2005/2/13

A3第一戦  サッカー(代表)

A3第一戦、対浦項スティラーズは1−1の引き分けだった。シーズン前にしては、思いがけず激しい、いい試合だった。浦項は強かった。

マリノスは早々清水のゴールで1点を先取。清水がゴールを決めてしまうなんて、幸先がいいのか、悪いのか。(清水は年間2ゴール程度、それをこの試合で使ってしまうとは)。

その後は、浦項に攻められっぱなし。後半になって、セットプレーから同点にされてしまう。

攻めの形が作れないのはいつものマリノス。中盤が開いてしまっていた。
サイドから崩すとか、パスをつなぐ、という形はほとんどなかった。最後の方は疲れてしまったみたいだ。それでも守備はマリノスらしく粘り強かった。浦項のシュートのまずさにも助けられた。

試合後珍しく、岡田監督が審判に不満を漏らした。「アウェイだから仕方ないけど、もっと流してくれればいいのに」。試合内容については「現状では最低限のことはできた」と言っていた。

中澤、松田、遠藤、上野、久保、アン、がいないメンバーだから、仕方ない。まぁ坂田が半分だけど出られてよかった。

しかし、A3で優勝するのはかなり難しい、と言うのが今日の試合を見ての感想だ。

※「カザフスタン戦」は途中まで、書いてあるが、まだ完成していない。忘れないうちに書き上げてアップしたいと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ