2010/11/16(神無月壱拾壱日) 医療保険  社会

先日の日経に「来年3月で35年務めた会社を定年退職します。子供は独立し、一定の蓄えもあります。老いてからの入院や手術に備えるためにも、民間の医療保険に加入すべきでしょうか?(59歳男性)」というのがあった。医療保険を取り扱っている保険会社はCM効果があったと喜ぶべきだろうが、すこし確率計算をすればこの手の回答は出てくるのだ。

「宝くじは、算数ができない人に課せられる税金である。」と言われる。確率計算すると、飛行機事故で死亡する以上の絶望的な成功確率だからだ。保険もその起源を辿れば、宝くじを応用したものだと分かる。そして、確率が当って保険金を支払いすぎ無い様にすることが保険料率計算のイロハだ。

保険、特に入院保険もまた、算数ができない人に課せられる税金である。でも高齢になれば、入院する確率も高く、費用も増えるんじゃないかと思う人も多いだろう。入院する確率は年を重ねる毎に増していく。60才からの20年間の入院確率は、それまでの40年間の2倍になる。60才からの20年の間に入院する確率は53.6%と2人に1人が入院する事になり、平均入院日数も14日と長くなる。一方で保険料も加齢に沿ってぐんと高くなる。保険会社も抜かりは無い。60才からの20年間の平均給付金受給額は、7.4万円(入院確率53.6%X平均入院日数14日)。これに対する保険料の支払は212万円。(月額保険料8820円X12月X20年=212万円)

212万円の保険料を支払って、平均7.4万円の受取ということは保険料に対する受取額は3.5%でしかない。一番当る確率の低いロト6の最低当選確率よりも低い受給率ということに気づいただろうか。高齢だから入院確率が高くなり、不安も増すのは事実だが、計算すると入院保険は一番当らない宝くじよりもっと確率の低い宝くじと同じことなのだ。200万円の予備資金を貯めて持っているのなら、入院保険に加入する意味は無いのである。

0




AutoPage最新お知らせ