(弥生四日) 元気がなにより  プライベート

実父が昨日八五歳の誕生日を迎えた。数えではあと二年で米寿である。長生きの親を持ったことの幸せをしみじみと感じる。ちなみに実母も健在で2月に八三歳となっている。四国の田舎で二人暮らしであり、私のような馬鹿息子のために長年苦労をかけている。本当に申し訳ないし、ありがたいことである。私のような年になると毎年誰かから父親や母親の死去を伝える葉書を12月にもらうものである。幸いにも義父母も健在で、そういう意味で本当に恵まれている。

昨日は帰宅が遅くなったので、夜の早い両親には申し訳ないので今日久々の電話をした。寒暖の差が厳しく老人には辛い日が続いているはずが、受話器を取るなり元気な声で驚かされる。体の節々はいろいろ故障もあるようだが、声を聴く限りは元気で安心した。しかも昨日はトラクターで田おこしをしたが、田んぼの土がぬかるんで往生したと明るい声が聞こえてきた。お祝いになにかというと、なにもいらんぞ、と云われる。大正14年うまれで青春を戦争にかりだされ、戦後は貧しい中でも子供たちのために本当に休み泣く働く姿しか見ていない。それでも子供に何を期待するのでもなく、手作りの米や野菜を送ってくれる。我が家だけではなく、東京の長男にも送ってもらっている。おかげで私たち家族はずっと両親が作ってくれたお米しか食べたことがない。本当に頭が下がる。

次男に電話を替われば就職のことで励ましてくれているようだ。正月次男が四国に帰らなかった時の父の寂しさは昨日のようだ。子のため孫のために精一杯働く両親をもつ喜びは何にも代え難い。いつまでも元気で、でもぼちぼちでええからね。
3

4月16日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
4月16日 つぶやきまとめ


00:40
なんかニュースで天気のこと、多すぎ。日本は結構南北に長いから、それぞれの季節があるのは当たり前。いつまでも東京の天気=日本の天気やってんだよ。夜中にライトにあてられたら、野菜の苗だって吃驚するだろうが。
2010/04/16 Fri 00:40 From web

0

(弥生参日) 決算説明会  経済

久しぶりに経営者の生の声を聴こうと大阪市内へ。訪ねたのは靴下屋で知られる「タビオ」。ここの越智会長は日本の靴下業界のカリスマでもあるが、実は出身が愛媛県で、しかも私の実家のすぐそばなのである。上場会社でいえば往年の近鉄、佐伯勇氏以来のはずである。まあ、近鉄とタビオを比べたらかわいそうですが、越智会長の講演というか説明会に出席した人はその個性ぶりに驚くだろう。講演ではソックスとセックスとかいって大阪のおばちゃんを魅了する異色の経営者である。

さてご多分にも漏れず、タビオも靴下という季節商品だけに前期下期の暖冬にはお手上げだったようで、減収減益となっていた、しかし年一回の30円配当はしっかりキープで、4%台の配当利回りなので、長期保有の株主は大幅下落している中でなんとか配当だけは、という願いは叶ったようである。この減収減益の背景には中国製の靴下の圧倒的シェアがある。いまや日本で販売されている靴下の8割以上は中国製である。会長によると昔兵庫県の靴下業者は200社以上あったが、いまや13社となっているらしい。廃業に次ぐ廃業である。製造業の厳しさを物語るものだ。

しかも見た目は全く変わらないし、タビオが新商品を販売すれば、以前はかなり先行利潤がとれたらしいが、今では短いものでは1ヶ月で品質はまるで違うが、それらしき商品が店頭に並ぶらしい。消費者もはなから使い捨てという気持ちもあり、3足1000円以下の特売品で済ます傾向が多い。ここはロンドンのハロッズにも店を出しているが、品質の良さを買われてのことだった。(まあ、会長の娘さんがロンドンに留学していて、その綺麗な靴下に現地の人が飛びついたというのが発端ですが。)

タビオは今年3月に大阪難波のパークスタワーに移転した。それまでは出戸といっても大阪の人間でもすぐどこか思い浮かばない場所にいた。大阪のオフィス賃料も大幅に下がっているし、取引先のことを考えれば交通の便利なところへ移転も以前から計画していたようだ。会長もそろそろ息子の社長を一人前にとの親心もあるのだろう。

靴下一本で日本一のメーカーになった越智会長。日本の靴下業界のために執念を燃やしているようだが、故郷の大先輩としてお体に気をつけて下さい。
0

4月15日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
4月15日 つぶやきまとめ


17:52
早速購入(誘導されちゃったw)!習慣で参考文献をみて唖然。こりゃすごい!ゆっくり読みます。 RT @hga02104 『「松代大本営」の真実』(講談社現代新書、ガッキィファイターでのみ購読可、650円)を完成したことは私の生涯の誇り。あの10年間でしか書きえなかった謎解き。
2010/04/15 Thu 17:52 From web

01:56
@hga02104 誰かの「感動した!!」というようなものではなく、「心を動かされた」といっても、舌足らずな表現ですね。日本語は難しい、勉強します。でもこの取材力には本当にすごいし、こうした事実を知り得たということで感謝しております。
2010/04/15 Thu 01:56 From web hga02104宛

01:48
昔は日本でもあったのにねえ。最近球場に行かなくなったのは、あまりに五月蠅いためだ。RT @ycastercom: ピッチャーが投げる球の音が聞こえるんですよ。
2010/04/15 Thu 01:48 From web

0

(弥生弐日) 訂正  社会

先日地デジの延期云々の話をしたが、訂正とお詫びを申し上げます。

地デジが延長になるのではなく、アナログTVの寿命が延びたということらしいのです。ウラを取らなかったミスで本当にお恥ずかしい話です。詳しく言うと、ケーブルテレビが2011年7月24日の地上アナログ放送終了後もアナログTVで視聴できる措置を当面5年ぐらい継続するということらしいのだ。拙宅に来たBayコミュニケーションのお兄ちゃんの話を鵜呑みにした私がバカでした。とほほ。

つまり予定通り地デジ化はスタートするが、受像器はどうなのという問題なのだ。従って今の住宅にいれば別段あわててあと2台のアナログテレビを買い換えなくてもいいと云うこと。車は当然ケーブル経由でなんかできないからアウト!やれやれ。

こう書いているうちに思い出したが、イオンとかでアナログでデジタルがみれるチューナーを販売していたが、CATV世帯では必要ないし、そもそもアンテナなんかいらないわけで、拙者まんまとCATVの宣伝マンとなったわけか。ダブルで恥だぁ〜。

そうそうCATV会社もただで出来るはずもなく、この設備投資が必要なわけだが、なんと2/3は国が補助するらしいのだ。従って無茶苦茶な費用が発生するわけでもなく、宣伝効果は大というわけ。世の中、ウラではいろいろありますな。
2

4月14日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
4月14日 つぶやきまとめ


17:42
@hga02104 「少年リンチ殺人」読了。言葉で言い表せない重い気持ちになる。加害者の親の態度に憤りを覚えるも、少年たちが壊れて殺人者になっていく過程が恐ろしい。精緻な司法解剖の箇所は震えた。ポイント・オブ・ノー・リターンを心に刻む。感動したと云えば妙だが読後の素直な気持です。
2010/04/14 Wed 17:42 From web

08:51
ブログの更新が出来ていない。おかしいなあ。かえってからするか。
2010/04/14 Wed 08:51 From web

08:50
@wadachan123 サカイでは私もえらい目にあいました。私の場合はウォシュレットでしたが、水回りが鬼門ですかね。RT ブログ更新しました。サカイ引越センター 責任も丸投げ 下請いじめ&謝罪なし http://ameblo.jp/wada234/ RTお願いします。
2010/04/14 Wed 08:50 From web wadachan123宛

0

(弥生壱日 朔) 法人税のからくり  経済

2009 年度の国と地方の法人税収が32年前の水準まで落ち込む見通しとなったらしい。国・地方合計の法人税収は9.7兆円と08年度実績(18.4兆円)の半分近くに急減し、1977年度(8.7兆円)以来の低さである。過去に納め過ぎた税金の還付が 09年度に急増したことも一因だ。国の09年度税収は3月決算企業の納税額が固まる5月分まで集計し、7月ころ判明する。09年度2次補正予算の見通しでは法人税は前年度のほぼ半分の5兆1750億円で、当初予算段階の10.5兆円から大幅に下方修正している。
     
現在、東証1部全銘柄の予想PERは34倍、時価総額は340兆円だから、逆算すれば純利益は10兆円となる。前年より増益なのに利益を基に計算される法人税が減るってどういうことかと普通の人は思うはずだ。

このからくりは2つある

1つは、2008年度の法人税のうちの多くが、前年度の税額を元に予定納税されていたが、例のリーマンショックで大幅減益となりその還付が2009年度になったことが大きい。

もう1つはこの2008年の赤字企業の多くが世界金融危機という名の下で、この時ばかりと赤字を詰め込んで(経営のミスも当然あったはず)計上した。ここからがとんでもないところだが、この赤字が7年間繰り越せるのである。現に2003年当時大幅赤字決算となった大手銀行はいまだ法人税を納めていないはず。2008年の大幅赤字は上手くすれば、2015年まで税金を納めなくても言い訳である。

株式市場は大幅増益で上昇を煽っているが、中身は結構このように寂しいものがある。決算発表シーズンだけに、よくよく内容を確認しましょう。

0




AutoPage最新お知らせ