2005/2/15

ジュリー・クリスティ  映画

「ネバーランド」を見てきた。
ジュリー・クリスティが子供達の祖母役で出ていた。すっかりおばあさんになっていた。どちらかというと白雪姫の魔女タイプのおばあさんだ。骨っぽい。

ジュリーは、「トロイ」でもブラピの母親の女神役でちょっとだけ出ていた。懐かしかった。

ジュリーはちょうど私が「スクリーン」とか「映画の友」などの雑誌を読み始めた頃、華やかな活躍をし始めていた。。「ダーリング」ではアカデミー主演女優賞を取った。大作「ドクトルジバゴ」ではヒロインのラーラを演じた。

彼女の作品で「遥か群衆を離れて」という映画がある。とても好きな映画だ。牧場主の女性の半生を描いた作品で堂々たるヒロインだった。大河ロマンとも言うべき作品。
テレンス・スタンプが不実な夫役をやり、これがとても良かった。「コレクター」とは全く違う役どころで彼の不思議な魅力を感じた。ピーター・フィンチが彼女を思いつめる隣の牧場主、アラン・ベイツが牧童役、彼がヒロインの真実の愛の相手だったという設定。

この作品は今確かめたら、「テス」のハーディ原作、監督はジョン・シュレシンジャーではないか。道理で、悠々たる骨太の作品だったのだなぁと思う。

ジュリーがテレンス・スタンプの軍曹に結婚をすがるシーン、撃たれた軍曹の血を懸命にぬぐうシーンなどまだ鮮明に覚えている。大胆で繊細な演技だった。ステキだった。

あれから、40年近くがたとうとしている。ジュリーがおばあさんになっても仕方ない。でももう少し、優しそうなおばあさんだったら良かったのに。

0

2005/2/14

ドイツ映画  映画

一昨年映画館で見て大好きだった「飛ぶ教室」をDVDで見た。少年達の愛らしさと、まっとうな話に癒される。オープニング、たった一人で飛行機から降りてくる少年のけなげさと哀愁に満ちたピアノ曲。それだけでウルウルしてしまう。

ドイツ映画は昨年も「グッバイレーニン」を見た。

ドイツ映画って、何を見たかな?と考えてみた。テレビで「民族の祭典」(レニ・リフェンシュタール)を見たけど、古すぎだ。「未完成交響楽」というシューベルトの伝記映画を見た覚えがある。有名なのは戦前の作品だから私が見たのはリメイク版かもしれない。「菩提樹」という映画もあったような気がする。

ケストナー作品の映画化では「二人のロッテ」「エミールと探偵たち」はテレビで見た。「点子ちゃんとアントン」もあるらしいが未見。

最近ドイツ映画で話題になったのは「ラン・ローラ・ラン」。主演のフランカ・ボテンデは「ボーン・アイデンティティ」「ボーン・スプレマシー」でマット・ディモンの相手役をやっている。

「名もなきアフリカの地で」はアカデミーの外国語部門でオスカーを取った。見損なった。

「ブリキの太鼓」という名作もあり、確かビデオにとったと思うが、録ったきりで死蔵している。

あとはなんと言ってもヴィム・ヴェンダース監督。「ベルリン・天使の詩」(ハリウッド版はメグ・ライアン主演「シティエンジェル」)、「パリ、テキサス」、あの「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ」もヴェンダース監督作品だそうだ。才人だと思う。でも私は一つも見ていない。ちょっと敷居が高い気がする。

要するにドイツ映画はほとんど見ていないわけだ。

ベルリン映画祭は伝統があるし、ドイツ文学は優れた作品が多い。私が知らないだけで、きっと映画も名作があるにちがいない。日本に公開された作品が少ないのか?

ヴィム・ヴェンダース監督作品に「ゴールキーパー」という映画があるそうだ。それはちょっと見てみたい気がする。

0

2005/2/13

A3第一戦  サッカー(代表)

A3第一戦、対浦項スティラーズは1−1の引き分けだった。シーズン前にしては、思いがけず激しい、いい試合だった。浦項は強かった。

マリノスは早々清水のゴールで1点を先取。清水がゴールを決めてしまうなんて、幸先がいいのか、悪いのか。(清水は年間2ゴール程度、それをこの試合で使ってしまうとは)。

その後は、浦項に攻められっぱなし。後半になって、セットプレーから同点にされてしまう。

攻めの形が作れないのはいつものマリノス。中盤が開いてしまっていた。
サイドから崩すとか、パスをつなぐ、という形はほとんどなかった。最後の方は疲れてしまったみたいだ。それでも守備はマリノスらしく粘り強かった。浦項のシュートのまずさにも助けられた。

試合後珍しく、岡田監督が審判に不満を漏らした。「アウェイだから仕方ないけど、もっと流してくれればいいのに」。試合内容については「現状では最低限のことはできた」と言っていた。

中澤、松田、遠藤、上野、久保、アン、がいないメンバーだから、仕方ない。まぁ坂田が半分だけど出られてよかった。

しかし、A3で優勝するのはかなり難しい、と言うのが今日の試合を見ての感想だ。

※「カザフスタン戦」は途中まで、書いてあるが、まだ完成していない。忘れないうちに書き上げてアップしたいと思う。
0

2005/2/12

いよいよA3  サッカー(マリノス)

インフルエンザ、おそるべし。この連休は体調不良で療養中。

A3カップなんてどこも放送しないだろうなぁと思っていたら、なんと日本テレビで中継するらしい。今日昼間特集番組をやっていた。

レポーターは北沢豪さんと阿部美穂子さん。
阿部美穂子さんはKリーガーのチェ・ソンヨンの奥さんだ。チェ選手はA3に出場する水原三星のキャプテン。

水原三星の監督は車範根。フランスW杯の韓国代表監督。韓国をW杯に導いたが、W杯の最中に解任された。その前はブンデスリーガで大活躍した選手でもある。

岡田監督とはフランスW杯時の代表監督という縁があるわけだ。

水原三星は熊本でキャンプをしていた。選手達も調子良さそうだ。マリノスは相変わらずけが人が多い。松田も肉ばなれだそうだ。

ともあれ、明日、今年のマリノスを初めて見ることができるわけだ。楽しみだ。



0

2005/2/10

一夜明けて  サッカー(代表)

北朝鮮戦後の反応を知りたくてサイトを回っていたら、マリノス関係は「上野結婚おめでとう!」一色だった。最後の独身貴族。もしマリノスユニを今買うなら6番にしようか(渋いから)と思っていた。めでたい。

報道はテレビ、スポーツ紙は「大黒様」「勝利!」「ジーコ采配ズバリ」とまぁ万歳基調。
スポーツライターは「最終予選の厳しさ」。遠慮気味に「こんな試合がこれからも続くのか」と批判。もっと言えば良いのに。

共感したのは
@「フットボールは未来の兵器である」ますたろう
「あんな試合で、試合終了後にまでハイタッチとかしていたヤツをひとりずつ呼び出して、「おまえとおまえは帰ってよし!」と言ってやりたい。」
A「日記だよ、全員集合!! 必然的な苦戦」
失点直前、スタジアムは「ヘタクソ」「選手交代!」「何で前を向かないんだよ!!!」と怒号が飛び交っていたそうだ。うちと同じだったんだね。また、Aの彼はゲームが静から動へ劇的に変化する瞬間を目の当たりにした、とも書いている。俊輔のことだ。

いやぁ、でも最初は他人事のように試合を眺め、途中から怒りだし罵り、贔屓の選手が出てきて、応援し始め、勝って喜び、喜んでばかりでいいのか、とまた怒り・・・。
なんてサッカーは楽しいのだろう。何度でも楽しめる。

ところで、ドイツ対アルゼンチンは2−2の引き分けだった。アイマールは出場せず。




0

2005/2/9

やっぱりジーコジャパン  サッカー(代表)

今日は中国の春節。中国語教室で先生から春節の風習について様々なことを聞いたので、それを書こうと思っていたが、やはり今日の試合を書くことにした。

やっぱりやっぱりジーコジャパンだった。

1点先制後の日本代表はひどかった。中盤スカスカ。プレッシャーなし。ボールを奪われ、よいパスを通された。一方で攻撃の形は全然作れなかった。玉田が奮闘しても3人に囲まれては突破できない。
マリノスの守備の方がずっとうまいぞ、なんて怒ってた。
ハーフタイム、スタジアム観戦中の友人から、「イライラ」「コンビネーション全然機能してない」とメールが来た。

点を取られてからの選手交代。勝ったから、選手交代がズバリ当たったとか言われるのだろう。

代表チームの能力はすごく高いと思う。だから今日も勝った。だけど、あの監督じゃ、あんな試合しかできない。

マリノスの試合を見てきたから本当に思う。代表は本当はもっと強い。でもあの監督だから、あの有様。それでも勝てるのだから、そして、圧勝よりハラハラドキドキの方が皆盛り上がるから、きっとずーっとこのままでしょう。就任から今までもそうだったし、これからもそうさ。

最後に一言。やはり俊輔は格が違うね。


0

2005/2/8

北朝鮮戦を前に  サッカー(代表)

テレビも新聞も北朝鮮戦で盛り上がってきた。俊輔も帰ってきたし。

でも先発で使わず、わずかな出場時間のためにわざわざ呼んだのカヨ、と怒りたくなる。相変わらずのジーコです。でも俊輔のコメントを聞くと「大人になったね」と言ってやりたい(笑)。「左とか・・」と言っていた不平不満分子はどこに言ったの?
気持ちとしてはいつぞやの横国のように「俊輔コール」をしてしまいたいくらいなのだが、まぁ今回は彼は息子に会いに来たんでしょう。出なくてもいいや。

と、観戦を断念してから、気持ちが冷めた。松田も出ないし、俊輔も控えで、能活は「磐田」で、小笠原が司令塔で、三都主と加地は不動のレギュラーで・・・。どこにモチベーションがあるでしょうか!

13日から始まるA3が気になってきた。相変わらずけが人が多いみたいだが、チャンピオンの実力を発揮してほしいと思っている。
そうそう明日は国際親善マッチデー。ドイツ対アルゼンチンという好カードもあるのだ♪。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ