(皐月六日) ルイスの転換点  経済

「世界の工場」といわれる中国で、労働者が待遇の改善を求める声が大きくなっている。ストライキは中国の憲法では認められていないはずだが、マスコミには頻繁にこの文字が躍っている。最近ではホンダやトヨタなど日本メーカーが部品工場のストライキで操業停止に追い込まれている。台湾系の世界有数の電子機器メーカー「富士康」では自殺者まで出ている。内外の批判を浴びて大幅な賃上げに踏み切ったところも多いようだ。

この中国で頻発する労働争議に対して、「ルイスの転換点」がやってきたとする説を多く見るようになった。ルイスの転換点とはイギリスのノーベル賞経済学者アーサー・ルイスが「工業化前の農村は余剰労働力を抱えているが、工業化が始まると、農業部門から工業部門へ余剰労働力の移転が始り、しだいに農業部門の余剰労働力は底をつく。」としたもので、「以降は、雇用需給が締まるため、賃金率の上昇が起きる。」というものである。

中国の製造業現場をみてみると、沿海部の労働力は16〜30歳の人員だけに留まらず、ライン作業で便利なように身長が均一の人員だけ採用したりと、極めて雇用者優位の市場であり、労働条件も劣悪なのは事実である。さらに外資系輸出工場の多くはリーマンショックの2008年秋以降、人員整理するだけでなく、この1年半以上昇給がなかったのである。

日本では前年に比べて8割の人が収入減になっている。したがって賃金が上昇しないのを当たり前と思うが、中国は昨年でも10%近い成長プラスインフレなので、賃金が15%以上上がらないと実質減給なのだ。酷い待遇を外資系企業がしているので、その不満が爆発した要素が強いと見たほうがよいのだ。

中国は30年前にはGDPに占める国民給与の割合が5割を超えていたのが、今では4割にまで下がっていると云われている。国が成長する一方で、労働者はその恩恵を十分に受けていないのは過去の日本でもそうであったように、どこかで争議となりやすいのだ。

中国を一方向から見ると見誤ることもある。やはり一時情報をどれだけ収集出来るかと云うことである。
0

(皐月五日 旧端午節) 並び赤  金融

酒田五法をご存じだろうか。罫線というかチャート好きはうきうきしてくるのではないか。酒田五法とは、江戸時代、酒田藩の豪農の家に生まれ、米の先物相場で天才的な手腕を発揮した本間宗久が書き残した「本間宗久相場三昧伝」をもとに作られた罫線の分析法である。この「相場三昧伝」は、本間宗久が米相場の中から探り出した相場の分析、投資心理、さらには人生訓までを箇条書きに著したもので、その著を参考にしながら後世の人が罫線の具体的な形にして名称をつけたものが酒田五法だ。

この酒田五法は、本間宗久が没して200年以上経過した今でもチャートを見る上で重要なテクニカル分析手法のひとつとなっている。酒田五法で使っているローソク足やその組合わせの名称も、チャートを扱う書籍の中では違和感なく頻繁に使われており、酒田五法は日本が生んだチャート分析の古典である。

その酒田五法の上昇相場を占う一パターンに、「並び赤」がある。これは上昇相場でジリ高の局面からパッと上放れて、ほぼ同等の長さの陽線が2本仲良く並んだ形である。さらに翌日、上寄りすれば、大上げの前兆とされている。そうそう簡単に見られる形ではないが、実は日経平均の日足を見れば、本当にそうなったのである。

今日の東京の上昇はNY市場の上昇につれてのことだが、実はチャート的にはこうしたことが起こっていたのである。今日は少々引けにかけて伸び悩んだが、明日からの東京株式市場は見ものである。

1

6月15日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
6月15日 つぶやきまとめ


03:36
なんとかBSで各選手のインタビューも聞けたので、ぼちぼち寝るか。
2010/06/15 Tue 03:36 From web

01:08
やっと音声が戻りましたが、これは一部地域だけ???
2010/06/15 Tue 01:08 From web

0

(皐月四日) はやぶさ  サイエンス

2003年に打ち上げられた「はやぶさ」のミッションは5つあった。
1.イオンエンジンを使った惑星間飛行
2.光学補正を利用した自律誘導航法
3.小惑星からの試料採取
4.太陽電池エネルギーによる地球スイングバイ
5.再突入カプセルを使って地球へ試料を持ち帰る通常の宇宙開発
どれも世界初の試みだった。蓮膀ちゃん、わかってる?二番じゃないよ。ははは。

しかし今回はやぶさが賞賛されたのは、こればかりではない。人間が乗っていたアポロ13号とは違うだろうが、はやぶさは通信不能になって行方不明になったり、エンジン4つが動かなくなったが、何とか加工して一つのエンジンを動くようにしたり、ドラマの連続だったからだ。JAXAの担当者の執念というか、その能力に驚くばかりだ。わかる?蓮膀大臣。

しかしこんな偉業を達成しても、例の事業仕分けで予算を減らされてはたまりませんな。はやぶさのようなすごい計画でも全部で130億円である。このなかでいかに効率的に運航させるかと頭をひねったのが、先のイオンエンジン等の技術だったのだ。でももう終わったけれどスペースシャトルの日本人飛行士の搭乗代というか、NASAに支払ったのは単年で400億円だよ。これでは在日米軍の「思いやり予算」と変わらないではないか。予算配分をきっちりするのが政府の役目でしょうが、蓮膀くん。

でも昔からカネがなければ知恵を絞れとは、日本の伝統だったような気がするなあ。
0

6月14日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
6月14日 つぶやきまとめ


13:28
徹子の部屋、ゲストは最近注目の玉置浩二。よくみると忌野清志郎に似てない?
2010/06/14 Mon 13:28 From web

0

(皐月参日) 岡ちゃん会心の勝利  スポーツ

ざまーみろ!評論家連中の野郎ども!見たか、俺の作戦を!(本音はこうじゃないかな、ははは。僕も全く期待していなかったし・・・)

しかし本田のツキのよさはいいねえ。使えないのは中村、玉田、楢崎だったか。しかし今大会は南半球の大会ということで、いつもの暑さ対策がなくプレーヤーの動きはこれまでで最高ではないかと私は思う。そのなかで苦しみながらも守り勝った日本の勝利は今大会でも番狂わせの一つとして海外メディアは報じるのではないだろうか。

確かに優秀なFWがいれば点は取れるだろうが、一人では守ることは出来ない。今日は相手のエース、エトーを長友が完璧に抑えたことが勝利への道につながっただろうし、守備に一貫性があったように思える。オランダは厳しいだろうが、デンマーク戦は期待できるし、もしかして決勝トーナメントという道も開ける可能性が出てきた。また眠れぬ夜が続きそうである。

しかし中継したNHKのお粗末さはひどい。うちは関西地区で地デジで見ていたが、終了後の音声が全くなし。インタビューも監督と本田だけ。音声トラブルは全国的ではなかったようだが、アナウンサーの笑いながらの「一部地域で音声が乱れました」はないだろう。歴史的放送事故と断じます。
0

(皐月弐日) 政権公約  政治

マニフェストというイメージの悪さを隠すためか、菅内閣による政権「公約」がまとまったようだ。
◆民主党の参院選公約骨子◆
▽消費税を含む税制の抜本改革
▽財政再建に向けた超党派の協議機関設置
▽基礎的財政収支の赤字幅を2015年度までに10年度の半分以下、20年度までに同収支を黒字化する財政健全化目標を設定
▽新規国債発行額を10年度の44.3兆円以下に抑制
▽20年度までに名目成長率3%、実質成長率2%の経済成長目標を設定
▽子ども手当は既に支給している13,000円から上積み
▽法人税率引き下げ

う〜ん、これじゃ財務官僚の言いなりではありませんか。財政再建のために増税というのは分かり易いかも知れないが、実態を考えればこれは愚策そのものである。そもそもなぜ財政赤字が増加しているかということに対して認識不足だからである。800兆円という財政赤字は巷云われる無駄な公共投資の為ではない。ここ10年は大幅縮小しており、地方負担や隠れ債務に化けている。真犯人は景気対策と云いながら、その多くが特殊法人の補助金というか埋蔵金に化けたことと社会保障の収支が悪化して、大幅な税負担が生じている事である。

最近年金事務所に行き改めて思ったが、現在の60歳以上の高年齢層は現役時代に負担した保険料を遙かに上回る年金を受け取っている。つまり日本経済全体から見れば、現役世代が企業の利益や個人所得で稼いだカネを税金と借金で政府が受け取り、その多くが特殊法人で埋蔵金として死蔵し、年金を貰う高齢者は将来の医療や介護のために溜め込むという、これまた死蔵され、お金が回らなくなっている。

経済を活性化させるためには、消費や設備投資などに資金が回る必要がある。消費税の増税を先行すれば表面はやむを得ないというだろうが、実態は現役世代の消費支出に悪影響を与え、逆累進課税という消費税の特性で消費の冷え込みは大きいと見る方が普通だろう。

実体経済にカネを回すには、減税なり将来のためになる公共投資に回すことである。さらにこれまでに応分の負担をしてこなかった高齢富裕層から社会保障費を今からでも徴収して彼らの死蔵金を実体経済に回すことも必要だが、選挙好きの民主党では馬を水のあるところに引く者はいない。
0




AutoPage最新お知らせ