(文月参日) 簿記  プライベート

6月中旬から始まったNPOマネジメントの職業訓練も2ヶ月が経過した。始めは皆目理解できなかったが、毎日の講義というのは恐ろしいもので今ではNPO設立の書類ぐらいは作成できるようになった。今月からは経営の根幹とも言える簿記を勉強している。

仕事で企業の決算を見ていたので違和感はないのだが、実際に簿記そのものを勉強していると複式簿記の摩訶不思議な体験を堪能しているといったほうがいいかもしれない。簿記の検定を取るためであれば無味乾燥な授業で面白くないが、自分が経営者になった場合を想像しながら見ていると結構嵌っているのである。

その授業も明日からの月遅れ盆休みということで16日まで休講となる。休講というとまるで学生気分であるが、社会人生活をだらだらと繰り返すよりも自ら学ぶという姿勢が退治という気がする。日本の教育が悪いとか、この季節になれば口喧しい人が多くなるが、学ぶというのは教えられることばかりではないことをもっと知るべきではないのだろうか。
0




AutoPage最新お知らせ