2009/7/25

梅を干した他  季節

ようやく晴れたので、梅を干した。干せてよかったぁ。

梅は塩漬けにする前に、アク抜きのために一晩水に漬けるのだけれど、今年は忙しくて一晩半以上漬けてしまった。だから、梅がちょっとぶよっとしてしまい、いい梅干になるか心配だった。

でも、シソでほんのり赤く染まり、べっとりといい具合に漬かっていた。

夕方に家に取り込むと、家の中にすっぱ〜い香りが漂う。

明日も晴れそうなので「♪三日三晩の土用干し」だ。

これは「梅干の歌」にある言葉。
「(前略)
 七月・八月暑いころ 三日三晩の土用干し
  思えば辛いことばかり それでも世のため人のため
  しわは寄っても若い気で 小さい君等の仲間入り
   運動会にもついてゆく(後略)」

戦前からの歌らしいが、初めて聴いたのは「ポンキッキ」だった。
「しわは寄っても若い気で」なんて身につまされる(笑)

今日NHKBSをつけたら、山本浩アナの岡田監督インタビュー番組をやっていた。

そうね、いつもの禅問答のような話もあり、「賞賛される監督は名監督ではなく、本当の名監督はいるかいないかわからない人」とか。相変わらずだね。

ふ〜んと思ったのは「カタール戦」でベンチに入れず(ウズベク戦退席処分のため)、スタンドから観戦した時のこと。

ベンチにいる時は全然そんなことはないのにスタンドでは「ドキドキ」してしまったとか。

私がスタジアムにいると大丈夫なのに、テレビ観戦だとドキドキハラハラして見ていられないのと同じだね、と言ったら、家族に全然違うと言われた(笑)。監督だと考えることが沢山あるからだよ、と。そうか。

これから代表に呼ぶかもしれない注目選手の中に「渡邉千真」がいたのが嬉しかった。

ただ、「今のレギュラークラスの選手の『W杯に賭ける思い』は強烈なものがある。新しい選手が『呼ばれたら嬉しい』程度の意識だったら、問題外」とも言っていた。

意識を高く持って、死に物狂いでやらなければ、今後代表に呼ばれることはないということだ。

可能性のある選手は(もちろんそうでない選手もみんな)、Jリーグでの一試合一試合真剣勝負で取り組まなくちゃね。ということで、明日の磐田戦、マリノスの選手に期待!

(嘉悦社長代行はサッカーをやっていたそうだし、ご子息はプロサッカー選手をめざしていたそうだ。サッカー好きな方と知って、ほっとした)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ