2005/12/23

小田和正コンサート  音楽

昨晩ニュースを見ていて寝てしまい、はっと目を覚ましたら「小田和正」コンサートをやっていた。遅い時間だったが、最後まで見てしまった。

昨年だったか、1昨年だったか、やはりTBSで「小田和正」を放送していて、これがとてもよかった。その時はスタジオコンサート、今回はコンサートツァーの模様を放送していた。

小田和正は昔はあんまり好きではなかった。「オフコース」の時代。高音は苦手だった。叙情的な感じも好きではなかった。

いいなと思えたのはやっぱり「東京ラブストーリー」の「ラブストーリーは突然に」から。それから、好きでなかった「さよなら」も聴くようになった。

その昨年だったかのスタジオコンサートで、歌声にしみじみ聴きほれた。

何十年も一線に居続けるのはそのオリジナリティだと思う。。他の誰でもない、誰にもまねできない小田和正の詩、メロディー、歌声。声も年齢を重ねて、パワフルになった。

例えば「ずっとそばにいるから」という言葉でも、河口恭吾が歌うと嘘くさいけれど、小田さんがあの声で力強く歌いあげると真実だと思える。

語り(MC)も軽妙だった。若い時もあんなだったのだろうか。どうも私は違う印象を持っていて、嫌っていた。

コンサートの合間に流されるご当地ピデオ(ツァーで訪れた地の記念撮影みたいな?)も面白かったし、ゲストとの歌も楽しかった。ゲストはムッシュかまやつ、松たか子、ゆず、財津和夫など。

当日はSMAP中居正広がゲストで、会場はものすごく沸いた。中居君は緊張していておかしかった。でも「夜空のムコウ」は聴き応えあった。いい歌だ〜。

「さよなら」や「言葉にならない」は泣いている聴衆が多かった。それだけの力がある歌だと思う。

でもどういうわけか私は「嬉しくて〜、嬉しくて〜」のフレーズを聴くと、絵本「あおくんときいろちゃん」の「うれしくてうれしくてみどりになりました」の絵を思い浮かべてしまうのだ。

小田和正のベストアルバムでも買おうかな。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ