2005/5/31

愛知万博のこと  旅・散歩

中国語の先生がご家族と一緒に愛知万博に行ってきたそうだ。日帰りの強行軍だったらしい。

トヨタ館は3時間待ち。マンモスも行列。「算了バ(漢字がない。把みたいな字)スアンラバ=あきらめよう)と言って、これらはあきらめた。ただ「リニアモーターカー」には行列して乗ったとか。すごく待って、乗っている時間はわずか4分。
一番良かったのは「長久手の日本館」だったという。「地球の部屋」の360度全天球型映像システムが素晴らしかったそうだ。

中国館にも行ったが、「私たちはみんな不満でした」。もっといいのができるはずと思ってしまうのだろう。

先生の話。
中国館の入り口で3人の少年が出迎えて、北京オリンピックの旗などを配っていた。同じ中国人と思って、家族が「ニイハオ」とが次々声をかけたのに、返事を返したのは一人だけだった。こういうところが中国はまだまだ。

先生はよく、日本に比べると中国のサービスは遅れていると言う。これから変わっていくのだろうか。

次は上海で万博がある。サービスもぐんと良くなることを期待している。



0

2005/5/30

VDSLなど  

土曜日に工事があって、ウチのインターネットはVDSLになった。直結すると60メガで、びっくりするほど早いそうだ(私は見ていない)。私のパソコンは無線で飛ばしているので、3メガに落ちてしまう(機械の性能がよくない)。20分の1だ。それでも前は1メガだったから、3倍になる。3倍になると随分早く感じる。画面がサッと現れるから気持ちいい。でも職場のADSLと大して変わらないのだけどね。

しかし、パソコンもテレビもビデオも変化が早すぎて、追いつくのが大変。DVDレコーダーもなかなか慣れることができない。ビデオの方が簡単だったなぁ。スカパーやBSの録画はGコードが使えないから、設定が面倒くさい。昨晩(今日未明)NHKBSで放送した「ACL総集編」はビデオで録画した。気づいたのが遅かったので、操作が簡単なビデオ専用機で録画することにした。録画はちゃんとできていて、楽しむことができた。

(ビデオテープの買い置きがなくて「初恋のきた道」をつぶしたこの映画は見ていて途中で嫌になった。この映画を好きな人が多いけれど。私はつくづくチャンイーモーが嫌いなんだと思う。ACL総集編と言いながらジュビロの扱いはほんの少しで気の毒。山東戦をかなり長く放送した。本当に悔しい試合だった。)

iーPOTとか、オーディオプレーヤーも全く無縁だ。MDプレーヤーは持っていたけれどほとんど使わず、娘に取られた。CDプレーヤーは使ったことはない。結局ウォークマン止まりだった。とにかく小型のものは字が小さくて見えないので、使いづらい。大体、音は空気を震わせて伝わるものだから、空間がほしいと思う。イヤホンは基本的に嫌いだ。

まぁ必要なものには食らいついていきたいものだ。
0

2005/5/29

サッカーあれこれ  サッカー(マリノス)

27日の「キックオフマリノス」は水沼さんによる岡田監督インタビューだった。水沼さんも飄々として面白い人だけれど、岡田監督の前に行くとひどく真面目な人に見えてしまう。

監督は、13連戦最後、レッズに負けた直後は「終わった。」とどこかほっとしていたところがあり、その晩缶ビールを飲んだら11時間寝てしまい、「つくづく疲れていたんだなぁ」と思ったと言っていた。でも十分寝て、疲れが取れたら、猛然と悔しくなってきた、と言う。山東戦なんてあんなジャッジや試合運営は考えられない、ヨーロッパだったらあの会場は当分国際試合はできない、と語った。それがAFCなのだ、と。Jでも4勝4敗4引き分け勝点16。絶対もう一度やってやる。Jでも抜けているのは鹿島だけだから、最後は競り勝ってチャンピオンになる、と力強く話してくれた。本当に負けず嫌いなんだなと思う。期待しています、岡田監督。

27日のUAE戦の後に、ジーコ解任騒動のことを書いたけれど、一年くらい間違っていたみたいだ。03年のコンフェデで奇妙な采配を振るった直後に解任を求めるサポの動きがあったのだった。W杯一次予選の前のことだ。もう、何度もジーコやめて、と思っていたから、訳がわからなくなっちゃった。

昨晩の「スーパーサッカー」では国立の関係者出口で待ち構えるサポーター達が「監督辞めてください。お願いです!」と叫んでいるのが映った。

でもジーコ解任デモを企画した人や、ジーコ批判を繰り返してきた人が今は不思議なことに解任を言わない。「とにかく勝ってくれ」なのだ。

今日の日経に「ワールドユース」の特集があった。準優勝した時の「高原、稲本、永井、本山」の写真があった。かわいい。今年は国見、市船のスター達が揃っている。平山、兵藤、中村、増島、カレン、それに森本、苔口、前田、粒揃いだ。期待が持てる。でもマリノスからは誰も選ばれていない。くすん。

今週はユベントス戦だ。トレセゲ、ネドベド、デルピエロ、テュラムが来る。少し早めにスタジアムに行って関係者入り口辺りに行っていようかな、とミーハーなことを考えてみる。

0

2005/5/28

よこはま交流音楽祭  音楽

横浜交流音楽祭が横浜ラポール・ラポールシアターで開かれた。「もと8組」の友人達と行ってきた。「もと8組」の一人がコンサートに出演するからだ。「もと8組」とは末娘の高校一年生時の保護者(母親)達だ。2〜3ヶ月に1回食事会をして、おしゃべりをしている。演奏会には娘の友人も出る。

障害者も含めた音楽会、と聞いていたので、アマチュアバンドの発表会みたいなものかなと思っていた。子供のピアノ発表会に通じるような。

大違いだった。

ラストに出演した「アフリカの太鼓・ダンス」は圧巻だった。メンバーの大半は障害を持つ若者達だ。昼間は福祉作業所で働き、定期的に集まって太鼓の練習をする。ダンスはその母親達。母子家庭の母、老親の介護をする母もいる。バックアップメンバーには中学2年生の少年がいる。彼が演奏をリードしていた。原初的な太鼓のリズムは魂を揺すぶる力がある。はじけて踊る母親達の姿と激しく太鼓を打ち続ける若者達にこみ上げてくるものを押さえられなかった。涙がこぼれた。

古楽器(リコーダー)、ケーナ、ギター、マンドリン、民俗楽器など身体に近いところで演奏される楽器が多かった。また、フォルクローレ、アイリッシュ音楽、中世ルネッサンス舞曲、童歌、民謡など素朴、力強いリズム、美しいメロディーのものが多かった。

アマチュアだけでなく、プロの演奏家も出演する。レベルの高い演奏が聴ける。

こんな音楽会があったのか、と驚いた。素晴らしかった。

観客はほとんどが出演者の関係者だったろうと思う。もっと多くの人に聴いてもらいたい。特に若者達にぜひ聞いてもらいたいと思った。


1

2005/5/27

UAE戦  サッカー(代表)

UAEごときにも負けちゃうのか、日本代表。この後すぐバーレーン戦、アウェイ、だよ。俊輔と中田、中澤が戻ればもう少しマシになるのか。

今日は観戦に行かなかった。財布が続かなかった。ユーべ、バルサ、世界CLを優先した。というか、代表の親善試合じゃ、わざわざ行く気になれない。

7時に帰ってきた娘に「ちゃんと試合前に帰ってきたね」と言ったら、「え?試合?サッカー?何かあるの?」。これでサッカー後援会会員ですからね。すっかり冷めている。

今日の試合は小野は凄く良かったと思う。大黒も頑張っていた。だけど、鈴木はボールをもらって反転して前に進むことはあるの?加地と三都主は相変わらず、遅い、守るの下手。能力が低い。坪井は2試合続けて相手をマークしきれなかった。

失点の前、日本は明らかに集中を欠いていた。緊張が続かなかった。UAEは狙い済ましたカウンターだった。

試合後観戦に行った友人にメールした。「バーレーン戦がとても心配」と返答があった。「試合後ブーイングはなかったの?」と聞いたら、「今日は試合後みんなブーイングだった、珍しいと思うくらい大きかった」とのことだった。

テレビのスポーツニュースを見ると、みんな危機感あらわだった。
遅い!っての。昨年の「キャバクラ7」→「オマーン戦」→「シンガポール戦」で、ジーコを見限るべきだった。ジーコ解任デモが起きた時だ。代表を愛するサポにはわかっていた。

何度も何度も言ったけれど「ジーコに期待が持てたのは最初の試合の小野の得点まで」。その後の選手交代、アルゼンチン戦の惨敗でもうジーコはだめだとわかった。

でももう「バーレーン戦」だ。どうしようもない。今までの「運」と「選手の奮闘」を祈るしかない。
で、もしプレイオフに回るようなことがあったら、その時はもう絶対に監督を解任してください。



0

2005/5/26

CL決勝(-_-;)  サッカー(代表)

昨晩は帰宅後、すぐに寝ようと思ったがそうもいかず、いつもと同じくらいになった。でも決勝は見たいから、4時前に起きた。前半でミランが3点取ったので、気が緩んだ。テレビの音を消していたから余計・・・睡魔に勝てませんでした。

Nさんから朝7時前にメールが来て、「凄かった!」。その時点で私はリバプールが勝ったなんて知らなかった。テレビでシェフチェンコがPKをはずすのを一瞬見て、過去の試合VTRと思った。「ハイライト」の文字を見て、「え?」「えぇー!!」。

なんでこんな凄い試合を、すごい後半を、見逃したのだろう。悔しい。

リバプールのベニデス監督は昨年はバレンシアを率いていた。昨シーズンリーガでバレンシアを優勝に導き、今年はリバプールを率いてCLで優勝した。優秀な監督だ。3点差を追いつき、PKで勝つという精神的な強さはそうそうあるものではない。

今日、夜、もう一度試合を見直そう。

世界CLのチケットは買ってある。ミランが見られないのは残念だが、リバプールでも十分だ。こんなチームなら、しっかりと見たいと思う。モリエンテスは世界CLには出場できるのかな。
0

2005/5/25

マカッサル戦  サッカー(マリノス)

前半は、何度も何度も見たビデオみたいだと思った。またいつもの点の入らないマリノス。山東戦もこんな試合だった。ハーフタイム、Nさんにメールすると「カウンター一発で決められちゃうなんてことないよね」と返事が返ってきた。同じことを考えていた。

ドゥトラの一発は「みんな何グダグダやってんだよ!オンドリャー」とばかりに打ったシュートだった。終わってみれば3−0

アジアの歌を久しぶりに歌った。

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ