(如月壱拾参日) 講演会  

ローマ人の物語15巻を書き上げた塩野七生氏が凱旋将軍の如く、日本に帰ってきたのを機会に新潮社が先週東京、そして今週は今日が大阪、明日が京都と講演会が続く。月刊誌「フォーサイト」の購読者の私にも招待状が届いたので、ロイヤルホテル隣の大阪国際会議場に向かう。しかし、休日のJR西日本というのはダイヤの遅延がひどい。例の事故からゆとりダイヤにしたはずだが、どうなっているのかわからない。東西線の新福島駅から堂島川を渡って川辺の遊歩道を歩いていると潮の香りがしていた。

定刻14時から始まったが、一時は立ち見が出るほどでスタッフが慌てて補助席を出すなどの盛況ぶりだった。見渡すとう〜ん、女性が多い、それも年配の。そして男性はこれもおっさん、じじいが多い。まあ塩野氏の本の容量を考えると暇な人が多くなるのはしかたがないか、ははは。さて講演開始となったが、通常の講演とちょっと違和感があって、なにせ塩野氏が講演会の経験がほとんどないせいか、要領を得なくてマイクの持ち方もぎこちない。10分ぐらいしゃべったら、もう質疑応答である。

まず第一の質問というか、問題提起は多神教社会であるローマと現代のローマ帝国とは言わないがUSAとの比較だった。一神教の原理原則よりも寛容のあるローマをアメリカに望みたいという読者の意見だった。これに対して塩野氏の見解は、同じキリスト教でもカトリックとプロテスタントは価値観が違う。カトリックは人間は弱いものというか間違うものだから一定の規律が必要という。プロテスタントは元々カトリックに対するプロテストなのだから、やはり原理原則を尊重しがちである。そこへイスラムも一神教の原理原則宗教であるから、アメリカとイスラムは宗教上は同じ概念上にいるのではないか。したがって融和というのはなかなか難しい、とのこと。さらにキリスト教はルネッサンスといういわば開放を経験しているのに対して、イスラムは1300年余りほとんど変化がない、ともいう。

なるほどね。だが、私が聞きたかったのはもう一点ある。ローマは共和政から帝政に移行したこと。現代人からみると君主政から民主政に移行するのが歴史と思っているはずである。この答えは明日の京都で語られるのであろうか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ