(弥生壱拾日) 決算説明会  経済

久しぶりに北浜へ。たまには現場の声を聞かないとダメだし、上場企業の社長とも名刺交換できる。(雇ってくれなどとはいいませんが、ははは)

さて今日は不動産販売のW興産。まあもともとW家自体が神戸の大地主だったので相続問題もあるしということから本格的に不動産事業に乗り出した会社である。しかし20〜30年前にはこうした不動産会社は関西でも300社を超していたはずだが、今はどのくらい残っているのだろうか。住専問題もあったし、結構つぶれていますな。大手も含めてね。で、ここもついに前期は上場以来初めての赤字決算。他社も同様だが物件の評価損を出さざるを得ない状態なのでその額がでかいのだ。3月の公示地価でも目立ったように土地の下落は都市圏で大きかったので予想もされていた。

不動産は土地購入から竣工、販売と一年以上かかるのが当たり前なので決算をまたぐ。こうした事情が結構決算を自在に操れるというか分からなくしている面もある。でもかなり強気な販売計画を見ると疑問符も浮かんでくる。まあ今期はスタートはいいみたいだが、前期で膿を出してプラスは今期からしようという経営判断もあったようだ。

でも関西は需給に問題があるし、関西系デベロッパーは東進して首都圏が決戦場と化している。特に戸建ての会社が目立つ。この会社は地域にこだわりがあるようで、これからはどうなのかな。結構大変じゃないかな。

そうそう、参考資料で雑誌の住みたい住所を羅列していたが、住みたい場所が芦屋、西宮(これは地域は広すぎるんじゃない?)、夙川が御三家で、あと岡本とかがでてくる。でも夙川が神戸市となっているのは、多分参考にした雑誌が東京で発刊されたものだろう。西宮、芦屋、神戸ってあまり区別つかないだろうし(甲子園だって大阪じゃなくて兵庫県西宮市だぜ)仕方がないが、一応公の資料だし、チェックはしとかないと。ちょっと先行き危うしかな。

もう一社は大手メーカーの子会社。とんでもない上方修正。こりゃすごいが発表が3時で説明会は4時からで情報管理はお見事だが。大阪市場は3時10分までやっていることを知らなかったのかな。やっぱり取引終了後がよかったのではないか。でも技術力のある会社はいいですなあ。といっても半導体はぶれるし(エルピーダを見れば分かるけど)この先は分からないが、元々の予想がかなり低いので、説明していると少々辻褄が合わなくなる。社長の余裕の顔が先行きを暗示しているようだ。
0

4月22日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
4月22日 つぶやきまとめ


01:27
@hga02104 メルマガ読んでいたら1時間半経っていた。ゆっくり読み過ぎかな。でも飽きないなあ。
2010/04/22 Thu 01:27 From web

0




AutoPage最新お知らせ