(師走廿弐日) 左遷とお詫び  社会

まだ仕事も始めていない私が左遷されるわけでもなく、またお詫びをする事由もない。今日は左遷の日であり、お詫びの日であるのだ。

左遷というと都を悪霊の祟りに落とし込んだと云われた右大臣・菅原道真が901 (延喜元)年が醍醐天皇によって九州の大宰府への左遷である。道真の才能を妬む左大臣・藤原時平の策略により、醍醐天皇は道真のことを逆臣と思いこむようになり、901年1月25日に菅原道真を大宰権帥に左遷した。それで今日が左遷の日なのである。今日左遷された人は道真に思いをはせるか、なんてそんな余裕なんて無いでしょうが。

そしてお詫びの日。これは1077年1月25日から三日間、雪の中で裸足で城の前に立った神聖ローマ帝国のハインリッヒ4世がローマ教皇、グレゴリウス7世に波紋の許しを乞う「お詫び」をしたからである。そう、あの「カノッサの屈辱」ですよ。

それにしても左遷とお詫びの日って、1月25日生まれの人にとってはたまりませんな。おっと、今ファールを取られた今野が今日誕生日っていってなかった。負けたら左遷とお詫びですな、彼は。(PK戦で川島が奮闘!延長ロスタイムで同点にされたときはアカンと思いましたが、よかったよかった)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ