2009/9/25

金木犀  季節

久しぶりの更新。

金木犀の大木(携帯写真)
クリックすると元のサイズで表示します
あまりうまく撮れなかった。

この金木犀のそばを通ると頭が痛くなるほどの芳香だった。

ここには大きなお屋敷があった。りっぱな日本建築で蔵も立ち並んでいた。でも今は駐車場。

この金木犀だけが、残っている。

やはり近所のお屋敷も壊されて、今は「ブックオフ」と「携帯電話ショップ」になってしまった。

お屋敷の持ち主はいずれも繊維業だった。昔秩父は養蚕、絹織物業が盛んだったが、衰退してしまった。

故郷の街はシャッター街こそないけれど、街の中心部は駐車場や小公園になって空洞化が進んでいる。

もう一つ街の繁栄を支えたのがセメント生産。故郷のシンボル武甲山は石灰岩採掘で山容をすっかり変えてしまっている。

が、そのセメント工場の一つも廃止に追い込まれた。その跡地に今建設中なのか、ショッピングセンターだ。国道140号線と299線の交差するあたり。

ウニクス秩父」というらしい。かなり建設が進み、バラ色の建物が見えている。

りっぱな日本建築がなくなって、無国籍のショッピングセンター。その庭には金木犀が植えられることがあるだろうか。

2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ