2008/5/31

どうなるのだろう代表  サッカー(代表)

今思い出しても、27日(火)の代表戦、空席ばかりでガラーンとした埼スタはショックだった。私たちのように早々とサッカー後援会でチケットを確保するなんて、全く奇特な行為だ。時代からずれてる。

一方中田ヒデの引退者いやチャリティサッカーは7万枚近くが完売とか。「誰が見るの?」と思った私は完全に状況がわかってなかった。

今まで成長・成功の夢をともに見てきた「代表」だったのに、急激にその夢が色あせてきたということなのかな。

ジーコの4年間はそれまでの財産を食いつぶした年月、と後藤建生さんがドイツW杯時に言っていたけど、まさにそうだった。

ゼロになった日本代表。その地点から、オシム監督を迎えることによって、また世界標準のサッカーへ再挑戦を始めた。だが、その道半ばでオシムさんは倒れた。

今、代表に夢を托せるのだろうか。

パラグアイ戦の後、いくつか戦評を読んだ。期待をつなぐものあり、全くダメというものあり。酷評は「戦術論」の杉山氏。

私の気持ちは「酷評したい、だけどそれを言ったらお終いよ」といったところ。岡田監督がどう戦いたいのか、試合を見て考えたいのだけど、考えようとすると、私の頭の中は白い霧に包まれてしまう。どうしたいのか、何をしたいのかわからない。

世界への挑戦の道筋が見えない。

もう一つ、無理矢理・理由付けかもしれないが、W杯予選でも盛り上がらない理由として、南アフリカ開催があるのではないだろうか。フランス!地元!ドイツ!と応援に出かけられたじゃないか。でも南アフリカは簡単には行けない。

その次の開催地はブラジルだよ。ここもそう簡単には行けない。となると、代表が出場しても、すごく他人事になってしまう。

他人事なら、そもそも夢を託す必要もない。

あと6年は盛り上がらないような気がする(独断)。

もう一つは我那覇問題に見られるようなJリーグの硬直化。JFA自体もなんかおかしい。きちんと筋を通さなければならない問題もうやむやにしてしまう。

川淵キャプテンは、根本的な問題提起があっても「反川淵」と、ことを矮小化してしまっているようにみえる。

でも、最近のメディアは、割に冷静で、ドイツW杯時のような「体制翼賛」的気持ち悪い報道は少ない。それはいい傾向かな。

がっ、驚くべき記事がでた。もう既に多くの人が憤慨とともに真っ当な批判を繰り広げているけれど、増嶋みどり氏の「我那覇問題の根本」がそれだ。

この程度の人がサッカー本を書いていたのかと思うと、空しい思いにとらわれる。こんな捏造ともいえる文章を書き、選手やサポーターを貶めて、何の得るものがあるのだろう。

そうだなぁ。代表が人気ある、なしはあんまり大きな問題じゃないのかもしれない。どうであれ、代表は応援し続ける。世間の評価は関係ない。チケットが取りやすくなるからいい面もある。

不人気の理由が、日本サッカーのレベル低下だったり、世評がミスリードによるものだったり、組織が歪んでいるせいだったりしたら、それは問題だと思う。私が問題だといったってどうなるもんでもないけど、そういう意識は持っていたい。

とにかく、2日オマーン戦はすっきりと勝つこと。

そして、次の段階として、代表を高みに引き上げる監督を、やっぱり強豪が切磋琢磨している欧州から、引っ張ってこなければいけないんじゃないかな。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ