2005/10/13

ウクライナ戦雑感  サッカー(代表)

昨日(今日?)見終わってすぐに書こうと思ったことは、「審判の自作自演」ということだった。

たかが親善試合であんな露骨な笛を吹かなくてもいいのに、と思ったが、あれが世界の常識なのだろうか。大久保ではないが「金貰ってるだろ」なんて考えてしまった。

PKもなんだよ!と思ったが、でも相手選手の肩に手を置いて、馬跳びの台みたいにしてヘディングするのは明らかなファウルだという意見を読んだことがある。日本でほとんどファウルと取らないのはおかしいと指摘していた。この指摘をしていたのは誰だったかな?へぇと思った覚えがある。

それにしてもレッドを出された時の、中田浩二選手のあの表情はちょっと忘れられない。驚いた顔と呆然とした表情。その中に「もうだめかもしれない、取り返しがつかないかもしれない」不安・絶望が入り混じっていた。人間ってああいう表情をするのだと思った。ラトビア戦に引き続きの致命的なミス。W杯前の大事な選考がかかった試合。期するものはあったろうに。

中田の思いがけない退場で、村井、箕輪が見られたのはよかった。いい加減三都主えこひいきはやめてもらわないと。

シェフチェンコが出ないと報道ステーションで聞いたとき、「え」と顎がはずれそうになった。テレビ朝日は知っていて直前まで隠していたんじゃないかと勘ぐってしまった。

しかしまぁ点がとれないね。マリノスと同じストレスを感じてしまう。

※深夜・未明のW杯予選を見なかったのは失敗。早寝して深夜起きればよかった。最終試合ほど緊迫感あふれる試合はないもの。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ