2005/8/16

イラン戦その他  サッカー(代表)

明日はW杯最終予選最終試合イラン戦だ。でもあんまり盛り上がっていない。テレビ朝日だけだね。先発も主力組だというし、わくわくするものがない。それでも、チケット入手困難な試合だ。観客の期待に応えるような積極的な攻撃をしてほしいと思う。

今回もエースストライカー(武藤文雄氏説)兼守備の要、中沢に頑張ってもらいたい。そういえば、昨日の朝日夕刊「サッカー日本代表の源流@」は「無名選手の夢『プロへ』中沢魂のヘッド」だった。いい記事だった。

この道一筋、迷いなく夢を追った男の話だけれど、どこかのんきな楽天性も感じさせる。ナビスコ大宮戦の後、バックスタンドへ挨拶に来る中沢は満面の笑み。誰よりも弾んでいた。この陽気さ・向日性が原動力だね。中沢は78年生まれ。ということは近所のA君、B君と同い年なんだね。う〜ん、あんなちょこちょこ走り回っていた子ども達と同年なのか。大人の雰囲気があるけど、若いんだねぇ。

ところで新潟の山口素弘が横浜FCに期限付き移籍。スポーツ紙ではフランスW杯メンバーが揃うと面白い、みたいな記事だった。名良橋、相馬、名波等が移籍すればと。でも私は元フリューゲルスを考えた。三浦アツとか波戸、吉田、薩川、久保山、遠藤が来て、楢崎。あ、大島もフリューゲルスだったか。でもまぁフリューゲルスと横浜FCは全く別チームだから無駄な想像だったね。

こんなサッカー与太話を書いているけれど、気分は鬱々。世も末だという思いが強まっている。こんな品性のない、力むき出しの政治でいいのか。それで支持率が上がっているというから世も末の気分が強まってしまう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ