(如月廿五日) キルギス政変  政治

中央アジアのキルギスで政変が起こり、野党勢力が実権を握ったようだ。地政学的にとても重要な地域であるが、いつものように日本のマスコミは脳天気症候群を発症している。一報は仕方なく?報道しているが、フォローは全くない。これでは世界感覚はまずは身につかない。悲しいことである。

バラ。オレンジ。チューリップ。と聞いて次のことがすぐ思い起こす人は感度が高い。
・バラ革命・・・2003年 グルジア
・オレンジ革命・・・2004年 ウクライナ
・チューリップ革命・・・2005年 キルギス

いずれも旧ソ連の構成国である。これらの革命には一つのパターンがある。まず選挙が行われ、必ずといいが与党側が一旦勝利する。次にこの選挙に不正があったと野党勢力が騒ぎ、デモがおこり、これが拡大する。この盛り上がったデモに押されて、革命劇が起こり体制側の大統領が失脚する。どうだろう、同じVTRが流れているはずだ。
   
ポイントは組織化されたデモであり、計画的なマスコミ扇動が革命の成功につながっている。これは自然発生的に起きるものではない。その資金源とマニュアルはあのソロス財団や不可思議な米国NPO、そしてここが重要なのだが、米国大使館によって現地や党指導者に供給されたのである。つまりシナリオがある革命だったのである。

それが今はどうなったか。草の根による革命ではないので、こうした体制は長続きしない。既にウクライナ政権は反革命側に渡っている。グルジアも野党勢力が増しており、それを高圧的に鎮圧して一触即発の情勢である。そしてキルギスでは、ニュースのようになったわけである。逃げたバキーエフ大統領はチューリップ革命のとき、前任のアカーエフ追い出し、世界からチューリップ革命の指導者と賞賛されたものの、一族郎党が利権を独占し、汚職が蔓延し、敵対する野党を妨害し、批判的なジャーナリストは何人も暗殺された。

外から来た革命はその国には害しかもたらさないという結果はよくあることで、アメリカが息のかかった勢力を使って、政変の演出者になるなどということは中南米では至極当たり前の話である。それによっていつも生活を蹂躙させられるのは一般庶民である。

しかし、今回のキルギスはアフガンのすぐ北にあり、米軍を中心とするNATOの補給基地がある。この基地の使用継続ができるかどうかはアメリカの今後のアフガン及びイラク・イラン対応に大きく影響する。小国といえども侮れない。そういう見方で報道して欲しいものだ。
0

4月8日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
4月8日 つぶやきまとめ


23:12
立ち上がれ日本。まじで「立ち枯れ」に聞こえた。
2010/04/08 Thu 23:12 From web

23:12
でも景気は気からと言うから、アメリカはふらふらしながらも離陸戦略をとるのだろうか。
2010/04/08 Thu 23:12 From web

23:11
しかし、アメリカ人は基本的に楽観派。日本人は悲観派。金融恐慌なんかどこの話というのが、今のアメリカのムードのようだ。
2010/04/08 Thu 23:11 From web

23:09
アナリスト協会のセミナー。三菱UFJの鈴木 敏之氏が講師。あ、よくテレビで見る人でした。慶応かぁ、むかしM社で一緒だった不動産リサーチのIさんを思い出す。
2010/04/08 Thu 23:09 From web

0




AutoPage最新お知らせ