(文月壱拾日) 今津灯台  社会

西宮の今津に古めかしい灯台が現存している。その名もずばり「今津灯台」で今年で設置から200年を迎えるという。そもそもこの灯台は清酒大手の大関が建設したもので、同社の創業家の長部家の五代目の、大坂屋長兵衛が1810年に江戸へ酒を運ぶ船の安全を祈願して私費で建てたものである。現在でも海上保安庁が航路標識として正式に承認しており、その中では最古と云われている。

大関ではこれを記念して今月から灯台のフィギュアを添えた純米大吟醸200セットをネット販売している。ちなみにお一つ3万円である(たかぁ)。クリスタル製のボトルだが、これを飲むと云うよりも部屋を飾るものでしょうなあ。

国道43号線を越えて南の地区にいると大関をはじめ宮水を利用した酒造メーカーが並んでいる。灘五郷の一角でもあるが、ここも阪神大震災では甚大な被害を受け操業開始までは苦労した。そういえば伊丹の白雪の小西酒造などは、伝統だった野球部もすでに休部となり、広大な阪急伊丹駅周辺の所有地もニトリを始め賃貸物件に転用しており、白壁の土蔵もなくなりつつある。

昔の酒屋の心意気を示す今津灯台には末永く活躍してほしいものである。
1

8月18日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
8月18日 つぶやきまとめ


23:05
「素足」とか上品な言葉を使っていただきたいですな。
@ecoyuri 連日、「ナマ足」しています。
2010/08/18 Wed 23:05 From web

01:10
阪神地区のベイコミュニケーションのトラブルの原因は?仕事になりません。
2010/08/18 Wed 01:10 From モバツイ

0




AutoPage最新お知らせ