(葉月壱拾八日) 不動産鑑定士  経済

大和不動産鑑定に勤務する藤井梨可さんは今年4月に鑑定士として登録された。日経ウーマンによると、藤井さんは短大を卒業後、建設会社に一般職で入社した。ルーティンワークに物足りなさを感じ、自分のやる気や考えを反映できる仕事をしたいと思い始めた。転職でステップアップするために、まず「宅地建物取引主任者」を受験し2度目に合格。さらに難しい資格に挑戦しようと、難関国家試験といわれる「不動産鑑定士」取得を決意した。試験には不動産鑑定評価以外に、経済学、会計学、民法といった一般教養も必須で、膨大な勉強量が必要なのだ。彼女は半年後、試験勉強に専念するため退職。資格学校で学びながら、電車内や入浴時(失礼)といった隙間時間も利用して1日約10時間(!)の勉強を続けた。その後、不動産鑑定事務所のアルバイトを経て、現在の会社に入社。鑑定の補助者として働きながら、1年後に不動産鑑定士試験に合格したのだ。凄い!「勉強中は不安も多く落ち込むこともありましたが、受かればそれ以上に得るものがあります。不動産鑑定士の資格は一生の仕事として自分の人生を変えるものとなりました」と彼女は語っている。

転職・資格取得で収入は大幅にアップし、男性と対等に働ける環境にも恵まれた。半面、繁忙期には残業も多くほぼ九時十時近くまで働いているようだ。さらに休日返上で働いたりと体力的・精神的につらいと感じることもあるようだ。一番つらかったのは、屋上の調査を行うため、壁面に設置された約15mの垂直なはしごを上ったとき。「あまりの高さに手が震えましたが、女性だからという言い訳はできないので意地で上りました」というから度胸満点である。

勤務している会社には外資系企業からの依頼も多いため、今後は評価書の作成に備えて英語の勉強に取り組み、不動産の評価で使う簿記も学びたいという前向きな彼女。写真を見るとなかなかの美人で31歳。私も明日はアナリスト試験一次の最後のテスト。頑張って通過したいものだ。
0

9月24日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
9月24日 つぶやきまとめ


11:55
検察のマスコミに囲まれての発言だが、もう少しカメラの向こうにある国民の目を意識しないのだろうか。記者クラブ慣れしたものの言い方では反感をかうだけなのに。
2010/09/24 Fri 11:55 From web

10:38
ChromeのフォントはIEとは少々違う。慣れたらそれでいいかも。
2010/09/24 Fri 10:38 From web

10:35
IEが動かなくなってChromeへ。このXPも寿命かな。でも何か良いソフトをみつけるか。
2010/09/24 Fri 10:35 From web

0




AutoPage最新お知らせ