2006/11/14

自己紹介後初投稿  社会問題

 今日は自己紹介後初投稿ということもあり、ネタ決めにかなり迷ったのですが、今日は思い切ってシリアスなネタで行くことにしました。それは「いじめ問題」

 いじめ問題とは自殺の件も含め、さまざまな人にさまざまな様に議論されてきた問題であり、ここではあくまで自分の意見を言いたいと思います。それを支持するかしないかは自由ということを前提に。

 各地で問題となっている「いじめ」。主にマスコミを中心にいろいろな形で伝えられています。これらの報道は主に「自殺者の防止」「いじめをなくすこと」に絞られているような感じがします。しかし、それが根本の問題か?と考えるとき重大な事実をみおとしていることに気づくはずです。

 いじめはなくならない。。

 どのような形(精神的、肉体的)であれ、いじめというのはなくならない(ただし、いじめの定義についてはあいまいだが一般的に)。ここで次に考えないといけないのは、「いじめが発生したあと、どれほど早急に他人がいじめの問題に気づき、ケアすること」だとおもいます。主にマスコミは被害者、つまりいじめられている側に焦点を当ててますが、僕はあえて加害者のほうに焦点を当ててみたい。

 僕にはマスコミ(主にテレビ)が加害者側(いじめてるほう)の報道を避けているような気がします。たとえば繰り返し金を請求するいじめがありましたが、程度はどうであれ、「恐喝」ではないのでしょうか。この事実から目をそらし、うやむやにしてしまうのはいじめの再発を招いてしまうのではないか・・・

 いじめは単純に解決する問題じゃない・・・もっと複雑だよな。。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ