2008/6/28

徒労感・ジュビロ戦  サッカー(マリノス)

Jリーグ再開。久しぶりのマリノス!いつもギリギリに行く私がなんと5時20分には日産スタジアムにいた。

トリコロールランサーズではなく、トリコロールマーメイズのお披露目も見た。ワルノス君一家も見た。

(シーズン途中に何故チアが変わったの?何かあった?)
クリックすると元のサイズで表示します
ワルノス・ワルノスクィーンのダンス。

ヴェルディ戦はまだ怒りがあったから、一気呵成にblogを書いた。今日は徒労感ばかりある。

何をウキウキしてスタジアムに行ったのだろう。空しくなった。

ジュビロも強くない。やたら倒れて傷んで、フィジカル弱いなぁなんて思っていた。カレンなんかチョロイもんだった。

そのジュビロに1発でやられてしまった。それでも以前は追いつける、いや逆転できる、と思ったけど、今日はその可能性を感じなかった。
(でも「トルコだましい(魂)!」と叫んだよ)

選手に気迫が感じられなかった。

逆に、ジュビロの萬代くんが哲也にプレッシャーをかけに行って、ボールを必死に追いかけてピッチを半周ぐらいした。あの一生懸命さ、マリノスの選手にあったか?

能活が強い表情で15番加賀に手振り身振りしながら指示していたでしょ。そういう勝ちたい気持ちを前面に出していたか。

クリックすると元のサイズで表示します
CK。得点の匂いなし。中澤と相性のいい遠藤が欲しいと思っちゃったよ。

マリノスは下手になっている。特に後半、見るに耐えない。誰もいないところにクロス上げてどうするの?前に相手DFがいるのにゴロのクロス(パス)じゃ簡単に蹴りかえされるでしょうが。

坂田だってシュートの打ち方を忘れてしまったみたい。

残り時間がない時マイボールは大切にしなくちゃならないのに、みすみすミスでボールを失った。それが2回や3回じゃない。ミスが多すぎる。

代表戦でのプレーに「頭悪いなぁ」という声があったけど、その言葉が何度も頭をよぎった。

動きがバラバラだった。どうやって点を取るのか、まったく道筋がない。
クリックすると元のサイズで表示します
うなだれてゴール裏へ行く選手達。ゴール裏はブーイングだった。

中断期間何をしていたのか。監督はどういう練習をしているのか。大体何を考えているのか?今のサッカーだと泥沼だよ。

次の試合、こんなだったら、監督退陣も考えた方がいいと思う。

(こんなblog書かないですむよう、次の試合頼みます。)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ