33%増加、GDPに占める割合は96%、ドイツも26%増加してGDP比89%に達する見込みである。落第生のイタリアは2007年対比25%増加して2014年にはGDP比129%という。でも日本に比べればまだましかw。

きのうからワイガヤとなっている「ゆうちょ」の限度額問題だが、鳩ちゃんはいきなり亀ちゃん指示でほぼ2,000万円確定か。しかし、なぜこの時期にこれだけの限度枠の拡張というのは何を表しているのか。普通に考えれば菅財務相のように違和感どころでなく大反対でもおかしくない。地方銀行や農協など地域金融機関はうるさいが、メガバンクは声を控えている。何故、この時期にこれほどの大幅な増額なのでしょうか?

かつての銀行シンジケート団は大量の国債を引き受けて市場価格変動リスクを持たされたが、今回は郵貯の限度額を大幅に引き上げてもらって、その増加資金で国債を買ってもらう方がいいと判断しているのだろうか。マスコミは特定郵便局や労働組合への選挙対策とかいうけど、もうすこし丁寧な取材をしないと、あんたら落ちるところに落ちるよ。

いずれにせよ「ゆうちょ銀行」が、現在の250兆円規模から500円まで肥大化する枠組みはできあがった。お手並み拝見。
0

「3月30日」のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
3月30日 つぶやきまとめ


23:23
日産のEVの評価が高いようだが、疑問の第一は電池の耐久性。そもそもEVってどのくらいももつのか、だれか教えてよ。実際、現役EVで走行距離の最大値はどれぐらいなの?
2010/03/30 Tue 23:23 From web

23:16
報道ステーション>天候異変で野菜の収穫が問題とか。そんなことは今更の話。旬のものを旬に頂く以上の贅沢を人間がする以上、番組で報道されたことは当たり前に起こること。トマトの旬は夏だよ、年中あると思う方がおかしいのだ。
2010/03/30 Tue 23:16 From web

23:06
今日は満月。春分の日後の最初の満月です。ということは今度の日曜日がイースター。でも西暦のというか太陽暦の世界でなぜか月の満ち欠けが重要な祝日ということに興味がわく。
2010/03/30 Tue 23:06 From web

0

2010/3/30(如月壱拾五日 望) 事故報告書  社会

先日サンプロが最終回を迎えたが、TBSラジオのアクセスも1998年以来の番組終了が4/2となる。最近のメディア不況を物語るものだろう。スポンサーがつかず予算カットというわけだ。そのアクセスは昨日が田中康夫氏で、今日が藤井誠二氏だった。私は勉強不足で藤井氏をあまり存じておりませんでしたが、今日のテーマが少年リンチ事件でしたのでつい聞き入ってしまった。

彼によると、昨年11月に沖縄県うるま市で起きた中学生リンチ死事件で、うるま市教育委員会が「事故報告書」を出したのだが、被害者遺族から彼に送ってきたものを読んだが、それがあまりにひどいと激怒している。何がひどいのか。何も書かれていないという。被害者が最も知りたい「事件の背景・要因」には、『事件発生後の学校の調査から、加害者8名中4名の生徒が被害生徒に対して、「最近生意気だ」というようなことを言っており、事件の背景にはそのことがあると思われる。詳しい背景・要因等は、警察等からの報告を受けていないのではっきり把握していない。家庭裁判所からは情報を得ることができなかった』とだけだったらしい。そのほかの大部分は、学校の指導体制を強化するとか、スクールカウンセラーを軸にして相談体制を強化していくとか、地域やPTAと連携していくとか、いじめに某紙するために「心のアンケート」をやっていとか、例のお役所言葉や並ぶのみらしい。いじめ自殺事件等について行政が出す報告書はたいだいこんなものだが、今回のは特にひどい、と藤井氏は語っている。

最近日垣隆氏の「少年リンチ事件」―ムカついたから、やっただけ−を読了した後だけに「またか」という思いしか出てこない。少年法という矛盾を突く悪徳弁護士に守られる加害少年やその親の言動を読み、思わず拳を握りしめている自分に気がつく。でもこうしたリンチ事件は特別な事ではない。下手をすれば自分や子供たちも関わっていたかもしれない。でも一線を越えなかったのは単なる幸運だったのかもしれない。

リンチ事件の全責任を行政や教育委員会に押しつけるつもりもない。一番の責任は加害少年でありその親である。しかし社会という組織を考えれば少年たちが通っている中学校を管理している教育委員会に責任がないという論拠は無いだろう。お茶を濁すような今回の報告書では事件の真実を知りたい被害者の親にとっては、不作為による犯罪と云うしかない。しかもこのうるま市というのはこの事件のあとに、中三少女による中二女子生徒への暴行事件も起こっている。そうした背景を考えても今回の事故報告書はおかしいし、そもそも事故ではなくこれは犯罪であり、殺人事件であるという認識が全く見られないのは亡くなった少年に対する冒涜ではないか。
1

「3月29日」のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
3月29日 つぶやきまとめ


02:05
世の中情報収集ばかりしているとろくな事はない。忙しいのだから、アウトプットを考えてインプットすべきじゃないかな。 RT @show825: 本を読む=頭良くなる、はハッキリとはわからないw 
2010/03/29 Mon 02:05 From web

01:46
ここ数日の寒さで少し風邪の症状あり。ゆっくりしたが気が焦っている分、休養にならず。
2010/03/29 Mon 01:46 From web

0

(如月壱拾四日) トルコ株  金融

週明けで新聞を整理していたら、25日の日経夕刊の「World markets」でトルコ株が取り上げられていた。内容は2008年から続けてきたIMFとの融資枠設定交渉を中断したというニュースである。なにせあのギリシャの隣、中東との関係もあって、思い切った投資は難しいという人も多いだろう。昔のトルコ・リラのイメージもひどかったしね。

どんなに株が上がろうが、あれだけ為替で売られれば話にならなかった。数年前はBRIC人気のNextとして注目され、ややバブった時もあったが、リーマンショック以降は他国と同じようにめろめろとなり、最近は息を吹き返しつつある。

トルコに関してはこの記事で注目したというのではなく、2月19日のS&Pによる対外債務の格上げである。格下げちゃいますよ、格上げ!実は先週ポルトガルを格下げしたフィッチもトルコを12月末に格上げしているし、1月にはムーディーズも格上げし、3機関揃ってBBクラスとなった。S&PはBB-から引き上げたばかりでなく、先行きについてもポジティブアウトルックにしているのである。

一般の見方では南欧諸国だけでなくイギリスの財政も問題視されるときになぜ?という声は大きいだろう。投資リターンは投資家の認識と実情の間のギャップが大きいところにあるのだから、これはなかなか面白いのではないか。トルコは世界的な株価上昇にもかかわらず、予想PERは10倍を切るぐらいの割安感がある。さらに海外からの資金に一喜一憂するギリシャと違って、中銀の指導もあってか、新興国ではダントツの高自己資本比率を誇る金融機関が支えになっているのである。この体力は魅力で、今後のトルコ経済の高成長が期待できるのである。

そもそもトルコは資源らしい資源がない。まるで日本と同じである。日本の高度成長期と同じような軌跡を描きそうなのは中国ではなく、私はトルコであると思う。
0

「3月28日」のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
3月28日 つぶやきまとめ


21:18
Auerbackって人名は、カタカナでどう表すのだろう?
2010/03/28 Sun 21:18 From web

0

(如月壱拾参日) マナー  社会

選抜が行われているとはいえ、夏の大会とは違って客は少ない。従ってお膝元のダイエー甲子園店もさほど混んでいないだろうと読んで、娘の大好きな本屋さんを中心に時間を過ごす。娘は障害者手帳を交付されているので、我が家の乗用車は駐禁免除を交付されている。従って障害者スペースを利用させて貰っている。出口に近いところにあるのでとても助かっているので、関係者にはお世話になっている。

しかし、今日のダイエーでも昨日のコープでも、交付証を表示させていない車両が堂々と駐車している。実に苦々しい。自分のことしか考えないマナー違反をする奴等が最近はとても多い。他の人もしているのだから、少しの間だけなのだからと理由はいろいろあるだろうが、ルール違反は違反である。マナーぐらい守れよなあ。行儀の悪いガキがぐじゃぐじゃいて、こいつらに子供手当が毎月支給されるのだから、世の中どうなっているのよ。

またマナー違反は若い夫婦だけでなく、団塊の世代にも多いのには辟易するばかり。世の中、自分だけはという人間だけになったら、どうなるの?親の教育はどこへ行った?恥ずかしいと思わないのか。
2




AutoPage最新お知らせ