2005/12/25

フィギュアスケート男子  政治

全日本選手権フィギュアスケート男子で採点ミスがあったという。これは恣意的なものでもなく、意図的なものでもなく、単純な計算ミスらしい。でも織田選手は気の毒だった。

トリノオリンピックが近づいて、テレビでも関連番組が放送されるようになった。先日アルベールからソルトレークまでの男子フィギュアシングルの演技を特集した番組を見た。

アルベールビルは伊藤みどりさんがトリプルアクセルを女子で初めて成功させて銀メダルをとったオリンピックだ。

この時の男子フィギュアのレベルが低さにびっくりしてしまった。現在のジュニア日本男子でも金メダルが取れるのではないだろうか。ジャンプは3回転半、連続ジャンプも2回くらい、演技と演技のつなぎも稚拙。しかもその演技でさえ失敗している。金メダルでその程度だった。

リレハンメルになると、格段に技術が発展しているのがわかる。それに、若手の台頭が著しい。スター、キャンデロロ、ストイコが若々しい姿形で登場している。この時20歳そこそこ。

長野。キャンデロロが男子フィギュアに革新をもたらしたのだと思う。三銃士・ダルタニアンは衣装・演技とも画期的でカッコよくて観客を魅了した。剣技のステップは今までになかった。

長野はストイコが体調不良で実力を発揮できなかった。でも彼のジャンプは切れ味十分だった。金メダルのクーリックはノーミスの演技。ロシアの伝統を受け継ぐ端整で優雅な姿・スケーティングだった。ハンサムなクーリックはその後ハリウッドの映画にも出ている。ただ、長野のキリンのような衣装はいただけなかったなぁ。

ソルトレークはヤグディンがフィギュア史上最高の演技だった。キャンデロロのアイディアを使って(と私は思う)「仮面の男」を演じた。ディカプリオ主演の映画「仮面の男」だ。演出も衣装もジャンプもステップもスケーティングすべてが完璧だった。プルシェンコはSPの転倒が響いたけれど、もしミスがなくてもヤグディンには敵わなかったと思う。

トリノではプルシェンコの一人舞台なのだろうか。GPファイナルを見るとスイスの選手もカナダの選手もまだプルシェンコの域には達していないと思った。

トリノでは女子だけでなく、男子スケートも楽しみだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ