(睦月五日) 情報の垂れ流し  

相変わらずライブドア事件関連のニュースが垂れ流されている。もうそろそろ次席検事のエサをつつくのは止めたらどうだろう。

しかし、弁護人以外とのすべて人との面会を禁じ、睡眠とわずかな食事時間を以外、ずっと取調べ「知らなかったはずはない、なぜなら〜」という理詰めのストーリーをつきつけ、「宮内らはもう落ちた(自白した)。他の役員は、堀江社長も知っていたと供述している。」「否認しても、他の証拠で有罪だ。」と言い続けられているのではないか。さらに弁護人からは「このままでは裁判が終わるまで○年かかる。その間、接見禁止は解除されない(=弁護人以外とは家族でもあえない。)という「刑事裁判の常識」が告げられているはずである。そんななかでホリエモンが否認し続けているというのは驚くばかりだ。何が彼を支えているのだろうか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ