2005/7/23


見るべきものがない試合だった。今回はサッカー観戦記は書きません。これが観戦記代わり。

クリックすると元のサイズで表示します
(中西選手300試合出場達成おめでとう)

サポは10年前のコール「ヨコハマッ」「ヨコハマッ」「ヨコハマッ」(三連呼)を復活させたり、数を増したダレ傘等、力が入っていたのだが、肝心のチームが全然ダメだった。ミス連発。前節のショックを引きずっているのか。

たまりかねたようにスタンドから「集中しろよ!相手は弱いんだぞ」「あっち側ばかりじゃなく、こっちで試合してくれよ」の野次。終いには「走れよ」「打てよ」「前へ」「早く」と昔のマリノスの決まり文句が飛び出す。

CKは2つくらい?枠に行ったシュートは何本?

クロスやパスが全然坂田に合わない、クロスは不正確、清水はシュートを打ったかしら?

中盤がぽっかり空いて、そこを埋めて攻撃を組み立てる人がいない。奥がいない。ポストプレーをする大島がいない。

守備の松田、中澤、哲也は堅かった。那須も頑張っていた。

柏もマリノスと同じく得点のにおいはなかった。守備は明神、薩川、土屋のベテランがさすがに巧かった。

クリックすると元のサイズで表示します
(頭を抱える観客。1点が遠い)

今日は夏休み最初の土曜日なので、家族連れが多かった。私たちの後ろも母子連れグループ。お母さん達ビールを飲みながら、ハイテンション。子どもが立つと「見えない」と怒り「友達と一緒だからって、調子こくんじゃねぇよ!」と頭ごなしに叱る。「調子こいてない」と子どもが反論すると「調子こいてる」と怒り、二人で言い合い。三ッ沢は密集して見るのがいいところなんだけど、騒々しいのがいるとげんなりする。子どもの膝が背中にぼんぼん当たるし。

試合じゃなくて、観客が気になるということ自体、情けない。

唯一、期待が持てたのは久保。と言ってもプレーでなく、パスがほしいのに隼麿がシュートを打ってしまった時に血相を変えて文句を言ってたこと。
野生が目覚めたかな。交代したばかりの時は土屋にヘディングで負けていたけど、時間とともにアクロバティックなプレーが出てきた。

日本代表で、大復活するかも?なんてね。

そういえば、遠藤が神戸に移籍。マリノス育ちがいなくなってきた。残念だ。

クリックすると元のサイズで表示します
(0−0が空しい)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ