2007/2/28

回り将棋  社会問題

 昨日は将棋について語ってましたが、将棋といってはずせないのが回り将棋ですよ。将棋はちょっと・・・という人でも簡単に盛り上がれるのが回り将棋。今日も学校でやってましたw

 回り将棋っていろいろなバリエーション(ローカルルール)があって、どうも私は超ローカルルールで覚えているようで。まあ、ローカルルールは作られ方によっておもしろいのですが。一番のいいところは

将棋が分からない人も気軽にできる

点ですよね。回り将棋を利用して友達の輪を広げちゃったり。。

 今日は日経平均株価が暴落。しかもその原因が「中国」にある。そんなことが今日のニュースでやってました。なんか中国はだんだん世界に影響及ぼすようになってきたな〜と訳も分からず思ったり。

嘘です

中学生でも訳は分かります。中国は経済にまで影響を及ぼすようになった=恐ろしいことだと僕はおもうのですが。皆さんどうですかね?
0

2007/2/27

ウィキ  日常生活

 調べ物でwikipediaを使うとついつい編集したくなりません?そうやって二時間ぐらい無駄に編集しまくってましたw

 さて、学校では将棋をしまながし氏と指しています。。やっぱり将棋って奥深いよねwwといってもへぼ将棋ばっかり指していますが。一時期チェスもやっていたことがあるのですが、チェスより将棋のほうが絶対面白い。だって

将棋は無限の可能性を秘めているwww

チェスでは既にソフトが人間を抜くというレベルに来ているのに、将棋はいまだにアマ5段レベルであると聞いたことがあります。それだけ変化に何万、何億、何兆通りもあるんだな〜と指しながら感心していたり。それにしても実力が拮抗する人がいない・・・いつもしまながし氏にぼこぼこにされている印象しかないんだよな。将棋の勉強でも始めるかw

 一年前の記事を発見wそういえば今頃民主党が偽メール問題で大変だった時期でした。。懐かしい・・・一年前の明日(?)の記事ではオオトリ氏が副議長当選の記事があるし。。あ、あの時はオオトリ氏に非常に迷惑を掛けてしまったり。。実はあのときにんじん会長とオオトリ氏が共に出馬していたんだよね。・・・遠い昔の話ですw
0

2007/2/26

おめでとうございます  日常生活

 議長氏生徒会会長就任おめでとうございますw

改名されて「にんじん会長」さんになったそうです。リンク集の名前も変更。長かったマカオシリーズも終わり、元の短い記事に逆戻りしてしまいますが・・・しょうがないですね。なんだかんだいっているうちに期末。しかも期末が始まる日程を間違えていた自分。。てっきり来週からだと思ってたら、なんと今週の金曜から。

付け焼刃の勉強で乗り切ります。

 そもそも勉強を始めるべき六連休はマカオにいっててそこから旅行ボケっぽいのが始まってまったくなんにもやってなかった。一日の勉強時間がやけに少ないから日数稼がないといけないんだよ。。今回は一週間まえからの始動。いくら三学期が短いとはいえ、これはさすがに厳しい。目標は平均越えw

 「古池や蛙飛び込む水の音」

エキサイト翻訳「Sound of water that old pond and frog jump into it」
ヤフー翻訳「A sound of the water that Furuike and leapfrog are crowded」
インフォシーク翻訳「A sound of the water which Furuike and a frog jump into」 
グーグル翻訳「The old pond and leapfrog sound of the water which is packed 」
0

2007/2/25

マカオ悠々観光紀最終章  旅行

 14日

朝は六時起き。フェリーが八時半に出るので早く起きなければならないのですが、朝食会場が7時半になるまであかない。そこでなんと

ルームサービスが来ますww

これは私たちが頼んだものではなくパッケージツアーに元々付いているものです。いやリッチでしたよw

こうしてルームサービスを頼んだあとチェックアウト。フェリー乗り場へ向かいます。マカオには陸路で入る方法とマカオ国際空港から入る方法とフェリー乗り場から入る方法があります。なお日本からマカオ国際空港への直行便はありません。

フェリー乗り場で3日間お世話になったガイドの中村さんとお別れ。一路香港へ向かいます。

香港では「さよならショッピング」と題して免税店でお買い物。私は買い物をする趣味ではないので、某ナメクジ君のための時計を買った以外なにも買いませんでした。。その後、現地のマクドナルドへ。そこで僕の前に並んでいたのは巨漢の中国人。大声で中国語をまくし立てます。

ビックマックが7個、ポテトL13個・・・

信じられないほど買ってました。もちろん待ち時間も長くなるわけです。すると後ろに並んでいたイギリス人の夫人に

"We chose the wrong line(笑)"

すでに香港人の仲間入り状態ですねwその後5分間ぐらい会話を続けます。。結局何を買ったのか覚えていないw

その後香港国際空港へ。成田より絶対広い気がする。。空港内の本屋で「ダ・ビンチ・コード」を購入。ずっと飛行機のなかで読んでました。

成田に着いたのが11時。箱崎に着いたのが12時。既に学校に行く朝を迎えていました・・・
0

2007/2/23

マカオ悠々観光紀パート6  

 次回が最終回になる予定ですw

13日

ぼったくり飲茶屋の後に「マカオタワー」と呼ばれる日本の東京タワーのようなところへ。地震がないところだから、あんなに高いタワーが建てられるんだな〜と思いながらタワーの展望台へ。もちろん展望台へは有料ですが、このツアーはパッケージツアーなのですべてついています。さて展望台ではいろいろ面白い仕掛けがあります。もちろん私はガラスの上に乗りましたが、家族はビビッて乗ってませんでしたw

 マカオタワーにはバンジージャンプやスカイウォークなどたくさんの心臓の止まりそうなアクティビティがありますが。

一切やりませんでした

 本来ならこれをやってブログのネタにでもするのでしょうが。私はブログのネタと命を引き換えたくないのでw

 その後カジノへ。しかし

18歳未満は入場できません。

なんのためにマカオに来たのか分かりませんね。しょうがないので家族と別行動。近くのトイザラスで時間をつぶします。トイザラスはアメリカにいたとき以来だったので少々楽しみだったり。。マカオ版のモノポリーがありました。結局買いませんでしたが。僕、思うんだけど

トイザラスの歌って洗脳的だよね

今検索しても音源が見つからないので分かっていただけないかもしれませんが。とにかく「トイザラスの歌」が大音量で流されている個室にこもれば発狂するでしょう。

 カジノとタワーですっかり日が暮れてしまいました。その後ホテルでビリヤードやってました。なかなか面白かったです。

 明日はマカオ最終日。少々(3時間ほど)香港に滞在(?)します。
0

2007/2/21

マカオ悠々観光紀パート5  旅行

 13日

今日の観光のテーマは「現在のマカオを楽しむ」。ようするにカジノをやりましょうということです。第一の見学先は「フランシスコ・ザビエル教会」。名前からして観光客の日本人向けに立てられた教会としか思えないネーミング。しかも、中の絵(キリスト教関係です)の色が派手なこと派手なこと。とても教会とは思えませんでしたが。これも観光客用なのか・・・

 ついでに「エッグタルト」も試食。これがおいしいんです。イギリスと違って、焦げ目をつけるのがポルトガル風らしいです。実はエッグタルト初体験でした。

 その後、ワイン博物館グランプリ博物館へ。ワイン博物館ではワインが無料サービス。一日目のようにワインをもらおうとしましたが

あえなく却下orz

 世の中そんなに甘くないw未成年だってすぐばれました(そりゃ顔みればばれるさ)サーキット博物館ではF1のシミュレーションゲームも。昨日の教会めぐりよりは楽しめました。

 そして問題の昼食。もちろんパッケージツアーに食事代はすべて付いているので安心のはずでしたが・・・。

 そのときのどが異常に渇いていました。お茶(無料)は付いて居ましたが足りないので水を注文。なおマカオでは水はミネラルウォーターで出てきます。つまり有料です。水は頼まないと出てきません。

"Water please."

「水ください」という世界のレストラン共通語のはずなんですが

従業員:「??」

水が飲めない。そのときガイドの中村さん登場

「○△□×※〜」(中国語)

従業員:「□△※▽〜」

水不足解消!!めでたしめでたしとなるはずが

「一本30香港$です〜(中国語+片言の英語)」

「はい?」

30香港ドル=約450円

ぼったくられたorz

結局三人で90香港$払いましたとさ。今日は大きい字ばかり使ったな・・・。この後はカジノですよw
0

2007/2/20

マカオ悠々観光紀パート4  旅行

 このブログの筆者、これネタだけで一週間終わらせようとしていると思ったあなたの勘は鋭いです

 12日

 二日目(今日)は世界遺産特集なのです。よって、主に歴史的建造物を観光。歴史的建造物の多くは「教会」が多いのです。まあ、この理由は昨日述べた「イエズス会」と関係があるのです。ということで午後は教会めぐり。移動にはバスを使わず、徒歩で移動しました。面積が狭いので、徒歩でも十分。

 教会のなかでガイドさんが聖書について解説してくださりました。ガイドさんは熱心なカトリック教徒。キリスト教関係には強い。僕もいろいろな関係でキリスト教は並のひとよりかは詳しいことを自負しております。それはさておき、ガイドさんはあちらこちらに立っている石像で解説します。ここまでは普通。その後

いきなり写真を撮りだします。。

しかも祈っている人の前で堂々と。あんなことしていいのですかね・・・と思いながらもしぶしぶ・・・

いいわけないだろ!!

心のなかは恥ずかしさであふれました。。心霊写真が撮れていることを期待

徒歩で移動中には現地の学校の中学生、高校生とも数多く出会いました。マカオには三つのタイプの学校があって主に
・ポルトガル語系学校
・中国語系学校
・英語系学校
があります。それぞれによって制服が違います。歩いている途中いろいろな制服を見たよww私の学校は私服なので制服のよさ、悪さはよく分からないのですが。

 マカオは世界の学力ランキングでトップ10に入るそうです。少し悪い言い方をすればマカオにはカジノしか産業がないからな〜やっぱり頭脳で伸びようとしているのか・・・なんとなく日本に似てません?現在日本は学力低下と叫ばれていますが。。昔は頭脳で先進国になったのですから。

 とりあえず今日は目立ったハプニングなし。明日から再びハプニングが始まりますw
0

2007/2/19

マカオ悠々観光紀パート3  旅行

 とりあえずマカオ特集は三回に抑えていようと思っていましたが、とてもじゃないけどおさまりきらない。。よって延長を決定しましたw

 マカオ、マカオ、といわれてもどんなところなのかピンと来ない方が多いはず。よって今日は少し開設を。マカオは中国大陸の南側にある半島にあります。具体的にいえば、半島と二つの島(タイパ島、コロアン島)で構成されています。十六世紀のはじめから、ポルトガル人が居住し始め、日本にキリスト教を布教した「イエズス会」の活動の拠点もマカオなんです。その後マカオは貿易港として発展。途中、ポルトガルによって植民地化されました。中国に返還されたのは1999年。意外と最近ですね。その後カジノ産業が発達。現在へといたります。

 12日

今回の旅行はパッケージということで、大人数でリムジンバスを使い、マカオを乗り回すイメージがありましたが、なんと観光客は

私たち一行のみ

最少催行人数すれすれでしたが・・・気楽でいいですよね。予定では9時にホテル出発でしたが、人数が少ないので10時に。こうして自由に予定をいじくれるのも人が少ないからです。

 十時にホテル出発。私たちのホテルはコロアン島(前述)にあります。コロアン島はマカオ半島とは違い、リゾート地として発達した地域です。よって静か。マカオ本土のような喧騒とした雰囲気はありません。マカオの面積は品川区よりも少し大きい程度。そこに50万人が生活しています。人口は過密状態です。車もたくさん。今年は暖冬だったので朝から靄が。

排気ガスがくさい!!

バスから降りると鼻にくるにおい。その濃度環七以上。あんなところに住んでいたら喘息になるのも時間の問題。ガイドの中村さんはサングラスをしていました。なぜなら太陽光線が強すぎるから。十年で目に異常が出てしまったようです。私たちが居た三日間、ずっと曇っていましたが、私はずっと目をすぼめていました。

最初の観光地は「聖ポール大聖堂、マカオ博物館」周辺。マカオ博物館は昔のポルトガル軍の要塞を改造して作られたところ。世界遺産です。その周辺にある商店街も散策しました。

すべて世界遺産ですw

道端にあった古そうな壁も

世界遺産ですw

自分が立っていた広場も

世界遺産でしたw

明日は続きw
0

2007/2/18

マカオ悠々観光紀パート2  旅行

マカオの位置が分からないひとは地図を参照。

11日

 なんだかんだいっているうちに香港国際空港に到着。ここからフェリーでマカオに向かいます。ここで注意しなければいけないのは、香港に入国してはいけないところ。いったん入国すると取り返しがつかないことになります。フェリー乗り場は入国審査の前にあります。いつも思うんだけど、入国審査を受けるまえの微妙な空間は何領なんでしょう?入国してから初めて香港に入るわけだから。・・・研究課題ですね。

 とりあえず両替屋さんへ。香港(といっときましょう)では英語が通じるため、難なく両替。マカオの通貨は「パタカ」ですが、最近では「香港ドル」が主流。よって今回は香港ドルに両替。それを使ってスターバックスでジュースを注文。香港ドル20$でした(そのとき20$がいくらの価値であるか分かりませんでしたがw)フェリーまでの時間を待ちます・・・預けた荷物はどこに行ったっけ??

 まったく考えていませんでした。荷物を取る場所(ターンテーブル)は入国審査の向こう・・・荷物と引き離されてしまう・・・激しくあせりました。とりあえず、フェリー乗り場の係員に聞きます。すると、係員がとりに行ってくれるということ。良かった良かったw

 フェリーは一等席(といってもあまり料金は変わりませんがw)。再び食事が出てきます。これで本日三度目の食事。時間は現地時間11時。つまり午前中の間に三回も食べたんですね。もちろんフェリーのアナウンスは中国語がメイン。そういえばフェリーに備え付けられていたテレビに

「欽ちゃんの仮装大賞」

 がやってました。芸術は海を越える(何

 一時間かかってようやくマカオに到着。しかしここでハプニングが。

荷物を取らずにゲートの外へorz

 再びあせりました。本日二回目。急いでゲートに戻ります。もちろん警備員の制止を振り切ってとりあえず荷物を取り戻します。三度ゲートの外へ。ゲートの外ではガイドの中村さんという方が待ってました。マカオ暦(ぇ)二十八年の大ベテランです。

 とりあえず、マカオ市内の散歩ということで、 「聖ポール天主堂」付近を散策。世界遺産に登録されています。。その後夕食。「マカオ風ポルトガル料理」をいただきました。もともとマカオはポルトガルの植民地。よってポルトガルの味が残っているんですね。

 レストランの中で赤ワインが出てきました。僕の前にも赤ワインがはいったワイングラスがあります。もちろん未成年なので飲めません。よってテーブルの端に寄せておきます・・・

店員に再びワイングラスを元の位置に押し戻されました。

飲め、ということなんでしょうか・・・ではいただくことにしましょう。まずは一杯。

酸っぱい!

当然ですよ。ワインは酸っぱいものです。アルコールの味もしますどーせ安物料理はおいしかったですよ。。

こうしてあっという間に一日目が終わってしまいます・・・二日目から観光の始まりです。。
0

2007/2/17

マカオ悠々観光紀パート1  

 せっかくブログ更新しないでマカオに行っていたのですから、マカオでの経験を面白く(?)書いてみたいと思います。。あ〜更新久しぶりw

 11日

  朝は四時におき、電車も五時代のに飛び乗りました。普段は通勤ラッシュで混んでいる車内もすっからかん。成田空港へと向かいます。飛行機オタク(?)のレグルス氏は京成でいかれるそうですが、私は「東京(箱崎)エアターミナル」;通称T-CATというところからリムジンバスで行ってしまいます。たぶんこの「T-CAT」がどこにあるか知らない人が多いかも知れませんが。東京南西部から成田に行く人に便利な位置にあります。詳しくはホームページへ。

 とりあえず六時発のバスで揺られながら成田へ。飛行機が離陸するのは九時十五分。よって、早い時間に出ないと間に合わないらしいのですが、実際は渋滞にも引っかからずスムーズに成田空港に到着。成田空港はテロ対策で検問があるんです。検問ではパスポート提示が求められています。

テロリスト(過激派)はいませんでしたw

 難なく通過した後、搭乗券をもらいました。今回のツアーはJTBのものです。よって、行き先もホテルもすべて決まっています。このようなパッケージツアーは個人的には好きではないのですが、今回は久しぶりの海外旅行のためしょうがない部分も。いつかは旅行会社を通さずにそのままいきたいな〜

 話を元に戻しましょうw。空港で朝食を食べたあと、家族とは別行動をとります。

into本屋さん(何

定番ですね。そこでこんな本を購入。飛行機で読むことにします。

 しばらくして時間がやばいことに気づきました。現在8時30分。9時までには中にいないとまずいです。急いで荷物検査、出国検査へと急ぎます。

 荷物検査では一番顔が良さそうな係員がいる列に入らないと遅れます。変にいかつい顔をした係員がいる列に入るとほとんどの人に細かい身体検査をしてきたりします。。時間を食うのは嫌なので「顔の良さそうな」係員がいる列へ。単独行動のため周りはアジア系の外国人に囲まれます。

 いよいよ自分の番。いきなり聞かれます。

"Where are you going?"

外国人に間違えられましたorzよって日本人ということを強調。

「香港ですが何か??」

気まずいひととき。その後、

"Please go on."

どうしても外国人だと思いたかったのか・・・意地が捨てられなかったらしいです。しかし荷物に爆弾がなかったので次の出国審査へ。

 出国審査はパスポートと搭乗券を見せます。そこで何か不審な点があった場合は別室で取り調べ。ちなみに出国審査を行う係員は笑わないことで有名です。ちなみに私の前に並んでいたフィリピン人の方は連れて行かれてました。私は日本人なので難なく通過(ぇ

 搭乗する飛行機は「キャセイ・パシフィック航空」初めて乗ります。中国系の飛行機なので、アナウンスは中国語、英語、そして日本語で行われました。この飛行機のいい点はエコノミークラスでもテレビが見られるところです。。ついでに機内食も。JALのやつよりかは良かった。。機内で先ほど買った本を読みました。。その後アクション系の中国映画をみて、寝てしまいました・・・続きは明日w
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ