2005/7/14

梅干と梅ジュース  

梅を漬けて20日くらい経った。梅酢も上がったので、赤じそを入れて漬けなおした。例年の通り赤ジソは見つからなかったので、市販のもみしそを入れた。梅雨が明けたら、天日干しして出来上がり。楽しみだ。

ところが、今日、普段行かない八百屋の前を通ったら、「群馬産、赤しそ」を売っていた。なんだよぉ。赤しそがあるなら、それを使ったのに。1束198円。
来年は赤しそを絶対に手に入れて漬ける。手に入らなかったら、白梅干しでいい、くらいの気持ち。

梅ジュースは初めて作った。冷暗所に保存といっても適当な場所がなかったので、醗酵しないか心配だった。10日程度でできると聞いたのに、砂糖がなかなか溶けない。時々揺すったりして様子を見ていたが、底に沈んだ砂糖がなくなることはなかった。作ってから一ヶ月近くになるので、もう限界と思い、ジュースを煮沸したビンに移した。

で、今日お味見をした。上出来!!いままで飲んだどの梅ジュースよりも味が濃厚で野性的。梅の香りが強い。

やっぱり手作りはいい。自然の味だよね。

来年は砂糖の量を加減したり、梅にあける穴の数を増やしたりしよう。梅を冷凍してから作ると巧くできるという話も聞いた。

梅酒はまだ先だけど、梅ジュース、梅干ともうまくいって(いきそうで)嬉しい。

※梅ジュースの作り方
梅2kg 砂糖1.5kg 梅は洗って、ヘタをとる。@の方法。梅を冷凍庫に24時間入れる。砂糖と梅を交互に入れて密閉する。時々ビンを動かして砂糖を溶かす。約10日で出来上がり。Aの方法。楊枝で梅に所々穴をあける。その後は同じ。冷暗所に置く。
ジュースができたらビンに入れて過熱殺菌後さまして冷蔵保存する。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ