2007/11/28

もののたとえ  映画

ようやく、「ボーンアルティメンタム」を見てきた。楽しみました。

ボーンというと、象徴的なのは群衆の中をスッスッと歩く姿だと思う。歩く姿がカッコイイ。

ボーンの歩き方を見ていると、「中国鉄道大紀行」の関口知宏君を思い出す。全く対照的だ。すり足でぺたぺたと歩く。ちょっと内股気味だし。

フローラン・ダバディが、「日本の女の子は流行に敏感でおしゃれ、世界の最先端をいっているのに、歩き方は着物時代と変わらない。内股で、すり足で歩く」と書いていた。

女の子ばかりでなく、関口君を見ていると日本の男性もそうなのかと思ってしまう。

で、ボーンに戻ると、
「ボーンって歩くの早いよね。一緒にいたら、あっという間においていかれちゃうよ。」と言うと、「いや、お母さんと一緒に歩くことはないから。」

そんなのわかっているよ。もののたとえです。

今日、防衛省の前次官の守屋氏夫妻が逮捕された。すごい接待を受けていたものだ。あきれちゃう。妻もゴルフだけじゃなくて、高級クラブでカラオケとか、ブランド品おねだりとか、さもしいというか、卑しいよ。

でも待てよ、私も「欧州CL決勝SS席(貴賓席と言えないところが悲しい)」とか「W杯決勝チケット」とかプレゼントされたら、転んでしまうかもしれない。

その話をすると、「いや、オレが接待攻勢を受けることはないから」。

そんなの分かっているよ。物のたとえです。人間の弱さ。

totoBIGの最高賞金が6億円と聞いて、考えてみた。1億や2億円だと使い道があれこれ考えられる。でも「6億となるとなかなか使い道が思いつかないね」と言うと、

「6億円当たることはないから」

だからぁ、ものの喩えです。6億円が庶民にはいかに大きな金額かという・・・

こうやって物事を自分に引き付けて発言すると、いつも「そういうことは現実にはない」と家族にたしなめられる。

「もののたとえ」はおかしいかなぁ。私が妄想しすぎ?

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ