2007/10/19

英語といえば。  身近

 いきなりですが、英語は主に二種類あるじゃないですか。イギリス英語、要するに「クイーンズイングリッシュ」というやつとアメリカ英語。どっちをしゃべりたいと思いますか?私は現在アメリカンチックな発音からイギリスンイギリス風の発音に直そうと努力しております。絶対イギリスの発音のほうがきれい。ぜひなまらない英語をしゃべりたい。

 そう思ったのも某映画を観たからなのですが。フランス語も話せるようになりたいなあ。フランス語になまりなどがあるのは分かりませんが。ただ、アガサ・クリスティの本に出てくる探偵のポアロはベルギー人だからフランスなまりの英語しゃべるんだよね。もはや英語にはきこえませんが。変になまっているよりJanglishのほうがよっぽど聞き取りやすい。

 こんなネタで潰すのもネタがないからなんだよなあ。。国語のレポートを作りたいのだが、頼むから資料を送ってくれレグルスさん。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ