(長月廿四日) 顧客に近い経営者  経済

P&Gは世界最大の日用消費財メーカーで売上げは8兆円以上あり、従業員は約14万人いる世界屈指の大企業である。そのトップ経営者の行動は、「社用車に乗って秘書と共に動き、社内では広い個室に陣取り、会う人間は限られた種類の人たち」という、日本人が大企業経営者に対して抱く印象と大きく異なっている。

大企業トップつまりP&G最高経営責任者ボブ・マクドナルド氏自らが、新興国の消費者の自宅を訪問し、自分でその家に(自社商品に限らず)どんなモノがおいてあるかを調べて回っている。これが、たまたまの大名行列による視察(日本のトップが良くやっている)では無い事は、中国の上海の庶民の家を「まるでマツモトキヨシの店舗」という言葉で称していることで分かるだろう。

他の国の一般家庭も数多く訪問しているから、それとは異なる家庭内の状況という事を言いたいのだろう。マツモトキヨシという店舗名を出したことでマクドナルド氏は、同社の
商品を販売する小売業の店舗も数多く訪問していることが窺える。同氏の経営が、会議室での部下への指示による経営ではなく、「自社商品が売られ、使われる現場で、現物を見て、現実に合った指示をしている」経営ということだ。

「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」という青島刑事の台詞そのものの経営というわけである。花王もこの相手じゃしんどいはずである。
0

(長月廿参日 下弦) 日本シリーズ  スポーツ

中日Vsロッテというのは地上波では価値がないということだろうか。全国ネットのキー局が中継しないと当のマスコミが騒いで何になるのだろうか。

それはともかく野球は投手次第という初戦だった。しかしロッテ、成瀬はこうも自信溢れる投球を出来るピッチャーだっただろうか。クライマックスの好投を再び出来るというのは大したものである。でも大松の怪我はどうかな、ここ一番という時の長打があるだけにロッテには痛い。

でもオタク的には面白い組み合わせだと思うが、長引きそうな気もする。それは両チームとも絶対的な決め手がないのである。
0

(長月廿弐日) 日銀の言い分  金融

日銀は28日の金融政策決定会合で、日本経済の見通しを示す「経済・物価情勢の展望(いわゆる展望リポート)」をまとめた。2012年度の予測値を初めて公表し、消費者物価の前年度比上昇率を0.6%と見込んだ。1%程度の上昇が見通せるまで利上げしない方針を示しており、ゼロ金利を今後2年以上続ける姿勢をにじませる内容となった。とは今日の日経の記事であり、他紙も同様の内容である。つまり今日の新聞論調は「ゼロ金利が長期化する」である。

しかし、市場は全く逆に動き、金利が上昇する可能性も少なくないのではないか。なぜなら、日銀は展望レポートに記した数字で、「物価は近く強含む」と考えを変えたと思わせる数字を入れているからである。前回7月に出したレポートに比べると経済成長率(GDP)は下方修正したが、企業物価指数も消費者物価指数も前回のままである。市中のエコノミストの多くはコア消費者物価がマイナスになると見ている中で日銀だけがプラス予想なので、際立った差がある。

国内需要が減るとは、供給過多になる事を意味する。モノ余りで売れなくなるから、企業は価格を下げて売って売上げを確保するようになる。つまり、国内需要が減ると物価は需要減少以上に大きく下がる。にもかかわらず、物価が前回と変わらないという数字を出した事は、日銀は需要減でも物価が上昇傾向にあるという特異な考えを持っているということになる。

特異な考えとは、「金利を長い間、ゼロ金利にしたくない。よってできるだけ早く金利を上昇させたい」ということだ。私のように「日銀が早く金利を上げたいと思っている」と考える投資家が多ければ金利は上昇する、というわけである。経済実態はデフレが深刻化してゆくほか無いが、金融政策当局は現実を認めたくないということだ。
0

(長月廿壱日) 老後の不安  社会

ある生保の調査によると、長生きを“不安”と捉える人が回答者の約9割、長生きを“リスク”と捉える人も約7割だという。長生きを不安に感じる理由は「お金」、「病気・入院」、「介護」である。45歳以上の人で「20代−30代の頃に長生きに向けて備えていなかったが、準備(節約・貯金)しておくべきだった」と思う人が5割もいる。

まあ、多くの人が歳をとって真面目に老後のことを考えなきゃいけなくなると、その長さ(60歳の女性の2割は96歳まで生き、5割は89歳まで生きる。男性の2割は91歳まで生きる)に驚くだろう。若いうちは「定年は人生の終わり、あと少しの余生」と思っているが、実は人生の3分の1もの期間がある。その間の収入の柱は公的年金で、ガタがきだした身体には病気や介護の心配が強まっている。

長生きを「不安」「リスク」と思うのも当然だ。「貧乏人は医者にかかるな! 医師不足が招く医療崩壊」「高齢者医療難民」「介護崩壊」「定年夫は、なぜこんなにじゃまなのか?」等々の本を読めば、老後の切実な生活が思い知らされる。大企業の「定年接近者向け講習」など、講師が若くて現状と将来見通しに不案内なため、現実離れした楽観話ばかりなのですよ。
0

(長月廿日) 予算委員会  政治

10月1日から始まった176回臨時国会冒頭の内閣総理大臣所信表明演説で菅首相は「今国会の最大の課題は経済対策のための補正予算の成立である」と述べた。しかも衆議院予算委員会は国会開催前の9月後半から始まっていた。予算委員会は予算について討議する場であり、補正予算とは早急に法案を成立させて執行しないと、景気がもっと酷くなるから慌ててするための予算ではないのか。

しかし、予算委員会がスタートして緊急に成立を要するはずの補正予算は未だに国会に法案提出されていない事が今日の新聞記事で分かる。今まで何をしていたのか?

日本経済は、良い悪いは別として、輸出の増加とエコカーやエコ家電等の補助金を柱に世界同時不況から立ち直ってきた。輸出は足許の円高と世界全体の貿易数量急落によって落込みが厳しい。内需は勤労所得が前年から下がり、社会保険料増額等による可処分所得減少が続き落込む一方である。

今回予定されている予算案が適切かどうかは大きな疑問だが、一刻も早く法案瀬を成立させて、景気の刺激としなければいけない状況ではないだろうか。先週の奄美大島の大雨災害に対しても、現地に飛ぶとかいうスタンドプレーはともかく、一切の発言も無かったことから分かるように現実に国民生活に起きていることとは無縁の存在のように見える現政府なのである。菅首相は「最小不幸社会をつくります」と演説したが、現在の政権運営を見ると「最初に不幸社会をつくります」といっているに等しいのでないか。
0

(長月壱拾九日) CD不況  社会

日本レコード協会によると年次の音楽パッケージソフトの総生産金額のピークは1998年で6,075億円だったが、10年後の2008年には約半減の3,618億円にまで減少している。

理由としては、2つが直ぐ思いつく。
1)主ユーザーの10代の人口の減少
2)利用形態がCD視聴から、PCダウンロード経由の携帯音楽機器利用や着うたにシフトしたこと

だが、最も大きいのは若者の意識の変化ではないか。今「CD」が若者になんと呼ばれているかご存知だろうか。「マスター」だ。要はコピーの元という意味である。

誰かが新しいCDを得たら、クラス内外の知人友人に回覧される。回覧されたマスターは、iTunes等でPCに取り込まれると直ぐに次の人に直ぐに回される。一通り回覧されたらマスターは不要なので、BOOKOFFへ。昔は歌詞カードや写真が保有する理由だったが、今ではiPodに歌詞も入るし、写真はWEBにもっといいのが沢山ある。

CDは、たまれば部屋に巣食うゴミなので、無い方が良いのだ。音楽が好きな人なら沢山のCDを保有することになるが、「あれ聴きたい」という時にCDを探すのが大変だから、ほとんどの人がiTunes等で検索しているはずである。

着うたが割高なのに人気なのも理由がある。多くの10代の携帯料金は、家族分まとめられて親が一括して支払っている。子供の携帯料金明細に着うたダウンロード代とは書かれず、まとめて請求される。(当方経験済み)つまり、着うた料金は実質タダ。タダだからCD買うより安いのだ。

逆に若者の音楽視聴量は、街を歩けば半数以上の人がイヤホンしている(かくいう私のその一人)ことから、かつてなく大量の音楽が聴かれている。CD不況なのではなく、音楽産業のビジネスモデルが若者の行動変化に対応できずに陳腐化しているに過ぎないというわけである。
0

(長月壱拾八日) 鳶に油揚げ  社会

トビは本来警戒心が強いので、人間には近寄らないことが多いのがトビの本来の生態である。しかし、古来から「鳶に油揚げをさらわれる」のことわざがある通り、人間に慣れた場合、隙を狙って人間が手に持っている食べ物まで飛びかかって奪うことがあり、最近このような事例が増えて問題となっている。

特に神奈川県にある江ノ島では、トビの大群が見られ、弁当や肉まん、ハンバーガー、ハムカツサンド等を狙われる事が多い。また、京都市の鴨川でもトビが群生しており、子供がトビに菓子を盗られて怪我をするなど、被害が増えている。

同じ京都の宇治川の宇治橋では毎日ではないが、週に二回程度、橋から油揚げを投げて餌付けをしているおっさんを見かけることが出来る。元々警戒心が強い鳶だが、ここのは慣れているようでほぼ毎日この油揚げを期待してJRの鉄橋の上でたたずんでいるのである。しかし宇治は南に山で宇治川の流れは北へと流れる。長年阪神地区に住んでいる私には、なかなか馴染めない朝の一コマでもある。
0




AutoPage最新お知らせ