(神無月廿五日)  ウィキリークス  社会

内部告発を専門にしたサイト「ウィキリークス」が28日からインターネット上で米国の外交公電を流し始めた。機密扱いの文書の大量流出は、イランや北朝鮮への対応など世界の安全保障政策の根幹にかかわる内容を含み、米政府は対外的な信頼の低下に危機感を強める。日本でも国際テロ関連の文書の流出が問題になる中、ネット社会の情報公開やメディアのあり方を巡る論議が広がりそうだ。

と各紙は伝えているが、ウィキリークスの掲載する情報は、情報提供者から様々なサーバを経由してウィキリークスに届けられた後、世界各国の協力ジャーナリストが真偽をチェックして乗せられる仕組みである。

今回の25万点の米外交公電は公表に先立ち、アメリカのニューヨークタイムズ紙、イギリスのガーディアン紙、ドイツのシュピーゲル誌、フランスのルモンド紙、スペインのエルパイス紙が事前に全ファイルを提供されていて、公開と同時にそれぞれが大きく伝えた。現在のウィキリークスのサイトには251287件中の278件しか公表されておらず(30日朝現在)たいした情報はまだウェブには載っていない。上記以外のマスメディアは、事前提供された5社の記事に頼ってニュースにしているのが現状だ。在日米国大使館からは4番目に多い6000件弱の公電が暴露される見通しだが、日本のメディアに情報が事前提供されたかどうかは不明だ。

1991年にソ連が崩壊し、米国が敵無しの超大国の地位についた。当初はこれで、自由主義社会が世界中に浸透する等と好意的に見られた。だがしだいに米国に行き過ぎた行為があったときに牽制する存在を失ってしまったと分かってきた。9・11以降、テロとの戦いを宣言して以降、任意に敵国とみなした国を侵略攻撃する、常に交戦状態にあることを続けるようになっても、誰も諫められない。諌めるものが誰もいないで権力を持つものは必ず圧倒的に腐敗する。そして、都合の悪い事は隠すのが権力者の理だ。

規模が大きくなったメディア企業もまた権力を持ち、上位の権力者に擦り寄るものである。ウィキリークスの今の形態が良いかどうかは私には分からないが、今の世界にとっては絶対に必要な存在である事は間違いないのではないか。
0

(神無月廿四日 下弦) 毎月分配型投信  金融

朝日新聞に「海外に投資とは…毎月分配型の投信購入者の6割知らず」という記事が出ている。ほんまかいなと疑いたくなるし、どういうサンプル調査だと思う。これでは販売した証券や銀行は即時法令違反で逮捕状態である。新聞社の記者は自分が書いたことの重要度を認識していないのではないかと思うぐらいだ。

そもそも投資の数少ない鉄則の1つは「知らないものに投資するな」である。最近の為替予約の損失で倒産という話も多いが、この原則を本当に守ったのだろうか。でもこの事態をデリバティブが悪いという話にすり替えるメディアが多いのにも閉口するが。知らないものは仕方がない、当たり前の話だ。万能な人間なんていないのだから。ただ、その後の対応で人の真価が決まるというものだ。知らないからと諦めて投資しないか、そのまま投資し続けるのが駄目な人であり、知らないなら、学んで良く知れば、楽しいし未来を良い方に変えられる。そう考える人に福は来るはずである。
0

(神無月廿参日 下弦) 欧州危機  金融

スペイン、ポルトガルなどユーロ圏の金融市場が再び動揺している。アイルランド向け国際金融支援の動きを受け、ユーロ圏の他の国への不安の波及が食い止められるのではとの期待が打ち砕かれた格好だ。メルケル独首相はドイツ経済界の会合で演説、アイルランドの危機はユーロ圏にとって「極めて深刻」なものであると厳しい見方を示した。アイルランドへの支援にもかかわらず、信用危機が他のユーロ圏諸国に広がる兆候をみせていることを示したこの発言で、欧州の債務危機への悲観的な見方が強まった。北朝鮮が韓国に砲撃を加えたことも、「安全への逃避」を誘いユーロ相場を圧迫した。

アガサ・クリスティの有名な小説の「そして誰もいなくなった」を思い起こす。

ユーロ圏内の金融危機は、この小説どおりに進むのではないかという懸念が投資家の中に出だしている。金融危機の基本構造が、ギリシャなりアイルランドの銀行が多額の資金調達をユーロ圏内の大銀行からして、国内に貸し付けたものの、回収できなくなり、自国政府に泣きついたものの、資金不足の政府は救済資金が無いのでECBや欧州の救済ファンドに出資を求めるものである。

ギリシャもアイルランドもECBや欧州の救済ファンドに参加し、応分の出資をしているが、危機でお金を受取る方に入ると、出資は漫才になるのでしなくなる。つまり、危機に陥るたびに、欧州の救済ファンドの額は減ってゆくのだ。スペイン、ポルトガルの事情はアイルランドに酷似している。不動産投資で大きなバブルが生まれ、弾けた。若者の失業率は4割を越えたままだ。

不良債権処理をせずに騙し騙し帳簿を弄っているだけだから、アイルランドと同じ事態になる事は周知だから、誰もが西・葡政府や銀行に貸したがらないで、国債金利、CDSスプレッドが上昇する。そして、借入額は他国より大きく、危機の影響は更に大きくなる。そうなれば、救済するための資金が増えて大きくなる一方で、出資国や出資額は減る。救済しなければ貸込んでいる独仏英銀行などが破綻してしまう。

西・葡の危機が通り過ぎたら、次は同様のイタリアかとなるだろうし、西・葡やアイルランド、ギリシャに貸している銀行を抱える独仏英が危ぶまれるようになる。つまり、救済できる国が無くなるまで危機は進行する。まさに「そして誰もいなくなった」となる。
0

(神無月廿弐日) エコポイント  プライベート

世間並みに地デジ対策の薄型TVを購入するためにエディオンGのミドリ電化へ。テレビ報道で行列になっていると云われていたので、時間がかかるのは覚悟したが、最近の公取委の指摘でばたばたしているのかそのような状況でもなく、時間をかけずに手続きを終えた。この手の選択は五十歩百歩と思っているので、32型の日立製を49000円でゲット。エコポイントが12000円なので37000円だからまずまずじゃないですかね。

それにしても売れ筋商品は年内集荷が無理で来年になるようであり、その頃にはエコポイントも車の時と同じように途中で打ち切りになる可能性もありそう。そもそもエコポイント申請はTVが届いてからですし。
0

11月26日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
11月26日 つぶやきまとめ


22:27
KAMANARIYAのシュークリームって、結構美味いですな。行列が出来るはずだ。
2010/11/26 Fri 22:27 From web

0

(神無月廿壱日) KAMANARIA  ぐるめ

京都宇治の宇治橋の近くに菓子工房「KAMANARIA」がある。今日から3日間はオープン3周年ということで大感謝祭を催していた。朝から大変な行列で吃驚したが、やや収まったところで早速評判のシュークリームを購入。思った以上に大きくて当初より少なめに買ったが、それでも551の豚まんぐらいの大きさで、これが通常180円のところが130円なのだから人気となるはずである。駐車場も満杯で大賑わいである。でも我が家はシュークリーム大好き人間が多いので、私の口に入るかどうかは不明なのだ、ははは。

京都は紅葉シーズンの真っ盛りで観光客も多いが、地元の人はこのイベントを楽しみにしているようだ。シュークリームの他にも美味しそうなケーキも多く、シラシを見た愚妻が今度行ってみたいという。最近ドライブ大好きな娘と一緒に年内にでも行ってみましょうかね。
0

(神無月廿日) ジャパン シンドローム  経済

英誌エコノミストにジャパン・シンドローム」と銘打って18ページの特集が掲載されている。内容はこれまでも既に指摘され続けたことが多く、いまさらという新鮮みのないものだが、いつまでもこの調子で日本は叩かれるのかと思うと少々情けない。まず、今の経済の停滞とデフレの根本的な処にあるのは、少子高齢化にともなる人口減少であるとしている。でもこれはいわれなくても周りを見れば分かるというものだが、ここは天下のエコノミストのいつもの名調子が続くのである。

労働人口の減少については「一人当たりの生産性をあげて労働人口の減少分を補う必要があり、その為には労働者のスキルを上げるか、賃金を引き下げてより競争力のある製品を作って海外に売り込む。」必要があるとしているが、だいたい今の日本でどのくらい生産性が上がるのか分からないし、そもそも今から身につけるスキルってなによ、といいたくもなる。まさか、英語とかでもいうつもりかな。それに賃金を引き下げてというが、そういう不人気な政策を取ればどうなるかは、今の英国の学生の大規模なデモを見れば分かるだろうが、足元のことにはエコノミストは我関せずというところのようだ。

「規制緩和をして新規企業活動をやりやすい環境を作れ」
「労働人口減少を補うために、女性の労働市場への進出を促進せよ」
「退職者の年齢を65歳まで完全に引き挙げよ」
というが、どれもありふれた話だし、最近の学生の就職難を考えれば、いつまでも働いている者がいれば、ますます若者の就職難が続くだろうし、企業のポスト減らしが進んでいるのに、男女平等で臨めば男性の管理職候補があぶり出されるということにつながる。確かに女性の優秀な方も多いが、男性はますます競争が厳しくなるようだ。

ではこの指摘に対してこう答えるのか、ノー天気な菅首相に代わって、私が明日お答えしましょうかね。眠い。
0




AutoPage最新お知らせ