(霜月廿九日) 社会人の強かさ  スポーツ

正月スポーツで私が密かに楽しみにしているのがライスボール。もともとラグビーも日本選手権は社会人と学生の王者対決だった。ラグビーはその差があまりに大きくなったため、今のトーナメント形式が取られているが、アメフトだけは未だそのスタイルを継承している。時間のある学生と経験のある社会人の対決は選手の能力以上にベンチワークをどう活かすかが問題なのだ。

今日の立命館はすべてが裏目に出た。本来はランがメインなのにオービックのデフェンス陣にことごとく止められ、仕方なくパスを繰り出すが全く通らない。これでは試合にならないし、立命の守備陣も相手の圧力をかわせず力尽きた。立命の攻撃パターンを熟知したオービックのビックプレーが続出すれば、時間のあるスポーツの悲しさで修正が出来ないままジエンドとなった。

社会人の強かさといえばそれまでだが、学生にもう少し謙虚さがあればもう少し違ったゲームになっていただろう。ラグビーと違って体力体格だけでは勝てないことを改めて示した。立命の雪辱というかリベンジに期待したい。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ