(葉月四日) 大地の子  

かつてNHKドラマの傑作といわれた「大地の子」は上川達也が好演し、彼の出世作である。残留孤児である陸一心の名前を覚えている人も多いだろう。その大地の子がCATVで放映されている。NHKが放送70周年を迎え、日中国交回復20周年の1995年に作られた作品だが、いいドラマはいつまでも心に残るものである。特に中国の義父を演じた中国人俳優は本当の父親のようで何度見てもその卓越した演技は見事である。

戦争が人々の人生を狂わすのは古今東西繰り返されてきたが、我々日本人は中満国境から雪崩のように襲い掛かってきたソ連兵による悲劇を忘れてはならない。その後の新中国において仮想敵国である日本にDNAがある孤児の苦難は筆舌に尽し難い。その日本人を上川達也は流暢な中国語とともに熱演し、涙無しでは見ていられなかった。この歳になると、涙腺が弱くなるのは仕方がないかもしれないが、日中の俳優の熱演がそうさせるのかもしれない。

名もなき多くの孤児は陸一心のようにはいかなかっただろうが、あの大地で逞しく育っていった日本人を誇りにしたい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ