2005/2/19

A3第三戦  サッカー(マリノス)

A3第三戦、対水原三星との対戦があった。この試合は日本テレビで生中継された。
残念ながら1−3の完敗だった。

けが人、病人続出でぎりぎりのメンバーしかいなかった。でも言い訳にしたくない。もう少しできたのではないか。

水原は強かった。守備も堅牢だったし、攻撃は早く鋭かった。FWの決定力も素晴らしかった。マリノスはかなり踏ん張ったけれど、ミスも多かった。ドウトラの持ちすぎからボールをさらわれた。榎本はスーパーセーブもあったのだが、やはり追加点は彼のミス。途中からひどく不安定になった。岡田監督は「勇気を持って前に出ろ」とわざわざ指示したようだ。でも空しかった。達也くん、今年はすこしは進歩してくれないと。

栗原は高さと強さを生かして奮闘していた。隼麿も再三水原の選手とやりあったように、意地をみせていた。大島のゴールも見事だった。

今日は上野、那須は目立たなかった。山崎は抜け出す速さはあるが、シュートまではいかない。ドウトラは不調。中西も頑張っていたけど、もっとシンプルにプレーできなかったかな。途中から出た奥は足がもつれるシーンが2度くらい。まだ体調万全ではないのだろう。大橋、原はあまり記憶にない。セカンドボールはほとんど拾われていた。

結果は残念だったけど、今の時期にこういう強い相手と戦うことができて、若手が経験を積むことができたのは収穫だったと思う。

ゼロックスまで1週間。J開幕まで2週間。ケガ・病気の選手、代表で不在だった選手、連携を高めることができるだろうか。
プレーや戦術もさることながら、選手の体調管理は本当にちゃんとやってもらいたい。基本中の基本なんだから。

ジュビロ磐田の試合(対コンサドーレ札幌)を少し見た。あれだけ豪華な補強したのに、1点しか取れなかった。ジュビロもまだまだかもしれない。ちょっと安心したりして・・・。





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ