2005/10/12

ぼくもいくさに往くのだけれど  本・文学

まだ読んだばかりでうまくまとめられないので、簡単な印象だけを書く。

最初あまり読みたいとは思わなかった。所謂「反戦詩」を前面に出した著作かなと思ったからだ。そうではなかった。著者の感受性と竹内浩三の感受性が響きあう極めて繊細な作品だった。

稲泉連著「ぼくもいくさに往くのだけれど 竹内浩三の詩と死」
竹内浩三は23歳でフィリッピンで戦死している。彼は次の詩で知られる。

戦死やあはれ
兵隊の死ぬるやあはれ
とほい他国で ひょんと死ぬるや
だまって だれもゐないところで
ひょんと死ぬるや
ふるさとの風や
こひびとの眼や
ひょんと消ゆるや
・・・・
と後はまだまだ続くのだけれど、長いので割愛。

著者は竹内の世代から見ると孫か、それより若いかもしれない。世代を超えて、戦争という時代を超えて、著者は竹内の詩に惹かれたという。あの時代にあって極めて平易で、「子どものように素直な感情」で書かれた詩。何故惹かれるのか、著者は竹内の人生を追いながら、探っていく。

竹内の詩が世に出るきっかけになった松阪市編「戦没兵士の手紙」を編集した高岡氏が語る戦中の一日。高尾山に登り、透き通った青空の下に寝転んだ。その時B29が一機飛んでいくのが見えた。ふと「なんなのだろう、と思った」「なんでこんなことしとんのやろ」。後になって、高岡氏はこの時のことを「戦争一色の環境の中にあっても、ふと本来の自分というような場所に帰る瞬間があるものだな、ということなんです」。そして「竹内浩三の詩にはそういった人間本来のものがあると思う」。

この話が私には一番印象深かった。今私たちは「本来の自分」をわざわざ感じなくてもいい時代にいる。そのことの自覚があるだろうか。

もう一つ。著者あとがきにある言葉。「僕にとってかつて浩三の体験した戦争が『遠くにある何か』であるのと同じように、じつは彼にとってもそれは『遠くにある何か』でしかなかったのではないか」。
でも浩三はフィリッピンで戦死し、戦死した具体的な場所もわからず、骨すら戻らなかったのだ。

稲泉連くん、お母さんの久田恵さんの本は何冊も読んで、あなたのことは本を通して知っていました。いい仕事をしましたね。あなたの感受性をそのまま素直に伸ばして、またよい本を書いてください。



0

2005/10/11

中田のインタビュア批判  サッカー(代表)

ラトビア戦後インタビューで、中田選手がインタビュアへ対して取った態度が批判を浴びているらしい。それに対して中田選手が自身のHPで反論している。

「質問の頭だけを言って、その後を言わない」。「試合は2対2でしたが、」では質問ではない、というのだ。前にも同じような質問に対して「それで?」と聞き返したことがあった。でもこれは結構感じが悪い。

中田選手はスカパーの「nakata net」でも日本の記者の質問はなっていないということを増島みどりさん相手に盛んに批判していた。文章を最後まで言わないから、「何を聞いているのかわからない、答えようがない」と熱弁を振るっていた。誰かがそれを言わないと日本のマスコミはよくならない、と使命感までにじませて語っていた。

言っていることは「正論」のようだ。でも彼は勘違いをしていると思う。試合後の短い時間、中田選手が話をすべき相手はインタビュアではなく、カメラの向こうの日本の視聴者、応援している人々なのだ。試合後のインタビューは何を聞くのか?その試合の総括である。自明のことなのである。「良かった点、悪かった点、今後克服すべき点(課題)」。これに尽きる。

試合後の短い時間である。インタビュアは「総括の言葉」を言わせるためにいわば「ヨーイドン」を言っているに過ぎない。言うべき言葉はゲームキャプテンとして初めから準備すべきことだと思う。テレビカメラの向こうの応援してくれた人たちに、キャプテンとしてきちんと話すべきだと思う。それくらいの説明責任、サービス精神はあっていいはずだ。

「課題は」と言われても、「試合には必ず課題はあるのは当たり前、こんな質問には答えられない。一番の課題は何ですかと言われれば答えようがある」と言っている。これは屁理屈。小さなことにこだわって大局を見逃している。

記者会見の一問一答の時に、具体性を欠いた質問を受けたら、その場で批判なり反論なりすればいいと思う。何度も言うけど試合後のわずか数分のテレビカメラの前なんだよ。

中田選手の嫌な所は、フランスW杯の時に特に感じたけれど、相手によって態度が変わることだ。同じ質問をしても相手が名のある人ならちゃんと答える。福留アナが、中田が常々怒っていたプライバシーに関する質問をしたのに、他の記者に対するようにつっけんどんに拒否するようなことをせず、普通に答えていた。それを見たウチの娘たちは中田はダブルスタンダートと怒っていた。

HPの中田の意見に共感する人がいるのにはちょっと驚いた。記者ももっと鍛えられなければダメだ、という。でも鍛えるのはあの場ではないよ。「絶対に負けられない」連発の角沢アナや「ゴルゴルゴルゴル・・・」の船越アナは批判されて当然、もっとサッカーを勉強せよと思うけれど、試合後のインタビューは大した問題ではない。中田が余りに了見が狭すぎる、ていうか、そんなところに使命感を持たなくていいよ。

中山とかカズはそういう点エラいと思う。オシムも岡田監督もいい話をする。俊輔も話は面白いよ。俊輔は「え、そんなこと言っていいの」というようなことも言ってしまうからね。

と俊輔びいきが出たところで今日はおしまい。

0

2005/10/10

沖縄  旅・散歩

連休中、関東地方はぐずついた天気でしたが、沖縄はよい天気だったようです。写真を2枚。いずれ旅行アルバムにもアップします。
クリックすると元のサイズで表示します
 沖縄の海・夕焼け

クリックすると元のサイズで表示します
 万座毛
0

2005/10/9

サッカー三昧  サッカー(代表)

今日は一日サッカーだった。W杯出場国も次々決まった。

ラトビア戦の後スーパーサッカーを1時頃まで見ていたので、欧州予選の試合を見る体力的余裕はなかった。深夜2時、3時開始の試合を見るのは無理。結果を知ってから、スイスーフランス、ボルトガルーリヒテンシュタイン、スペインーベルギー、イタリアースロベニアの試合を少しずつ見た。全試合を全部見ることはできない。

比較的ちゃんと見たのはイタリアの試合。イタリアはメンバーがかなり変わった。マルディーニもデルピエロもインザーキもビエリも出ていなかった。でも強い。W杯ではこういうチームを戦うのかと思うと、日本は「まだまだ」と思った。トッティは切れがあってさすがだった。ガットゥーゾも相変わらずガツガツ行っていたし。

面白かったのは、トーニがボールを持つたびにパレルモの観客からブーイングを浴びていたこと。今年パレルモからフィオレンティーナに移籍したのを恨んでいるらしい。でも「イタリア代表」で戦っているのだからね。こういう場合、日本だったら代表選手にブーイングを浴びせるなんてことは考えられない。「国」より「地域」の方が大切なのがイタリアのお国柄なのだと思った。スペインも代表の試合なのに、スタジアムがガラガラだった。そういうものなのか。

ベルギーは敗退してしまったのかな。日韓W杯ではとても印象深いチームだったのに。

オールスターはディレイ放送だったのは知っていたけれど、楽しんだ。松田は本調子ではなかったような気がした。那須はよく走っていた。右というのは心配だったけれど。中澤がPK狙いの福西の転倒と中山が変なこけ方した時、大きな笑顔で「違う違う」と言っていたのが面白かった。ゴールは狙っていたからよかったね。でも賞品お菓子1年分というのは微妙。

福西、ヘディングの時、手を上げていた。常習犯じゃんか。

天皇杯3回戦はJ2が2チーム負けた。マリノスも他チームのことは言えないけど情けない。横浜FCは勝った。4回戦マリノスは三ッ沢の予定。横浜FCと横浜ダービーじゃないだろうなぁ。

サンデースポーツで「中澤インタビュー」を放送していた。ヴェルディの練習生の時のことは「辛くて思い出したくない」そうだ。あの中澤が言うのだからさぞ辛かったのだろうと思った。岡田監督に出会って、自分が変わることができたと感謝していた。「失敗を恐れず積極的に挑戦するようになった」「だから今がある」と。那須も岡田監督に「恩人」と感謝していた。岡田監督に「続投」してもらえるように、二人とも今後の試合頑張って勝って下さ〜い!



0

2005/10/8

ラトビア戦  サッカー(代表)

1点目は台所にいて見逃した。最後の1点はゴールに入るところだけを見た。

途中は真面目に見ていたんだよ。なのに、松井と俊輔を代えて、三都主かい!えっ坪井?中田を代えて鈴木に本山?!え〜なんだよう。テレビ観戦をやめて家事をすることにした。角沢アナの絶叫でテレビを見たら、同点にされるところだった。

松井は面白かった。中盤では俊輔より目立っていた。ラトビアペースになっていた時、インターセプトしたり、貯めをつくったり、俊輔とともに攻撃の起点となろうと奮闘していた。それを二人とも代えてしまった。だから真ん中で踏ん張ることができなくなってしまった。

それに現場監督の中田を下げたら、誰がチームの指揮を執るのか?足を踏まれたりして疲れていた柳沢を代えてやるのも遅かったよ!

前半は面白かったが、後半はドタバタ。要するにジーコは三都主と鹿島が好き。

それにしても真昼間のスタジアムは国際試合の緊迫感がなく、三ッ沢で日向ぼっこしながら、のんびりサッカーを見ているような雰囲気だった。と思ったのは私だけ?


0

2005/10/7

サッカーいろいろ  サッカー(代表)

*明日はもう日本代表戦がある。マリノスの選手が誰も行かないので、なんだか遠い話題に感じていた。8日の試合というので、9日未明かな?と思っていたら、8日の夜ゴールデンタイム7時半からなんだね。

そうと気づいたら、なんだかとても楽しみになってきた。俊輔がどんなプレーを見せてくれるのかな、という点。久しぶりの小野も楽しみだったのだが負傷してしまった。代わりに松井が入るらしい。もう「黄金の『4人』」には固執する必要はないんじゃないかな。俊輔・ヒデは別として、あとはもう差はないと思う。

*カズがシドニーに移籍する。世界クラブ選手権へのてこ入れを狙ったサッカー協会と日本テレビが仕掛けたというのがもっぱらの説だ。チケットの売れ行きがあまりパッとしないというから、これから色々な仕掛けを考えてくるのだろうなぁ。ケミストリーが大会テーマ曲を歌うらしい。ACLに参加する日本のクラブチームをちゃんとバックアップしないから、こういうドタバタになる。横浜FCもちょっと気の毒。でもカズが「人寄せパンダ」などと思わず、サッカー選手としての誇りを持って移籍を受け入れているらしいことが救いだ。

*高円宮杯のベスト4が決まり、いよいよ準決勝(8日)決勝(10日)だ。ヴァルディユースが本命かな?
マリノスユースは第1ラウンド一番激戦といわれた組み合わせに入ってしまい第2ラウンドに上がれなかった。1勝もできなかった。決して悪い戦いではなかったようだが、試合運びがまずかったのか?今のチームは有望選手が沢山いるのでなんとか第2ラウンドへ行って欲しかった。残念。

次、マリノスのホームゲームは29日。しばらく間があく。見に行きたいと思ってはいるが、国立で試合だからなあ。自転車で15分というわけにはいかないし、雨でも降ろうものなら最悪。ちょっと考えてしまうよ。

0

2005/10/6

昨日の試合  サッカー(マリノス)

試合後、5日前になって観戦できなくなった友人に結果を知らせようと思った。「試合には勝ったのだけど、」とメールを打ち始めて「でも負けた」。その後を説明するのが面倒になり、結局メールは送らなかった。

一緒に行った友人は今まで観戦するといつも勝ち。昨年8月の大分戦、10月の東京戦、CL第一戦。今年7月の鹿島戦。昨日も試合は勝った。でも負けた。

PK戦負けは仕方ない。山瀬、大橋、達也を責める気にはならない。試合で何回かのチャンスを生かせなかったことが問題。それと私もどこか、PKまで行けば負けていいや、みたいな淡白さがあった。あのひどい大分戦からよくここまで持ち直したなぁ、という気持ちが強かった。

ガンバは嬉しそうだったね。PK戦勝利の後、あんなに飛び上がって抱きついて喜ぶとは、ちょっと驚いた。サポーターも長いこと喜びのコールしていた。

マリノスのサポーターは今日は気合の入った応援をしていた。私のいたバックスタンドも試合開始と同時に手拍子が広がった。敗戦には皆がっかりだけど、でも満足感もあって試合後の拍手やコールは選手に温かかった。ゼロックス以来負け慣れ?しちゃって、あきらめもあるのかな。

試合はとても面白かった。試合に魅入られた。だから、文章にするのが難しい。大分戦のような試合だと、怒りに任せて一気に書いてしまうが、なまじ試合で満足すると書けません。というわけで観戦記は少し後。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ