(神無月壱拾九日) 平時と戦時  政治

アメリカ経済が減速しFRBは第2次量的緩和をして、景気回復を目指している。FOMCの見通しの数値が下方修正されたのは、第2次量的緩和前の見通しの再確認だから、驚く話ではない。アメリカ経済がなぜ落込んでいるのか。それは、政府による住宅や自動車購入のための減税等の景気刺激策や軍事費支出の拡大傾向維持をして、景気の持ち上げを図り、民需が盛り上がるのを待って、財政支出を止めようとしたからである。

アメリカ政府の予算推移を見ると、今でも社会保障費や他の経費が減る中で軍事費だけが増えていて驚かされる。期待したほど民需が盛り上がらず、減税等の景気刺激策が切れたので、下駄が外れて経済成長率が下がったのだ。共和党が下院で勝利し、アメリカの戦争も含む外交姿勢がタカ派にならざるをえないという変化も起きている。

アメリカが輸出競争力を持つ数少ない分野は軍需産業でもある。米軍需産業は、イラク問題が落ち着いた今は、需要の低下で見通しが暗くなっている。低迷するアメリカ景気を活気付け、イラクやアフガニスタンで傷付いたアメリカ帝国の威信を取り戻したいというのが、大統領の願いだ。

昨日の北の火遊びも、TPOを選ばないと火事になる。

横田にある在日米軍総司令部の建物の前には、旗が3つある。1つは、星条旗、1つは日の丸、残りが国連旗だ。横田基地は現在は休戦中の朝鮮戦争に展開した国連軍であり、他のいくつかの在日米軍基地も同様。国連軍として米軍が北朝鮮に対して軍事行動を起こす場合は、日本政府の事前承認なしに動くことになっている。
0

(神無月壱拾八日 勤労感謝の日) 新嘗祭  プライベート

サンクスギブンズデイとか新嘗祭とか、とかくこの週は収穫に感謝する週だが、さいきんというかアメリカの金融は11月決算の会社が多く、最近は〆の月という幹事かも知れない。まあ、かもになった会社には気の毒だが、なかなかwin-winという関係は出来にくいだけにどちらかが苦い思いをする週かも知れない。

さて今年の収穫は10月から派遣ではあるが、とりあえず定職につけたことだ。でもまわりの女性陣と変わらぬというかバイト感覚の仕事にはイマイチ馴染めないのが現状。わずか2ヶ月だが、やっぱり正社員でない悲哀を感じることが多い。仕事にありつけることに感謝すべきだろうが、人とすればやはり向上心を求めたいものだし、キャップのついた仕事というのは緊張感がないのでちょっと辛い。同時進行している案件が目鼻つけばいいのだが、それも難しいものがある。

とりあえず仕事についていろいろ考える日である。
0

(神無月壱拾七日) いい夫婦  プライベート

1122と「良い夫婦」をかけた日らしいが、我が家には全く縁のない日でもある。といいても別に夫婦仲が悪いとかいうのではないのでご心配なく、ははは。

というか特段取り立てていうほどもなく、たんたんと過ごしているだけである。たんたんがお互いに「だんだん」ということであれば幸いなことである。12月から再開される坂の上の雲では秋山兄弟と子規のふるさとが松山と云うことで、伊予弁が多用されるのだが、このなかでいかにも愛媛らしいのが「だんだん」である。

だんだんとはおおきにである。つまりthank youである。世の中というか夫婦の間は「だんだん」という感謝の心で過ごしていければ、これ幸いということである。私にとって愚妻は私の悪い癖をきちんと指摘してくれるパートナーでもある。人間、なかなか人の欠点を指摘してくれる人は少ないものである。大事にしなくちゃね。
0

11月21日 のつぶやき  

bozz56 http://twitter.com/bozz56
11月21日 つぶやきまとめ


06:10
今日からiPhoneユーザーになりました。確かに便利。
2010/11/21 Sun 06:10 From Twitter for iPhone

0

(神無月壱拾六日) KDDI白旗  プライベート

自宅割を2年半にわたって課金していたKDDIというかauと交渉がまとまり、来月の請求から通話料を調整することで決着した。といっても文面をかわしたわけではないので、来月の請求書をみて確認ということになる。多分4万から5万ぐらいと思うけどね。

しかし何気なく書いてしまう契約書、特に携帯等の付加サービスは良く確認しないとえらい目にあうということだ。最近はネットでの請求、カード及び口座引き落としということでいつの間にか精算が終わってしまうので、少しでもおかしいと思えば調べる癖をつけないと駄目ということだ。

やはり自分ことは自分でという自己責任の世界はすごそこに転がっているのである。
0

(神無月壱拾五日 望) 新規参入  社会

ファミリーマートが葬儀ビジネスに参入する方向で検討を始めたらしい。成長産業が少なくなった日本において葬儀産業は成長産業でもある。現在日本の年間死亡者は約110万人だが、年齢構成から見ても当面は年2%程度の死亡者数の増加が見込まれている。これを目当てに新規参入を考える処は多いようだ。

そもそも葬儀の適正価格がよく分かっていないという致命的な問題があることはいうまでもない。しかし全日本仏教会などは「仏教精神を踏みにじった」と非難囂々の状態である。

しかし死者を祭るのが葬儀だが、そもそもこの考えは仏教には根本的に無いということをご存じだろうか。釈迦はまじないも葬式もするなとした。仏教では霊魂は輪廻転生するものという教えが一番だったのである。

そういえば仏壇の中に鎮座する位牌。霊が宿るとされる。位牌は仏教とは関係なく、実は儒教の道具なのである。仏壇に位牌があるのは江戸時代に始まる、世界でも日本だけの新しい習慣であり、葬式仏教という今の仏教と葬儀のスタイルは、江戸時代初期の儒学者、林羅山が作り上げたものである。

為政者の徳川家康は武力だけでない支配を強めるため、キリシタン禁制の名のもとに、宗門寺請制度や寺院法度等で、国民全員がどこかの寺の檀家として組み入れられ、藩外に出るときは、檀那寺から手形を発行してもらわなければいけなくなった。もちろん僧侶も屋外での自由な説法が禁じられた。布教の自由も禁じられた。しかし寺院は全国民から檀家布施を受取れるから、それまでのように、帰依しないと地獄に落ちるぞと脅して教化せずとも良くなった。仏教の本分である厳しい修行や戒律厳守しなくても金は回るのである。

為政者や仏門側はハッピーだが、布施を強制的に巻き上げられる檀家の全国民が不満となる。その不満解消に、葬式や祖先供養という儒教のシステムと日本古来の祖先も含む八百万の神への信仰を組み合わせたのが林羅山だ。林羅山のシステムは、家康配下の南光坊天海や金地院崇伝を使って、仏教界に広まった。この林羅山という江戸時代の儒者であり為政者の作った封建システムが今も我々の伝統として残っているのも凄いことではないか。
0

(神無月壱拾四日) バーナンキの裏技  金融

FRBのバーナンキ議長が先週末行った講演で議長は「インフレ率は、長期的なFRBの2つの責務に最も整合性があると連邦公開市場委員会(FOMC)が判断している水準に比べ、低過ぎる」と指摘。「2つの責務」とは物価安定と低失業率の達成である。米国の失業率を引き下げることがFRBで第一の仕事になっている、というバーナンキのメッセージは、これ以上ないほど明確だ。バーナンキ議長が言わなかったことに、さらに強い印象を受けた。4000語近くインフレについて語った部分で、議長は一度もドルの価値について言及しなかった、とWSJが伝えた。

バーナンキ議長のこのスピーチを受け、「FRBは追加緩和をする」と市場が受取り、債券、株式市場が好感して上昇。為替も悪材料出尽しと見てドルが買い戻された。発言の中でFRBが重視するインフレ率については、ここ数ヶ月アメリカの消費者物価が下落したため、名目金利からインフレ率を差し引いて求められる実質金利が急上昇してマイナス2%弱から0.8%になった。このため、アメリカと欧州間の実質短期金利が同じ水準になった。ちなみに、実質短期金利が最も高いのは日本で2%近くもある。これを、短期金利はゼロなので下げられないが、量的緩和でデフレからインフレに戻すことで、実質金利を下げようというわけだ。

講演や記者会見の際に、メディアは「何を語ったか」を主にニュースにされる。しかし、「事実」は語られた内容だけでない。語られなかったことがあることも「事実」なのである。語られなかったこととは、言いたくないことか、考えていないことだ。語ったことと、語らなかった事を両方考えれば、その人がどんな考えか見えることがある。

WSJの記事はは話したことの他に、話さなかった事として米ドルについて語らなかったと着目した。FRBは財務省と並んでドルの貨幣としての価値に責任があるにもかかわらず!ドル安は通貨の価値を下げ、輸入インフレを招くので、その経済成長への影響もFRBは考えなくてはいけない。そしてデフレからインフレ変える容易な手は、通貨価値を下げて輸入インフレを起こせばよい。しかしあえて書かないのは、ドル安が望ましいと考えても、話せば急速な為替の動きに繋がるからに過ぎない。

よって、講演の結果の一時的ドル高は作戦成功といったところだろう。
0




AutoPage最新お知らせ