(水無月壱拾参日) アミティ舞洲  プライベート

娘がスポーチセンターのプールに行きたいというので、ネットで探していたら大阪の舞洲に障害者のスポーツセンターがあり、早速車でGO!阪神高速湾岸線を使うと結構近くで30分あまりで到着した。隣に大阪市のゴミ処理場があるので、多分その廃熱を利用しているのだろう。室内なので今年の灼熱地獄も免れるわけだ。

受付でプールの使用を申し込むと一日200円で、付き添いはタダである。一般のプール事情を考えれば考えられない料金で、これも公的負担の賜物でありがたいことです。もちろん駐車場も無料。着替えをした娘をみてびっくり。最近数年水着姿を見ていなかったが、もうまん丸で水着が破れるのでないかと思われるほどで、思わず愚妻と笑ってしまう有様だ。まあ最近の食欲を考えれば体重の増加は目に見えているが、それにしてもだ。ちょっとダイエットしないとアカンなあ。

障害者は運動量が限られるため肥満傾向になりやすい。食が細かった時はあまり心配しなかったが、最近は私が朝の残りを少々頂くほど何品も朝から元気に食べているし、結構高カロリーの食事が多いので、これからは気をつけないとダメですな。反省。

1時間あまりプールを堪能した後は、プレイルームで本を読んだりハンモックで揺られたり、最後は「レストラン」というので併設されている食堂で3人でランチ。あっというまにラーメンを平らげ、母親のうどんも少々食べるのだから、これで太らない方がおかしいか。でも久しぶりの休日らしい過ごし方で楽しそうで何よりだった。

今日はこれで終わりではない。昔住んでいた神原地区の夏祭りに知人から招待されていたので、祭りの最後の花火が大好きな娘も暑い中、小学校へ行き、私はアッシーで近くのサイゼリヤで一人寂しく?夕ご飯だが、ドリンクバーでコーヒーを3杯も飲むと胸がつかえてくる。しかし、ここは甲陽園と苦楽園という高級住宅地の間に位置しているが、来店する家族連れの様子はひどいの一言。子どもが大声で叫んでも親はなにも注意しないし、それが公共の場では当たり前という雰囲気である。

最近の子どものしつけはなっていないと学校の責任を云うのはこのような親だろうし、今の30代から40代の親のレベルはあまりに低い。最近は参観日で親が授業中にしゃべくりまくって授業にならないという記事を見た記憶があるが、なにもそこまでひどくないだろうと思ったけど、今日のサイゼリアの店内を見ればさもありなんである。

疲れ切った母娘を車で迎え自宅へ向かうともう10時近くだ。その車中で愚妻もお祭りで混雑している中でチャンバラをしている小学生に対して(棒が他人に当たるので)注意する親などいないと嘆いていた。今のガキの親は最低である。
0

7月23日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
7月23日 つぶやきまとめ


11:50
@hga02104 編集室から配達事故で「今後はAmazonか書店でお買い物いただかないと、当方のこれ以上の赤字は耐えられません。」とまで云われる覚えはありませんが。。。
2010/07/23 Fri 11:50 From web

0




AutoPage最新お知らせ