2005/8/19

ヌカ漬け  

漬物の中で一番好きなのは糠漬けだ。でも漬けなくなって3年くらいたつ。糠床をダメにしてしまったのが原因だけれど、その後新しい糠床を作ろうという気が起きないのがいけない。

理由:味がなじむのに時間がかかる。朝、出勤間際は忙しくて糠床をかき回したり、野菜を漬ける時間がない。結構野菜が高い。

食べたくなると八百屋さんの自家製を買う。スーパーのは美味しくない。でも近くの八百屋さんは糠漬けをやめてしまった。バイト先の街で安くて美味しい漬物屋さんを見つけたけれど、電車の中に持ち込むのにはちょっと抵抗があったりする。

昔、親戚の家で食べた糠漬けはとてもおいしかった。近くに農家があり、家族も多いので、毎日新鮮な野菜を大量に漬けていたからのようだ。

きゅうり、なす、キャベツ、にんじん、(白瓜はあまり漬けない)、茗荷。

茗荷は皿に盛り付けた時ちょっとしたアクセントになる。

茗荷は実家の裏庭に生えていた。必要となると、庭に下りて、茗荷の根元を探す。取りに行くのはたいてい夕方だし、日当たりの悪い所なので、ヤブ蚊によく刺された。葉っぱや茎をかき分けて、白い茗荷を見つけるととても嬉しい。薬味にしてもシャキシャキして、苦味があっていい。
「茗荷を沢山食べると馬鹿になる」と言われたけれど、好きだった。

新鮮な野菜が簡単に(安く)手に入り、料理を楽しむ余裕があったら、また糠漬けを再開したいと思うが、今のところちょっと無理なような気がする。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ