(卯月壱拾五日) 知人の死  

このところ立て続けに知人の死を知った。一人は兜。雑系応用技術研究所 代表取締役五百旗頭正氏。私が東京にいた時の2000年ごろだったか、カオス理論に夢中になった時期があった。これで全てが解決できるのではないかと思ったりもしていた。そのときに知り合えたのが五百旗頭氏だった。元明電舎のエンジニアだった彼は複雑系応用技術研究所を設立し、当初は医療関連でカオス理論応用の成果を上げていった。私が関西に移ってからは全く接触する機会もなくなったが、こうした不幸が突然もたらされるとは思いもかけなかった。ただただ御冥福をお祈りするばかりだ。

そしてさらにもう一人の死を知る。小林雅昭氏である。彼とは牛熊の会でお会いしたのが初対面だった。手元の名刺には1998年10月8日の日付がある。彼も当時は40歳だったか。若い会員が主体のなかで、数少ない40代という仲間意識があったように記憶している。そのときは東海財務局で、たしかその後関東財務局、そして現在は北陸財務局に勤務されていたのだが、25日に単身先から帰られる滋賀県において交通事故で亡くなられたという。合掌。

そういえばあの日は関西でも朝から雷雨で、結構雨足が強かった。その雨が原因で対向車と衝突、帰らぬ人となったとのことだ。享年49歳。若すぎる。謹んで御冥福をお祈りいたします。本当に気の滅入る日だ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ