2005/8/21

最近のマリノス  サッカー(マリノス)

13連戦が終わって、怪我人が戻ってくれば、強いマリノスが復活するのだろうと思っていた。
でも一向に問題点が改善されない。得点力不足。4バックに変更して全然結果が出ていない。選手が替わりすぎるのもよくないのかなぁ。去年までは誰が入っても同じサッカーができる、と言っていたけれど、今はちぐはぐが目立つ。4バックがなじまないだけだろうか。試合をこなすうちにフィットしてくるのだろうか。どうもそう思えないところに不安がある。

ナビスコ大宮戦で松田が監督に怒られたというが、キックオフマリノスのインタビューでは「点を取られたんだから取り返さなくちゃ」と意に介さない。「試合後監督はまだ怒っていて、自分は無視された」と言いながら反省の色はなかった。それで、磐田戦の3失点。こういう、監督と選手の状態はまずいんじゃないか。

「サッカーJ+」「エルゴラ8/18号」両方に岡田監督のインタビューがある。「神の手ゴール」や「ACL日程」に絡めてJリーグの「官僚主義」を厳しく批判していた。また、マリノスの経営についても持論を展開していた。現状把握は極めてシビアで主張は論理的で説得力がある。

でも、今のマリノスを考えると、監督の関心が広くなりすぎているのではないかと心配になる。観客動員のことや会社の組織も大切だけれど、まずマリノスをもっと強くしてください。最初からひたむきに走るサッカーをしてほしいと思う。点を取られないと目覚めないようなサッカー、相手を見くびっているようなサッカーは嫌だ。

20日は鹿島もガンバも負けたので勝ち点差は開かなかったけれど、こんなサッカーじゃこの後も不安だ。

それにしても昨日は地上波(地方局除く)もBSもJリーグの生中継がなかったんだね。高校野球は2局で放送しているのに。テレ朝もサッカーで儲けているのだから、Jにももっと力を入れてよ!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ