(神無月壱拾参日) KDDIとの闘争?  プライベート

現在KDDIのauと過払い問題で大論争というか折衝中である。事の起こりは10月から派遣の仕事をするようになってから、帰りに駅まで迎えてきてもらうために愚妻に連絡を取り始めたことにある。もうずいぶん立つが愚息どもがソフトバンクに乗り換えたので、父親でなく母親とは話が多いので、愚妻の携帯をソフトバンクに乗り換えたので、私のauから電話するよりもau携帯から自宅割で自宅の固定電話にかければフリーなので、おもにそうしていたのだ。ところが11月の請求が異常にたかいのでなぜだろうと料金明細を取り寄せてみたら、びっくり!なんと普通に自宅への通話が課金されているのである。

そこでauに大文句をしたところ、なんと対象となる電話番号が自宅の固定ではなく、携帯番号になっていたのである。自分の携帯から同じ携帯に電話できるわけないだろうが!あほと。調べてみるとauの大阪堺筋の本町ショップでこの手続きを取った2年半前以来、この状態になっていたのである。そんなに使っていなかった(そのときは愚妻もauだったので)ので分からなかったのだ。

何度かの交渉で知ったのだが、auは料金明細は半年しか、さかのぼれないとのこと。つまり2年分は泣き寝入りせよということだったので、私は切れました!!!!!

とことんやってやろうじゃないか、覚悟しておけよ。
0

(神無月壱拾弐日) 就職難  社会

来年春に卒業予定の大学生の10月1日時点の就職内定率が57.6%で、前年同期を4.9ポイント下回ったことが16日、文部科学省と厚生労働省の調査で分かった。「就職氷河期」と呼ばれた2000年代前半を大きく下回り、現在の方法で調査を始めた1996年度以降で最悪となった。

先日の朝日新聞では、家庭の年収に対する教育費の負担割合が4割近くに上ることが、日本政策金融公庫が今年度、国の教育ローンの利用世帯を対象に実施したアンケートで分かった。調査結果によると、世帯年収に対する小学校以上の子どもの在学費用の割合は、平均37.6%。2009年度の33.7%から3.9ポイント増。世帯の平均年収が09年度の592.6万円から572.5万円に減少した一方で、授業料や通学費、教科書代といった在学費用が増加したという。年収200万円以上400万円未満の世帯は在学費用が166.7万円で年収への負担割合は56.5%に上った。09年度の48.3%から大幅増で、他の年収世帯層が2〜3台なのに対し、負担の重さが顕著に出ている。年収800万円以上の在学費用は237.8万円で、年収が高い世帯層ほど教育費が高い。高校入学から大学卒業までにかかる受験代や入学金、授業料などの1人あたりの費用は1059.8万円で、09年度から52.1万円増加した、という。

欧州では原則的に教育費がただである。親の収入が低くても、失業や病気をしても、子供は高等教育でも通学し続けることができる。日本は異なる。総所得の37.6%も教育費にとられる。400万円未満の収入世帯なら所得の半分以上が教育費になるという恐ろしい事態なのだ。教育費負担もしくは、教育費への貯蓄が無ければ、他の消費支出に向けられていたはずなので、その分経済が縮小し、景気を悪化させることになる。総所得の4〜5割もの教育費をかけても、就職内定率が6割を切り、かなりの数の大卒者が非正規雇用者(フリーター)をせざるを得ないのである。

しかも正規雇用者(正社員)になっても、今の大卒雇用の多くはチェーン展開の小売り、外食の頭を使うことを否定される現場社員であることが多く、3割以上の新卒者が早期に離職する。その少なからぬ数がまたフリーター化する。一旦、フリーターになると正社員になれる確率は3割以下になるから、一生非正規雇用者は約4割にも達するということになる。大卒男子の生涯獲得賃金が約3億円だが、非正規雇用者の場合は激減し1億円未満である。

生産年齢人口が1995年からマイナス化し、日本のGDP経済成長率に年平均1%のマイナス効果を与えているが、その賃金も4割の人が、3分の1になるのだから、経済が発展するどころか大きなマイナスになる。これだけ高負担の教育費を支払っても、まともに仕事も獲得できずに稼げないのなら、高い金払って学校に行かなくても同じことと親の教育熱と子の学習意欲が冷えるのが自然だろう。そうでなくても「今の学生は学力不足で採用できない」と、採用を控えたり、海外から採用する会社が増えている。

要は今の教育が産業界のニーズに合っていないと言う事である。この日本の教育制度と質の悪さが、日本経済の衰退に長期で大きく寄与していることを指摘すべきではないか。
0

11月16日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
11月16日 つぶやきまとめ


04:45
ただいまauと自宅割の過払い問題で闘争中。相手はミスを認めているのだが、2年半というのもひどいもの。通信記録は半年前までしか調べられないというが本当かね。個別通信記録をたまには取り寄せないと、何気なく引き落とされるだけに消費者は要注意ですよ。
2010/11/16 Tue 04:45 From web

1

2010/11/16(神無月壱拾壱日) 医療保険  社会

先日の日経に「来年3月で35年務めた会社を定年退職します。子供は独立し、一定の蓄えもあります。老いてからの入院や手術に備えるためにも、民間の医療保険に加入すべきでしょうか?(59歳男性)」というのがあった。医療保険を取り扱っている保険会社はCM効果があったと喜ぶべきだろうが、すこし確率計算をすればこの手の回答は出てくるのだ。

「宝くじは、算数ができない人に課せられる税金である。」と言われる。確率計算すると、飛行機事故で死亡する以上の絶望的な成功確率だからだ。保険もその起源を辿れば、宝くじを応用したものだと分かる。そして、確率が当って保険金を支払いすぎ無い様にすることが保険料率計算のイロハだ。

保険、特に入院保険もまた、算数ができない人に課せられる税金である。でも高齢になれば、入院する確率も高く、費用も増えるんじゃないかと思う人も多いだろう。入院する確率は年を重ねる毎に増していく。60才からの20年間の入院確率は、それまでの40年間の2倍になる。60才からの20年の間に入院する確率は53.6%と2人に1人が入院する事になり、平均入院日数も14日と長くなる。一方で保険料も加齢に沿ってぐんと高くなる。保険会社も抜かりは無い。60才からの20年間の平均給付金受給額は、7.4万円(入院確率53.6%X平均入院日数14日)。これに対する保険料の支払は212万円。(月額保険料8820円X12月X20年=212万円)

212万円の保険料を支払って、平均7.4万円の受取ということは保険料に対する受取額は3.5%でしかない。一番当る確率の低いロト6の最低当選確率よりも低い受給率ということに気づいただろうか。高齢だから入院確率が高くなり、不安も増すのは事実だが、計算すると入院保険は一番当らない宝くじよりもっと確率の低い宝くじと同じことなのだ。200万円の予備資金を貯めて持っているのなら、入院保険に加入する意味は無いのである。

0

(神無月壱拾日) ガトーフェスタ・ハラダ  ぐるめ

梅田の阪神百貨店の地下の食品売り場で最も行列が出来るのは、ガトーフェスタ・ハラダである。人気の的はフランスパンの生地にバターやグラニュー糖を塗ってオーブンで焼きあげたラスクである。一袋に2枚入ったのが13袋ある945円のラスクが一番の売れ筋だが、この値段の割には美味しいのがミソである。

阪神をはじめ全国8つの百貨店に店を出しているが、群馬県高崎市にある本社の売店までラスクを求めて足を運ぶ客も多い。なにせ1時間待ちは当たり前で年末にかけては倍以上の時間待ちになるからである。オンラインショップもあるが待ちきれないという人も多いのだろう。

私も暇人の時に並んで購入したが、くせになる味でそろそろ食べてみたいという時期になってきた。今は並ぶ時間もないし、通販で申し込んでみようかな。でも年末はどんでもない混み方で12月上旬にオンラインを締め切る場合もあるので注意が必要なんですよ。
0

(神無月九日 上弦) 不吉な予言  金融

「FRBはすでに買われすぎの米国株を、危険なほど割高な水準まで押し上げようとしている。相場は遠からず砕け散る」

資産運用大手のGMOのジェレミー・グランサム共同創業者が米CNBCテレビで語っていた。サムは1980年代末の日本株バブル、90年代の米ITバブル、2007年までの米住宅バブルといった相場の天井をことごとく言い当てた伝説の投資家である。

米国株もやや調整をし始めたが、それ以上に反動安が目立つのが新興国や資源国の株式である。12日に今年最大の下落を記録した上海株をはじめ、ブラジルやインドも3〜4%下落している。ゴールドマンサックスは10日中国株の買い推奨を取り下げている。当局の追加引き締めが確実で短期的に投資の見返りが少ないというのが判断理由らしい。カルパースも商品相場への投資を10分の一に落としたとも云われている。

新興国の成長見通しに変化は無いだろうが、右肩ばかりではないと云うことだろう。サムは墓場のダンサーといわれており、底値を拾うことにも慧眼の持ち主であることをお忘れ無く。
0

(神無月八日) スパーキー・アンダーソン  スポーツ

11月4日に元MLB監督スパーキー・アンダーソンが亡くなった。両リーグを制覇した初の監督でもあったが、私の記憶はビッグレッドマシンといわれた1970年代のレッズの監督時代が印象的である。75、76年のワールドシリーズを連覇したときのメンバーはすごかったが、この監督の手腕も並ではなかった。79年からはデトロイト・タイガースの監督を17年間もつとめ84年にワールドシリーズを制し、両リーグで制覇したのである。

デトロイトの監督をやめた96年のオフに実は阪神タイガースの当時の野崎球団社長がアンダーソンの本に感銘し、監督就任寸前まで進んでいた。年俸や住居も決まっており、後はサインだけだったが、スパーキーの奥さんがわざわざ日本まで行って苦労することはないといってご破算になったのである。

もし、スパーキーが監督になっていたら阪神はどうなっていたのだろうか。
0




AutoPage最新お知らせ