(水無月弐日) しまなみ幻想  読書

最近小説のたぐいは西宮市の図書館で借りて読むようになった。昔では考えられなかった。何か借りて読むというのはコンビニの立ち読みみたいで貧乏くさいと思っていたからだ。でも貧乏になれば郷に従え(苦笑)である。どうしても手元に置きたいという本以外は、気長に図書館にリクエストを出しているが、1Q84などは私が486番目ですよなどという気の遠くなるような状態にもなっている。なにせ借りるととりあえずは3週間の読書期間とされているので、500番近くとなると後何年という状態なのだ。

今回はテレビドラマでもおなじみの浅見光彦シリーズの内田康夫本である。舞台が今治とあって、我がふるさとの近くであり、土地勘はあるし、あああの店がモデルになっているとか、そういう楽しみもある。しかし四国というより日本で最大の造船会社の社長夫人を殺してしまうのだから、内田康夫もたいした野郎である、ははは。

しかし今はやや厳しくなったが、今治造船通称いまぞうの堅実経営は有名である。今治のシンボルである国際ホテルも関連会社である。今治のような一地方都市では考えられないような豪華なホテルだが、料金はすこぶるリーズナブルである。一番は最上階の瀬戸の夜景を見ながらの鉄板焼きかな。

それはさておきしまなみ海道の大三島や大島の風景が目の前に現れて消えてゆき、別子の山の資料館も目に浮かんできた。内田本はサスペンスもあるけど、半ば観光本という面もある。知らない土地を想像するのも楽しいが、自分のふるさとを第3者がどのように描くかというのも興味津々だった。小説など気楽に読みたいものだ。
0




AutoPage最新お知らせ