2009/2/1

あの頃君は若かった  日常生活

 もはや中学受験など過去の遺産だ!などといえる私は幸せだということをある本を読んで痛感しました。その本はタイトルからしてあちゃーなのですが。「中学受験の失敗学」というのがタイトル。。内容はタイトル以上に過激なものでした。是非書店に入る機会があれば手にとって見ては?

 と書いている間に明後日は試験の手伝いのために学校に行くことを思い出したりw自らの姿を受験生と重ね合わせてしまいそうで怖いです。フラッシュバック・・・みたいなことがあるのでしょうか。極力そのようなことがないことを祈るばかりです。

 どうやら元のブログへのリンクが切れてしまったようなので、リンクされている方はリンクのあて先を変換してください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ