(水無月九日) 猛暑日  社会

いつ頃からだろうか、35度以上を猛暑日としたのは。それまでは30度以上で真夏日で、25度以上で夏日という区分けだけだったのになあ。35度以上が当たり前になったのでと考えるのが無難だろうが、自分の体温より高いのだからたまりませんわな。そういえば今日昼間に犬を散歩させている人がいたが、灼熱のアスファルトは可哀想にと思っていたら、犬が熱かったのだろう、足をばたばたさせてこけてしまった。飼い主も裸足で歩けば分かるだろうに、熱狂的な動物愛護の人間が見れば泣き叫んだのではないか。

それにしても今日の猛暑日は関東の内陸部である前橋などが目立っている。日本一の熊谷も近いので太平洋からの風が関東平野をながれて乾いた熱気で上昇しているのだろう。こちら近畿では日本海側の豊岡が猛暑になっているが、これはフェーン現象だろう。

それにしてもこんな日に屋外で仕事をする人は大変だろうし、本当にご苦労様である。私の夕方からの例の訓練のためにチャリでとことこ行ったが、武庫川の下流から風が心地よくさほど暑さは苦にならなかったし、帰りはすでに夜の帳でスイスイであった。

今週は週末というか当分は雨もないようで、今までの大雨の代わりとでもいうような天気だが、金曜日は暦で大暑だし、旧暦の水無月にふさわしい日々が続きそうである。
0




AutoPage最新お知らせ