8月18日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
8月18日 つぶやきまとめ


23:05
「素足」とか上品な言葉を使っていただきたいですな。
@ecoyuri 連日、「ナマ足」しています。
2010/08/18 Wed 23:05 From web

01:10
阪神地区のベイコミュニケーションのトラブルの原因は?仕事になりません。
2010/08/18 Wed 01:10 From モバツイ

0

(文月九日) 復刻版  スポーツ

セリーグが復刻版のユニフォームで試合を行っている。なかでも異彩を放っているのがタイガースの黒いユニフォームだ。日本のプロ野球で初めて愛称がついた「ダイナマイト打線」時代のユニフォームだが、やっぱり背番号だけというのはいいなあ。

ダイナマイト打線というと1947年から49年にかけての「大阪タイガース」、三番別当、四番藤村、五番土井垣という黄金のクリーンナップを中心に一番後藤、二番金田と後の監督経験者もそろう当時最強と云われた打線である。しかしセパ分裂で1950年に阪神からごっそり選手が毎日に移り、阪神は1962年まで優勝できなかったというお家騒動の原点でもあった。

しかし見てみると、読売、阪神、中日の歴史を感じるねえ。中日のユニフォームなんか現在のよりもセンス良いんじゃないの?なにか高校野球の中京スタイルみたいだしね。でも戦後すぐ、この三チームのユニフォームが庶民を沸かせたのだから、野球の娯楽性は日本人にあっていたのだろう。
0

8月17日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
8月17日 つぶやきまとめ


11:02
さて病院いくか。血液検査の結果が怖い(笑)
2010/08/17 Tue 11:02 From web

00:38
さすがに54歳、往復700〓の日帰りドライブはきついなあ。
2010/08/17 Tue 00:38 From web

00:22
ぽちっとアスクルから『アスマル』への移行のお知らせ・・・・このシステムは最低やね。#askul
2010/08/17 Tue 00:22 From web

0

(文月八日 上弦) ごしごし  プライベート

ゴミのような一年からゴシゴシ働いて、来年はゴーゴーとなるような一年にしようと54歳の誕生日に誓うのだ。

本当に情けない一年だった。体調もいまいちだったし、だいたい燃えるものが無かったとも云うべきか。でも人生いつまでもぶらぶらできない。私を頼りにしている人がいる限りは、がんばろう!

でも家族からも気づかれない誕生日というのも情けないなあ(苦笑)

今日は野球で誕生日という人が目立った。高校野球では福島の聖光学院の斉藤監督。プロでは阪神の藤川といっても球児ではなく俊のほう。プロ入り初のホームラン。守備はいいけど打撃はいまいちという評判を覆す一発だった。でもこの藤川、ドラフト指名が下位で社会人の東邦ガスに行く予定だったが、真弓の現役時代の背番号である7を用意して、スカウトがなだめて入ったのだが、プロ入りして大正解だったようだ。

運の強い人に見習ってこの一年、やりまっせ!
1

(文月七日 旧七夕) 秋恋し  プライベート

月遅れ盆休みの最終で京では五山の送り火というが、あの松明のようなぎらぎらとした太陽の日差しが再び勢いを増し、本日は各地で35度以上の猛暑日となった。昨日は元気だった父母たちはどうなのだろうか、体調を崩さねばいいが。

今日は旧暦で七夕である。太陽暦の雨空の天の川も情けないが、空がどんよりとして星が見えにくく(当地からは)とても残念な夜空であった。少し前までは何とか見えていたような気がするのだが、どうなのかな。浜の甲子園あたりの熱気がまだまだ収まらないということだろうか。

旧暦7月は文月というようにはや秋の風情が感じられても不思議ではないのだが、とても文に親しむような時期でもなさそうである。天気予報を見れば今年三番目の暑さの波が今週いっぱいは西日本中心に居座りそうである。

そろそろ自身にも一応の区切りをつけるときが来ているのだが、天気に変わりはなくもう少し秋らしくなってほしいものである。やっぱ毎日スーツはきついものね。
0

(文月六日) 日帰り  プライベート

娘が「15日、四国」と先月から言い続けており、愚妻からも何とかしろという叱咤激励?もあって、一念発起で朝から高速を目指すことにした。

阪神高速神戸線―第二神明―本四架橋(明石海峡大橋)―大鳴門橋―高松道―松山道(いよ小松)というルートの日帰りである。およそ300`の往復だが、いかんせんこの炎天下と月遅れ盆休みの渋滞覚悟(しかも14、15日は1000円高速)である。しかし7時過ぎに出発したところ思いの外、順調に走れ、二度の休憩を挟んで11時過ぎに実家に着くことが出来た。

何の連絡もしなかったことで、すっかり盆には帰ってこないと思っていた85歳と83歳の両親は笑顔で迎えてくれた。これが見れただけでも帰った価値があるのだ。早速娘の希望通り市民プールへ直行し、2時間あまり遊んできた。正月にバイトで帰れなかった次男も久しぶりのプールと云うことで意外にストレス発散とばかり娘よりも長居していた。就職がなかなか決まらない大学4回生だけに身体を動かしてのストレス解消となったのだろうか。(笑)

午後には次男と山にある墓地に参拝して帰ると長姉も来ていて、しばしお小言頂戴である。親がぶらぶらしていて子供だけがいい目に会うわけがないとばかり(厳しい!)。

でも夕方早く帰る準備をしていて、何もせんでごめんね、といってもにこにこして笑顔の絶えない父を見ているだけでも幸せだった。足が悪くなり歩くことさえしんどい母も口の方は達者で、老老介護というにはあまりに厳しいが、それでも長生きさせてくださる神様に感謝するばかりだ。

先ほど帰りこの文章を書くには辛い年になった私だが、今日の親の笑顔がなりよりの薬となる。明日からも親に負けないようがんばろう。
0

(文月五日) プライマリーバランス  経済

先日の「国債を買えなくなる日」で述べたように10年国債が再び1%割れとなり0.980%で昨日の取引を終えた。今朝のNY市場を見ていると米国債も大幅に低下しており、来週も利回りは低下しそうだ。

ところで国債強気派はプライマリーバランスが取れていれば問題ないと、よく発言する。現在の財政規模は約90兆円で税収と国債の借り入れがほぼ同額の45兆円で推移しているはずだ。国債のうち30兆円が借り換えで15兆円が新規の赤字国債という按分だったか。

しかしプライマリーバランスという点ではやはりこの15兆円は赤字やし、やっぱり問題でしょう。900兆円の債務残高に世界が不安を抱いていないうちに、早く着手すべきではないだろうか。支出を15兆円減らすか、税収を15兆円上げるかの二者選択であれば、当然財務省は税収の確保に走るというものだ。でも最低限この赤字国債の始末だけはしないと、いつか返すからの世界となり、従来みてもそれはいつかは破綻するというものである。

国内金融資産が1400兆円あり、米国債を中心に対外金融資産も約450兆円あるのといわれ、これを考えればネットの債務は450兆円でGDP対比で云えばほぼ100%であり、米英とか割らない水準になるという根拠も財務省が正式にこの対外金融資産を明らかにしていない以上、砂上の楼閣となる可能性もある。

極論すれば、1400兆円の国内金融資産を超えるにはあと3〜4年は大丈夫という論理はそろそろ辞めた方がいいのだ。前回述べたように大変動があれば(リーマンショックなどの金融危機は周期的に起こっているのだから)最大の買い手である銀行に買い余力が無くなる可能性は高い。

今の仕組みが続けば、という論理は昨年ギリシャなど今問題になっている国々でよく聞かされた台詞である。

出来ることから早めに取りかかることこそ肝要なのだ。
0




AutoPage最新お知らせ