2011/1/13

マスコミに対して思ったりすること  社会問題

 若者は積極的に海外に出るべきだ!

 このような言葉を聞く機会がここ数年で多くなってきたように感じます。そして「若者の留学離れ」を象徴するものとしてHarvardの日本人留学生の数が減少したとか色々言われています。しかし、このように危機感(?)を持っている「コメンテーター」の方々は留学について何をご存じなのか伺ってみたいです。

 そもそも行きたくもないのに留学を勧めることが間違っていると思います。私は文系好きの理系(生物好き)なので所謂リベラルアーツを学びたいな、と思って留学を志望するようになりましたが専攻が決まっている人は日本の大学の方がいいのではないかなあ、と思います。

 そして留学したいと思う人たち、特に高校生にとって一番のハードルは情報不足なのではないかと思います。結局Financial Aidは仕組みがよくわからず今年は申請しそびれましたし、APとかの情報はかなり詳しく探さないと見つからない。留学したいと思っていても助けてくれる人や留学に必要な資源が限られている。そのような状況でよく無責任な(?)ことが言えるな、とアプリケーションを準備した身では思ってしまうのです。

 世の中にリーズナブルな価格で留学指導してくれるところがあればいいのですが・・・
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ