2005/12/5

神奈川新聞の記事  サッカー(マリノス)

今日の神奈川新聞に

「2005 J1 試練と自信 横浜M(上)」が掲載されていた。
「2度折れた気持ち」と副題が付いていた。

折れた気持ちの1回目は山東戦。「ある選手はいかさま」と言ったそうだ。監督は「欧州なら、あれは没収試合」。それまで1ヶ月以上休まず必死でやってきて、くたくたになりつつも、それだからこそ絶対勝とうとしていた。それがあの試合で「ガクッときた」。気持ちがぷつんと切れた。

その後、システム変更や新外国人選手獲得で必死に立て直しを図り、順調に行くかと思えた(鹿島戦、千葉戦)。

ところが、
続きを読む
0

2005/12/5

ガンバ優勝  サッカー(マリノス)

05年のJリーグはガンバの優勝だった。まぁ一時の独走を考えると順当な所だろう。

3日、4日のblogに書いたように秩父夜祭に出かけていてサッカーはテレビ観戦すらしなかった。テレビのスポーツニュースもNHKを少し見ただけで、スーパーサッカーもスポルトも何も見なかった。

このテンションの低さ。マリサポのサイトや降格が決まってしまったヴェルディのサポもそんな感じ。

でも携帯で途中経過はチェックしていた。セレッソが早々点を取って、順調だなぁと思っていたら、追いつかれたり、ガンバが先取点を取ったら追いつかれたり、浦和が勝っていたり、めまぐるしかった。後半に入ってセレッソが1点リードしていたので、まぁ決まりかなと思い、4時頃になってから結果を見た。なんとガンバの優勝だった。セレッソまたやってしまった。今野が憎まれ役。いやガンバからいえば今野様々。選手冥利に尽きるね。

浦和のサポーターは半身裸の応援ですごく力が入っていた。あれを見たら選手は発奮せざるを得ない。

優勝の可能性のあった浦和も鹿島も大量得点、千葉も逆転で意地を示した。そういう意味じゃセレッソはやっぱり情けなかったよ。

マリノスは今年を象徴するような試合だったらしい。監督のコメントも選手のコメントもマリサポのサイトも冴えなかった。この調子じゃ「来年も降格候補」というのが一番納得できた。

久保がいるとあんなに躍動するチームが、駄目駄目の時は本当にレベル低いサッカーをするからね。FWの責任なのかな?坂田は伸び悩んでしまった。期待していたんだよ!02年「俊輔移籍後、誰応援するの?」と聞かれて「坂田」と答えたんだからね。

今後このチームの建て直しを岡田監督はどうするつもりなのだろうか。
中途半端に強いから(鹿島や千葉、セレッソには負けていない、ガンバやレッズには惜敗1分だった)、弱点分析・克服も絞りきれないような気もする。選手も一つずつ歳を取るし、若手が伸びてこないし、ケガも多いし、監督は悩みが深いと思う。

でも期待していますよ。結局、年チケも購入してしまったし。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ