(葉月壱拾五日 望) 中秋の名月  社会

毎年12ないしは13回の満月があるのに、なぜか特別扱いされる中秋の名月。以前何かのクイズ番組でみた記憶があるのだが「八月十五日」と書いて「なかあき」と読む名字の方がおられるようだ。「なかあき」=「中秋」のことで昔から八月十五日の月を「中秋の名月」と呼んできた

日本の一年には「春夏秋冬」の四季がある。旧暦では三ヶ月毎に季節が変わり、「一・二・三月」は春、「四・五・六月」は夏、「七・八・九月」は秋、「十・十一・十二月」は冬と分けられる。そしてそれぞれの季節に属する月には初・中・晩あるいは、孟・仲・季の文字をつけて季節をさらに細分した。たとえば旧暦四月は「初夏」あるいは「孟夏」となる。(孟・仲・季の文字は中国では兄弟の年の順を表す場合に用いられ、孟は年長者、仲は真ん中、季は末っ子を表す)

この季節の細分によれば、「八月」は秋の真ん中で「中秋」あるいは「仲秋」となり、旧暦の暦月の日数は29日か30日のいずれかなので、15日は暦月の真ん中の日と考えることが出来る。旧暦の八月十五日という日は秋の真ん中の月の真ん中の日、つまり秋全体の真ん中の日と考えられるので、この日のことを「中秋」と言う。旧暦は太陰暦の一種ですから日付は空の月の満ち欠けの具合に対応している。したがって月の半ばである15日の夜の月は必ず満月か満月に近い丸い月が見えるので、「十五夜の月」=「満月」となるのだ。

中秋の日の夜に澄んだ秋空に昇るこの丸い月はやがて中秋の名月と呼ばれるようになり、これを観賞する風習が生まれた。秋は収穫の時期でもありその年の収穫物を月に供える風習が各地に残っている。「芋名月」などの呼び名はここから生まれたものだと考えられる。(四国の実家でもそうでした)現在月見団子を供えるのも芋を供えた風習の変形だろう。(つまり団子は芋の代わり)。

さて、ここで実際の旧暦八月十五日の中秋の名月を調べてみると、実は満月でないことが多い。これは旧暦壱日の決め方のせいなのである。旧暦の壱日は「朔(新月)となる瞬間を含んだ日」なので、0時0分に朔となる日も、23時59分になる日も同じく「一日」になる。したがって旧暦15日の月齢は、最小13.0,最大15.0,平均14.0となる。新月から満月までの平均日数は約14.76日なので月齢平均よりも0.76日長くなるというわけだ。

今年はようやくこの期に及んで秋らしくなったが、来年のカレンダーを見ると中秋の名月は9月12日となっている。今年のような猛暑であれば12日はまだまだ残暑厳しく、お月見どころではないだろう。でもマクドの月見バーガーは来年も登場でしょうが(笑)
0




AutoPage最新お知らせ